トップ

■インプレッサいじり68(ETC車載器設置・配線編)   

取り付けた本体に配線をしていきます。

b0003526_1949435.jpgもちろん、このまま配線していっても問題はないんですが、使わない時は電源を切っておきたいなと思いまして。また、その電源もできるだけ無加工で取り出したかったので、室内ヒューズBOXから電源を取ることにしました。
本体の設置箇所が灰皿スペースになったのは、できるだけヒューズBOX(電源)に近くシンプルに配線でき、かつ純正ぽく仕上げるためON/OFFスイッチをフォグスイッチと同じ並びにしたかったというのが最大の理由だったり。

b0003526_19495285.jpgスイッチ設置箇所は、本来は光軸調整のスイッチのある場所へ。社外スイッチは数多ある中からエーモンのロッカスイッチ1285(900円弱)を選択しました。純正ぽい緑照明のスイッチはほとんどなく、ほぼ消去法です。ちなみにハウジングはいらないので分解し、スイッチのみを取り出して使用します
次にメクラふたにドリルで穴を開け、ヤスリで拡大していきます・・・が正直かなりギリギリ。割れる寸前でなんとか埋め込むことができましたが、隣の大きいメクラふたを加工する方が良いかも。

ここからは配線をしていきます。例のごとく、バッテリー端子は外しておくと吉。ちなみに車載器およびスイッチは完全固定していない前提です。
-----【手順】-----

1:アンテナをフロントガラスへ貼り付ける(油分をとっておく)

2:アンテナ線(下図:緑線)を天井→ピラーと通し(Aピラー内張はハメコミ)

3:インパネ裏→ステアリング下部の裏を通して本体へ接続

4:運転席右下部の小物入れを外す

5:電源をヒューズBOXの「オーディオ:15A」から取る(下図:赤線)

6:車載器本体に電源線を接続し、ステアリング下部の裏を通す

7:車載器側、及び電源側配線をそれぞれスイッチへ接続

8:車載器、及びスイッチのアース線を車体へ落とす(既存ネジ等へ)

9:車載器とスイッチを設置し、小物入れをつける

10:電源を入れてスイッチをONにしてブザーが鳴ればOK

-----【完成】-----
b0003526_1950341.jpg
各配線はギボシ端子で単純に結線しています。余分な管ヒューズや車載器既存のワンタッチカプラは使いません。特に接触不良がありうるワンタッチカプラは全く信用していないので。

一連の作業の中で一番の難関が料金所のゲートを潜る瞬間だと思います。バーが上がる瞬間まで気持ちはチキンレースさながら((((;゚Д゚)))ガクブル
チェック装置のあるディーラーや工場で確認させてくれると、安心安全なんですが・・・。
[PR]

by simataku1 | 2009-04-26 21:13 | インプレッサ15i | Comments(2)

Commented by 奇妙な青 at 2009-04-29 23:35 x
緑発光のスイッチ欲しいんですが、なかなか無いですね~。ホームセンターの電設資材売り場も見るんですが、大きさが合わないです。
今使っている青色は夜中にウッカリ見ちゃうと「ムスカ」になりますからね(汗
Commented by simataku1 at 2009-04-30 14:14
かと言って、海に捨てる訳にはいきませんしねw

そういえば某大型ホームセンターに奇妙な青さんが使用されてるロッカスイッチの大きさの緑照明verがありました。車用でしたがエーモンではなかったような。ちょっと確認してみます・・・

<< ■代車記21(ホンダインテグラ) ■インプレッサいじり67(ET... >>