トップ

■サンバーを考える4   

盛り上げておいてなんですが、避けては通れないお話。

軽は危ない」なんて一昔前にはよく聞いたものですが、もはや過去のお話になりつつ。今や普通車顔負けの安全性を手に入れています。もちろん重くなった図体と引き換えに、ですが。
しかし、サンバーにそれは当てはまりません。

フルラップ(キレイな正面衝突?)の場合、スバルご自慢の先端Y字フレームが衝撃を吸収し、まあまあボディを守ってます。噂によるとフレーム部にぶつかれば、キャビンは残ってる事が多いそうです。
ただ、動画を見る限り・・・足挟まれてるでしょコレ?(((( ;゚Д゚)))

さらに当たり所が悪いと・・・

サンバー「・・・ぶつかったら死ぬ
国土交通省「声が小さいよ!もっと大きい声で!」
サンバー「ぶつかったら死ぬ」
国土交通省「ぜんっぜん気持ち伝わってこない!もう1回!」
サンバー「死ぬ!


国土交通省「はい今死んだ!今死んだよ!

・・・チャイナ・カーを笑ってる場合じゃないですよね。サンバーを買う人が見て見ぬフリせざる得ない「事実」だと思います。安全性のへったくれもない。
実際、オフセット衝突でクシャクシャになった事故現場(いずれも低速の事故)を見たことがありますが、見事に下半身が挟まれてることが多いです。
運が良くても下半身不随や足切断はイヤだなあorz

ちなみに横からだと

ペナペナなドアがどこまで乗員を守ってくれるか不明・・・この感じだと体にダメージを受けてる可能性は大でしょう。
平成10年に新規格になった際、サンバー以外の各車は揃って安全性向上を目的にセミキャブ化しました(ハイゼットトラック除く)が、12年経って結局フルキャブに回帰している現状をみると「安全性は2の次、3の次」という現実の要望があるんでしょうね。
乗ってる人間自らが緩衝材になるとは・・・なんという自己犠牲w

サンバーの場合S/C付がもてはやされますが、同時に危険度も増すことを自覚すべきでしょう。乗っているのは特攻機か、はたまたボールか?と。
[PR]

by simataku1 | 2011-02-04 21:45 | チラシの裏 | Comments(7)

Commented by なぎ at 2011-02-05 09:31 x
ゼストを見習え!!!…と言ってもこの子RRだからね~(´・ω・)ミテテコワイ
ゼストって確か★★★★★★でしたっけ?
えーとミラプレオですが、祖母が3年前にタントのX LTDの黒を買っておりまして(2代目)こないだローンが終わったのですが、早々
Σ(!!o`дo怒)前から思ってたんだけど運転しにくい!!まったくまったくm(略
と言っていて、私のミラプレオと勝手に?交換され(もちろん名義変更しますた)まして…こないだからタントが私の車となりました。あぁ買って1年経ってないのにorz
今年はヴィヴィオ様→維持か
    ヴィヴィオ様→減車か
    ヴィヴィオ様→サンバー?プレオ?ヴィヴィオ様3世?
もしくはエースで代用かですね。私的に維持できたらしてほすぃです。
Commented by simataku1 at 2011-02-06 14:14
サンバーちゃんは国内最低の★一個ですから・・・。軽自動車初★★★★★★取得のゼストと比べちゃダメですw

あらら・・・希少なミラプレオはお祖母様行きですか。
運転のしやすさを考えると、従来のセダンタイプ軽の方が違和感はないでしょうから、気持ちは判ります。我が家も母が乗ることを考えて→R2を選択しましたし。しかしタント・・・かぁ('A`)

ヴィヴィオ様はまさにその三択で悩んでおります。最近はR2ばかり乗っちゃうからなあ(´・ω・`;)ウウム
Commented by ながみ@GF8C at 2011-02-06 23:04 x
 初代のときから付きまとう問題ですよね。
 当時はソ連のキャブオーバー型論文(視認性の高さ→アクティブセーフティ性能の高さ)とフロントパネルの強化…で当時の役員さんを説得したそうですし。

 クラスを上げると…直近のボンゴなんかは基本設計はそのままにフロントを伸ばすことで一応対応している…という例もありますし(おかげでアンダーミラーが使いにくいこと(苦笑))、評価基準をどう見るか…難しいのかも知れませんね。

 燃費基準との絡みもありますし…セミキャブ→フルキャブでFMCしたアクティがどう評価されるのか…は気になるところではありますね。
 根本的には加害者にならないように…というのが一番ではあるだろうとは思いますけれど…。悩ましいハナシです。
Commented by とおりすがり at 2011-02-08 09:56 x
ついにここにたどりつきましたね。なんか、家族の説得のステップの一歩一歩を見ているようですが。僕もここはずっと心配でしたから。
死亡事故調書を見ることがありますが、車対車ではサンバーの方々の生存割合はそんなに低くない、他車と大差ない印象があります。サンバーの場合、むしろベルト非装着の車外放出で亡くなる方が多いようです。因みにあの書類見てると、某車の助手席の方が亡くなる事故が多くて、CMを見る度に心配になります。しかも嫁が運転、姑が助手席というパターンがやけに目について…。
Commented by simataku1 at 2011-02-09 21:29
>>ながみ@GF8Cさん
とあるスバル関連の文献を読む機会がありまして。
確かに当時の百瀬氏が上司から安全性を指摘され→説得したとありました。ただ、気になったのはあくまで「説得」であって根本的に解決は出来てない問題なんですよねえ・・・。
鼻先伸ばせば安全かというとそうでもないですし、そもそもそうなるとキャブオーバじゃなくなるし。

いっそ発想を変えて、アイサイトを付けちゃうとかはどうなんでしょうね?赤い彗星なご高名な方よろしく
「当たらなければどうと言う事はない」
訳ですしw

>>とおりすがりさん
軽でも比較的頑丈なR2やジムニー、そしてアメリカで安全性が高評価だったインプレッサを乗る身としては、最大の気になる部分です。
なので、家族への説得というより自分自身への説得という部分が非常に強かったり(ノ∀`)

ベルト非装着による死亡が多いのは驚く反面、理解もできます。キャブオーバ型特有の事故で言えば、もしかすると死亡に至らず後遺障害で終わってる場合の方が多いかもしれませんね。

しかし嫁姑の関係がアレなら、ブラックすぎるネタですw
某車って何だろ・・・アレかなあ。
Commented by 元サンバー乗り at 2017-06-28 13:14 x
元サンバー乗りです。
当方SC、4WD、5MT、ディアス乗りでした。
楽しい車でしたが、全体的に車の安全性が高まった現代、
頼みの綱のY字フレームも旧態依然というのが正直なところでしょう。
さらに、そのY字フレームも、エアインテークチャンバーになっているために
雪国でまかれる塩カルミスとを吸い、Y字フレームが内部から腐食し、ボロボロになるという、
サンバー乗りでも知らない人が多い事実。
たとえ雪国地方でなくても、新車から4,5年でフレームサビが、
エアクリーナーにたまる というのが事実です。
繰り返しますが、楽しい車ですが、万が一の時の安全を考えると降りざるをえませんでした。

サンバー フレーム サビ で検索。
Commented by simataku1 at 2017-07-02 19:32
フレームがインテークチャンバーになっているのは合理的ですが、そこからサビるとフレームも逝くという。
KS/KVサンバー以降の弱点ですね・・・。

という訳でKR/KTサンバーを乗りましょうw

<< ■サンバーを考える5 ■サンバーを考える3 >>