トップ

■オイル交換と下回りチェック   

b0003526_2329343.jpg12000kmを超えたのでオイル交換をしました。4回目の今回からは知り合いの工場にての作業に変更し、下回りのチェックも兼ねてリフトで上げて見せて頂けることになりました。
実はLTDの下回りをしっかり見るのは初めて。下からみるエンジンルームはスカスカで空が見ることができます。これが流行のパノラミックルーフならぬ「パノラミックエンジンルーム」かと変に感心。

聞くとセルモーターも従来の大きさに比べ、3分の1程度の小ささのようです。工場長いわく
これでよく回してるなあ
とのこと。
またマフラーの遮熱板は横に幅広くまだまだ余裕がありそう。
こりゃ太いマフラー入れれるねえ(・∀・)ニヤニヤ
とか言われると、気持ちが揺らぐじゃないですか・・・w
あと1つ教えて貰ったのは、燃料タンクが逆凹になっている(ようは2つに分かれている)のでポンプも2つついているということ。案外普通のことかもしれませんがまた1つ勉強になりました。

そうこう色々教えてもらっているとイヤなものを発見。
b0003526_23443215.jpg
アンダーカバーピンの脱落は仕方ないとして(段差で何度かぶつけてるので・・・)ロアアーム(サブフレーム?)の先端が潰れていました_| ̄|......○
別に支障はないんですが、なんとなくショック。・・・う~ん夏になったら自力で直すかな。

ディーラーやガソリンスタンドではなかなか見ることができない部分をプロに解説してもらえるのは、こういった個人工場の強みですねえ。感謝感謝。
[PR]

by simataku1 | 2005-01-15 23:57 | インプレッサ15i | Comments(0)

<< ■トライベッカ妄想 ■【デトロイトモーターショー】... >>