トップ

■インプレッサいじり87(夏タイヤ選考3回目)   

昨年はスタッドレスを履き潰しましたが、今年は新・夏タイヤを投入

b0003526_21422287.jpgただし今回は「純正(14インチ)サイズ戻し」をします。レガシィ用ホイールの15インチも見た目バランスが良いんですが、あえてインチダウンすることで省燃費を狙おうと思いまして。
エコカー全盛の世の中でたかが知れてますけども、こういった例もあるので若干期待w

ちなみに純正175/70R14サイズは意外と選び幅が少ないみたいです。そんなに変なサイズ・・・かな?
その中で、気になるのはトーヨーの新作「ナノエナジー3」。き(?)なTEO+の後継となるエコ系ベーシックタイヤです。
TEO+の(転がりC/排水D相当)に対して転がり抵抗がA、排水性がCと1~2ランクアップしており、より現代的になったが魅力。割と価格も安くて3万円/4本を切る価格で手に入りそうです。
何よりまだまだ人柱が少ないのが、面白そうじゃないですかw

b0003526_2143499.jpg対するはヨコハマブルーアースAE-01。ブルーアースシリーズのスタンダードグレードですが、最近になってようやく価格がこなれてきた感があります。
個人的に「履きたい履きたい」と言いつつも縁がなかったヨコハマタイヤなので、ここらで一度は試したい思いもありまして。また、乗り味も柔らか目と聞くのでTEO+に一番近いかもしれません。
上記のナノエナジー3よりも若干お高いですが、転がり抵抗がさらに上のAAという事を考えると、コストパフォーマンスは良い気がします。

大穴的にオートバックス専売のピレリP4フォーシーズン(中国製)も気になりますし、レガシィGT乗りの友人が買ったというネクセン(韓国製)も博打感覚で面白そうな気もします。

案外、またまた投売りなTEO+になったり・・・いやいやいや('A`;)
[PR]

by simataku1 | 2013-04-14 22:42 | インプレッサ15i | Comments(13)

Commented by 事情通 at 2013-04-16 23:31 x
一度は履いてみるべきエコタイヤですが、車種・環境などにもより、
硬い?ような乗り味と、やや不安なウェット性能から、周りでは
離れ始める者が増えてます。
TEO+に慣れた方だと、なおさらそのように感じるかもしれません。

そんな中あえて挙げると、MIのENERGY SAVER+を勧めます・・・MIは、
タイヤ自体の軽さと 耐磨耗性の割りに硬くない傾向があります、あとウェット性能。
私は まだ各社ECO表示する直前頃に、ENERGY SAVERを考えてましたが
横道に逸れ、投売りしてたMIのPP2に行ってしまいました。実は・・・
身内がC型GDB乗りではありますが、私自身はGD・GGオーナーではないのです。

因みに+の付かないENERGY SAVERならTY:TEO+やDL:EC202、
GY:GT ECOらと同じくらいの値段帯です。
ただしこれらは全て通販・ヤフオク業者価格であり、実店舗ではMIは高い・・・
取付けは、メーカー系タイヤ屋の中で安く持込対応してる所でです。
Commented by simataku1 at 2013-04-20 12:11
TEO+はソフトで乗り心地重視のタイヤでしたから、流行のエコタイヤとは方向性が違う分、乗り味に差が出るんだろうなあと覚悟はしてたり。
・・・ただ、5年オチのカチカチタイヤVS新品エコタイヤだと鈍感な私には判らないかも?w

ミシュランのエナジーセイバー+の店舗取扱価格は本当に高いんですねえ・・・週イチしか乗らない私には宝の持ち腐れになりそうな悪寒。そう考えるとミシュラン入門用のXM1はお買い得でした。
ちなみに近所のイエローハットで無印エナジーセイバーが安く売ってましたが、肝心のサイズの在庫はなしorz

175/70R14ってそんなにマイナーなサイズかなあ???
Commented by Sska at 2013-04-20 22:44 x
こんばんは!久しぶりにコメントさせて頂いています!

タイヤ悩みますよねー。
当方は2.0iのレガシィに中華ピレリP4を履かせていますが、
うるさい・食わぬ・減らぬ(!)w な素敵なタイヤでございます。
なにせ通勤で6万キロを走破しましたが未だに7-8分山だったり....。
個人的には昔履いていたミシュランに回帰したいなと思っております
Commented by simataku1 at 2013-04-21 16:27
中華ピレリユーザー様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
噂にたがわず超寿命なんですねえ・・・wとにかく距離を走る人には良いタイヤかも。しかし「うるさい」のはちょっとツラいなあ。

ここにきてミシュラン大人気ですね。
そういえばヴィヴィオRX-Rはミシュランタイヤが純正装着だったような気がしますが、国産新車で今純正装着ってあるのかな??
Commented by 事情通 at 2013-04-22 02:56 x
S206のPSSやIS-FのPS2から~プリウスのPR HPやFITシャトルのENE SAVまで、近年は幅広くかなり増えました。
あと有名どころでは BRZ・86・アコードがPR HP、オーリスがENE SAV+、クラウン・オデッセイ・セレナがPR LCとか。

中華ピレリほどではないけど MIも一部を除いて全体的に長寿命、というか 国産が短命な気がしないでもないですね。
Commented by simataku1 at 2013-04-23 22:29
うお。案外、ミシュランが標準装着の車って多いんですねえ。
フィットシャトルやセレナは意外でした。
基本的に標準装着タイヤって大々的にアピールしてないと思うので、意識しないと気づかないですね。

というか、お詳しすぎですwww
Commented by 事情通 at 2013-04-25 03:43 x
MIを「知った」のは通販・オク普及と、それによる持込取付け対応タイヤ屋の普及による所です。
通販・オク市場ではMI銘柄が、同クラス国産銘柄と変わらない・安い?場合があるのを、仲間内で偶々見つけた5~6年前頃から、しばらくMIブームでした

この頃競技の世界でもMIが攻勢をかけており、上はGT 下は泥系地方戦まで、MIのシェア拡大普及活動と営業推しがあったようです。
一般市場も同期して営業活動活発化いたのでしょう。

一部で安く出回るのは、これらの産物かもしれません。
とはいえ、実店舗のみではMIを履く事はなかった(履けなかった)でしょうw
Commented by simataku1 at 2013-04-27 14:00
スタッドレスでミシュランを履いたことがありますが、タイヤの考え方がこんなにも国産と違うんだなあと驚いた記憶があります。
国産が「滑らせない」のに対し、「滑るけどコントロール可能」なのは面白いな、と。
150年の歴史に裏付けられた実力&魅力を考えると、価格さえクリアできれば、好きなメーカーではありますねw

実店舗だとラインナップも去ることながら、なかなかお手頃とは思えないのが残念・・・タイヤ販社の営業力の差なんですかねえ。
Commented by ながみ@GF8C&TT2N at 2013-04-28 23:16 x
 タイヤのシェアではミシュランとブリジストンがトップ争い…という印象がありますが、アプローチは正反対ってカンジですねぇ。

 ワタシが印象に残ったのはサイドウォールの固さ。
 サイドウォール持って抱えるのが一番分かり易いかもですが、ミシュランは柔らかいですがブリジストンは固いんですよね(スポーツ系タイヤの場合)。組むときもそれは顕著で、チェンジャーで組み込んでエア入れたときの音が全く違っててびっくりしました。
 擬音で書くと、ミシュランは「ポンっ」ですが、ブリジストンは「パーン!」ってカンジ(^-^;

 タイヤの世界は個人的にはシェア占有率≒実力の高さ…というイメージがあるのですが、どちらも価格が厳しくなってきた…(汁)
Commented by 事情通 at 2013-04-28 23:58 x
>タイヤ販社の営業力
MI銘柄いくつかで、通販やオク業者は国産と変わらず安く出せてるので、何か別の力が働いてでもいるのしょうか・・・
>滑るけどコントロール可能
うちはスタッドレスとは無縁なので良く知らないのですが、下記HPにもある「サイプ」からして、「滑るけどコントロール可能」という考え方は解るような気がします。

「国産メーカーのスタッドレスタイヤは、業界の規格により新品時より50%摩耗したら、プラットフォームと呼ばれるタイヤの交換を促すインジケーターが現れます」
ttp://blog.coneco.net/car/2012/11/post-24d8.html
しかし、この国産の「業界の規格」って何なんスかね?何かイヤな感じがします。

余談ですが、インサイト純正装着のEarth1は減りが遅く、長距離用途や大人しく使うと7~8万㎞も持つらしいです。
Commented by simataku1 at 2013-04-29 17:43
>>ながみ@GF8C&TT2Nさん
トレッドの違いもさることながら、サイドの固さはコンセプトによっても違うくらいですからねえ。メーカーが違えばより顕著かも。
そのお話を伺う限り、ミシュランはタイヤのたわむ「しなやかさ」も考慮して開発してるのかなあ?

北海道の場合、スタッドレスタイヤがまさにシェア占有率≒実力の高さという公式になってるフシがありました(過去形)
最近は各社の性能がどんぐりの背比べ状態で、過去のイメージ先行でブリヂストンが"まだ"頭一つ抜き出てる感じですが・・・。

>>事情通さん
プラットフォームの存在が海外に無いのは初めて知りました・・・。というか国産の業界”自主”規格というのが、大人の事情(買い替え促進?)がありそうでいやらしい('A`)

しかし何本もスタッドレスを履いてますが、プラットフォームまで使きった事がないんですが・・・冬のみ使用する前提なら、そこまで減る前にカチカチに硬化する=新品に交換する罠w

インサイト純正アース1が長寿命なのは、要は「固い」ってことでしょうかね。コンパウンド成分をわざわざ換えてるんだろうか・・・。
Commented by 事情通 at 2013-05-02 13:41 x
国産業界の規格 等の投稿が見えないのは消えて?ますかね、URLですかね。

国産の「業界の規格」、怪しさ半端無いです
良く言えば、それこそ「硬化で判断しないだろうから、残り山で買い替えさせよう」という大義名分っぽい余計なお世話なのかもしれません。
単に買い替え促進のイヤな感じにしか見えないですが。

ご存知かもしれんませんが、一般に同銘柄でも市販とOEMは 何かしらを変えている場合がほとんどです。
しかしOEMの同じ銘柄内で変えるというのは、スポーツ・競技系車種で車種専用設計とわざわざ謳われる場合を除けばあまり聞きません。
逆に言うと、それ系車種ならそれを謳う事がセールスポイントになり得ますが、エコ系ではタイヤに頼るのをわざわざ表に出さない、という思惑なのかもしれません。

近年のエコ系軽自動車タイヤの指定空気圧は、以前の古き良き時代に比べ驚愕に値します。
更には、燃料タンク容量縮小にまで及ぶのは勘弁願いたい・・・
Commented by simataku1 at 2013-05-05 18:07
一般消費者には目にわかり易いモノで示さないと理解してくれない側面もありますからねえ。売る側からすると(実際はウソでも)説明しやすいのは楽でしょう。まあ、気持ちは判るかな・・・('A`)

最近でこそエコタイヤ標準装備!というのが前面に出てきたような気がします。かと言って、その専用タイヤが相対的にどれだけ優れているのかは判んないという罠w

アルトエコさんはそういった意味でストイックすぎて、興味深々だったり。既存タンク内に仕切りを付けただけという急造ぷりが素敵w

<< ■オイル&フィルター交換&燃費報告6 ■12ヶ月点検(2年目)&リヤ... >>