トップ

■インプレッサいじり22(コラムカバーの振動対策)   

常々言っていたコラムカバーからの振動を改善しました。

b0003526_219635.jpg洗濯板路面で鳴る「ビビビ・・・」という音は共振して震えている=止める為には震えなきゃいいわけで。最初はデッドニングも考えたのですが、もっとチープに手を抜いてできんものかと考えたのです。そこで買ってきたのがU字ゴム。いわゆる車のドアとかに挟んで使うモールと同じヤツですね。ただカー用品のは高いのでメーター売り275円のものを購入。色は本当は黒が良かったものの、透明のみだったのでそこは妥協しました・・・。
b0003526_21194774.jpg
まずつける部分を考えると、どうもキーシリンダー部の隙間が大きい。さらにカバーの形状的にチルトレバーの切り欠き部がペナペナしていて剛性不足の様子。さらにバラして解ったのはGC/GF型のコラムカバー下部がボルト2本で留められていたのに対し、GD/GGは1本で留められているということ。・・・こりゃ振動がでても仕方なさそう・・・。

-----【手順】-----
1:コラムカバー下部のボルトを1本はずす。

2:カバー下部の両奥を押し、上部カバーとのはめこみを外す。

3:はずれたカバーの必要部分にU字ゴムを挟む(場所は任意)。

4:干渉を考えつつ調整し、逆手順で組む。
-----【完成】-----

b0003526_21264143.jpg結果としてキーリンダー部はうまい具合にすきまが埋まりガタが全く無くなりました。(ゴムが透明だったおかげで、偶然にも照明シリンダー色に似て違和感は薄いです)またチルトレバー部もレバーの金属部に当っているのでこちらもガタは少なくなったようです。

早速試走してみると、あれだけ悩まされていた振動(共振)音はせずいたって静か。実際、対策前は手でゆするとカタカタ動いていたのが、ほとんど前後左右に動かなくなりました。ただ希にゴムが小さく「キュキュ」と鳴るので振動自体は発生しているようですが、共振はしなくなったみたいです。

正直ここまで上手くいくは思ってませんでした。失敗しそうだなあと弱気だったんですがwやってみるもんですねえ。
[PR]

by simataku1 | 2005-02-18 21:46 | インプレッサ15i | Comments(0)

<< ■国土交通省燃費ランキング ★2万HIT超えました >>