トップ

■ニコットいじり43(ボディ下部塗装)   

サビが目立ってきたので、ぺたぺたと延命。

b0003526_22494139.jpg元々関東にあった(らしい)ニコットさんは車体にサビのないキレイな車体でしたが・・・2年半もハードにこき使われた結果、かなりボロボロに。ついにはサイドシルに穴まで開いてしまいました融雪剤って怖ぇ。

特に酷いのは前フェンダー角~サイドシル運転席側のリヤホイールアーチ付近が顕著。おそらく以前の修理箇所から発生してるのかもしれません。サビは過去の修理痕から発生する傾向がありますし。
先日のサビ転換剤処置のおかげで進行は鈍化したものの、このまま放置する訳にも参りません。

b0003526_2375845.jpg今回はボディ下部で目立たないので禁断のハケ塗りをして誤魔化す事にしました。
そもそも黄色って隠蔽力が低くて下地が透けちゃうんですよね・・・重ね塗りも難しいので塗装膜が厚く仕上がるハケの方が対サビにも効果的かな、と。

購入したのは近所の大型ホームセンターで売ってたカンペハピオ製アレスコ油性トップガード・シリコン多用途用の0.1Lサイズ600円弱)。もちろん「きいろ」を選びました。
紫外線、排気ガス、酸性雨、塩害に強い!」のあおり文句が心強すぎw

早速、適当にワイヤーブラシでサビをさらった後、ハケでひたすらぺたぺた・・・。
b0003526_23373910.jpg
なんということでしょう~!!サビサビだったボディ下部がテカテカの真っ黄色に元通り・・・と、まではいきませんが遠目では判んないレベルにはなったかな。
とにかく廃車まで保てば良いので、建築機械よろしく都度塗り直していくことになりそうです。
[PR]

by simataku1 | 2014-04-29 23:48 | プレオニコット | Comments(0)

<< ■インプレッサいじり99(トラ... ■終(つい)の車を考える3 >>