トップ

■ニコットいじり44(メカレスオーディオへの交換)   

実家の弟から
弟('A`)<このチャイナオーディオ、ダメすぎるぞ」と苦情が。
液晶パネルから毒電波が出てるのかノイズが酷いし、排熱も出来てないので常にアツアツハフハフらしい。また、カーブなどで横Gがかかるだけでボリュームが勝手に↑↓されるのも致命的とか。・・・まー知ってたけどw

私(´・ω・`)<「そこまで言うなら自分で買えよー・・・」と一蹴してたら、数日後
弟( ゚∀゚)<「言われた通り買ったから!」と事後報告されました。
b0003526_10102764.jpg
買ったのはカロッツェリアのMVH-390。アマゾン価格で新品5000円弱(!)だそうな。CDメカ部分がない分安いみたいで、AM/FMラジオとAUX/USBのみというシンプルさ。おかげで重量もたった700g程度!軽い!!
弟曰く「父母はラジオオンリー。俺はUSBスティック突っ込んで、データでしか聞かない。CDは要らんだろ?」とのこと。う~ん確かに。
b0003526_10312764.jpg
取り付け方法はこちらを参照
さくさくと着けて聞くと、値段の割りにクリアーに聞こえます。日本語表記がないのが惜しいけど価格を考えれば十分でしょう。操作性も常識的。
ま、今までが酷かったんでフツーが極上に感じるだけですねw

しかしUSBは便利ですね。LTD号の純正CD/MDオーディオも更新したい・・・。
・・・ってなんで私が作業してるんだ?
[PR]

by simataku1 | 2014-07-27 10:42 | プレオニコット | Comments(6)

Commented by ながみ@GF8C&TT2N at 2014-08-01 22:28 x
インプレッサには同じく『CDメカ部分がない』けれど『ハイエンド志向』なケンウッドのI-K99
https://www2.jvckenwood.com/products/car_audio/1din/series-i/i_k99/index_end.html
装着してるなぁ…動画再生も出来るってありましたけど、エンコ状況にかなり厳密に左右されるみたいで導入当時は色々苦労したっけ…とか思い出したり(エンコソフトやビットレート等の情報収集にいそしんだ時期もありましたw)
#導入当初以外は動画は入れてないですが(^-^;

日本語表記できてAUX/USB対応で背面ケーブルあり、かつ安い!ってのが理想ですが、現行モデルは法改正の影響か、CD駆動部分が必須っぽいですが…クルマで聞く、という環境であれば、聞き込むよりは手軽に色々聞き分けたい…方が大きい気がしますし、今だと各種補正チップ?もローコストハイパフォーマンスでしょうし…CD駆動部分はあっても仕方ないと思いますが、CD/USBでの圧縮オーディオファイル対応は選択要素として必須かもしれないです。
Commented by simataku1 at 2014-08-02 10:41
I-K99は名機ですね!

メカレスデッキを使ってみてCDメディアは過去のモノになりつつあるなあと思いました。LTD号の純正CD/MDデッキも、そろそろ更新してUSB仕様にしたい・・・。しかし法改正って何かあったんでしょうか?

音関係にうるさい愚弟曰く「車内という時点で過酷な環境だから、そこそこ鳴ればいいと割り切った」とのこと。
ただ、人から言わせると「そもそもナビ付けろよ」という意見もあったりなかったり。でも、ナビが必要な場所行かないんだよな・・・。
Commented by ながみ@GF8C&TT2N at 2014-08-03 22:24 x
>法改正
改正著作権法の影響ではないかとワタシは勝手に推測しているのですが、今現在改めて検索するとCDリッピングは問題なさそうではありますが…
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/110/110332/
#CDでも回避出来ちゃう上に音質悪化&デッキ破壊しやすいCCCDとかあったしたなぁ…とも思いますが

リスニング環境としてそもそもクルマは最適ではないと思いますから、ワタシとしても(デッキ側の)調整力が備わっていて日本語表示が出来て…みたいな選択肢だったりします。
I-K99は「価格は中堅機でも機能はハイエンド志向」みたいなのを感じてツボだったんですが、後継のI-K900も生産終了で、現行はI-K700になっているのがカーオーディオの現状を表しているのかもしれないですね…。

今だとナビでオーディオの機能を含んでいる機種も多いでしょうけれど、専業ゆえのコストパフォーマンス…みたいのは考えますね。ナビは必要なトキに助手席ナビ使えば事足りてますし(何度か遠方オフ参加したトキもコレだけでたどり着けたんで)。ナビと言うよりは包括された機能のテレビ受信を信号解除して使ってるヒトの方が多いような印象が個人的にはあったりします。
Commented by simataku1 at 2014-08-09 13:24
日本においては「カーオーディオ」のジャンル自体が衰退していると思います。日本専用の商品はとっくに無くなって、海外向けを日本仕様に仕立て直してる(ロータリースイッチが左側のままだけど)だけという印象。日本語表記の可/不可も英語ベースだからこそ起きる影響でしょう。
最近はDIN規格自体すら無くなって、デザイン重視の一体オーディオもフツーになってきてるので、さらに市場&機種が縮小しそうな気がします・・・。

一般的にはナビ=TVという扱いなのは同意。
車を「移動できる部屋」と考えると、部屋にはTVが必要という考えは理解できます。しかも音楽も聴けるならナビを選びますわな。
Commented by ながみ@GF8C&TT2N at 2014-08-11 22:15 x
元は日経の日曜版で見たんだけど、同じWebソース見つけられなかったんですけど、パイオニアはカーエレクトロニクス事業で黒字らしいですが、キホンはカーナビっぽいですね。
スマホ等の通信料払わずに使えるナビを出しているからとか何とかかいてたと思いますが…。

『車を「移動できる部屋」』

コレは一つの真理かも…。
だから「ナビ=TV」で「音楽も聞ける」、うえに「専用品≒インテリア」的に考えると…車種別専用デザインのAVパネルになるのかなぁ…とも思ったり。
純正品の汎用性能が上がってきたが故に、社外品のメリットだと思う「ニッチ」というか「痒いところに手が届く」的なアピールはしにくくなっているのかもしれないですね。
Commented by simataku1 at 2014-08-17 21:40
オールインワンのカーナビありきでメーカーも販売の軸足を考えてるんでしょうねえ。こうなってくると単なるカーオーディオは高級機or廉価版の両極端しかなくなりそうな気がします。

マツダやトヨタのように○○コネクトといった、カーナビ兼カーシステム統合端末まで出てきてますから、ユーザーが自由に選んで付ける時代も次世代へバトンタッチしていくのかも・・・。

<< ★★★10年★★★ ■終(つい)の車を考える5 >>