トップ

カテゴリ:ヴィヴィオM300タイプS※( 103 )   

■廃車   

ついに廃車。
b0003526_052460.jpg
様々な勉強をさせてくれた赤ヴィヴィオ様ともこれにてお別れ。思えばLTD号の距離数を伸ばさないために導入したセカンドカーでしたが、いつのまにやらヴィヴィオの魅力にとりつかれ2台目に乗り継いでる始末。
20万ポッキリで買って、散々遊んで、最終的に新車購入の糧(補助金)になる事を考えると安い買い物でした。

銀ヴィヴィオに引き継げる物(リヤスポイラーやメーター等)は剥いだので、後はスクラップになるだけでしょう。ある時はセカンドカーとして公私共に駆け回り、またある時は実家の代車として大活躍、そして初心者だった弟の足として計4万km弱を走ってくれたヴィヴィオ。

本当に楽しかった!ありがとう!!

しかし積載車の載せられて去っていくと、まさにドナドナですね(´Д⊂

□4/3追記
使用済自動車引取証明書なるものが手元に来ました。
b0003526_1535037.jpg
簡単に言うと「リサイクルしないでキチンと潰しましたよ」という証明らしいです。一応、自動車リサイクルシステムのページで確認してみた所、3月中に全ての処理を終えたみたい。
う~ん、ホッとしたような寂しいような複雑な気持ち(・ω・`)
[PR]

by simataku1 | 2010-03-11 23:58 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(4)

■引退、そして。   

さようならヴィヴィオ様。゚(゚´Д`゚)゚。

復活にむけて春先から様々な修理を手がけてきましたが、なかなか思うように進んでいなかったのは周知の通り。そんな折、ダメ押しで後継車とも言えるヴィヴィオが手に入ってしまい、すっかりモチベーションが下がってしまいました。
b0003526_23445349.jpg
何せタイプSは少なく見積もっても「タイミングベルト&ファンベルト+車検」で10万円はかかる試算。さらにオイル漏れの修理固着しかけたブレーキの修理を入れると購入金額を上回ってしまう恐れが・・・。
片や手に入れた銀ヴィヴィオはボディに穴が開いているとはいえ現役車両。オイル漏れも少なく、タイミングベルト&ファンベルトも交換済み。しかもエアコンがちゃんと効くというのはウマー

もちろんタイプSもお金をかければ治りますが、限られた資金の中で楽しむのはここが引き際かなと思いまして。そもそも20万ポッキリで手に入れた足車&遊び車にこれ以上ハマるのは泥沼でしょう。・・・2代目が居る時点でアレですがw

b0003526_081917.jpgもちろんタダでは潰しません。最近考えていた実家の新車購入の糧になって頂きつつ、銀ヴィヴィオの血や骨にもなって頂く魂胆。具体的に言うと、実家の車の購入補助、つまりエゴ買え(エコ換え)します。
タイプSは平成8年3月登録車なので13年超=対象ですし、諸条件もクリアできそう。正直、複雑な思いが残りますが背に腹は変えれませんorz
また、銀ヴィヴィオには使えるパーツを形見分け移植しグレードUPする予定。いかんせんDタイプ→Eタイプのコストダウンの影響とグレードの差で足りない装備が一杯ですから・・・ね。

銀ヴィヴィオの身請けから一転、このような結末になるとは思ってませんでした。とりあえず、新車購入計画と平行して部品取り&元に戻す作業を行っておりますが・・・えーと、NA用タコ付きメーターは外すべき?(・ω・`)
[PR]

by simataku1 | 2009-09-23 00:38 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(11)

■ヴィヴィオいじり63(パワステタンクOリング交換)   

ダダ漏れだったパワステタンクのパッキンを交換します。

ヴィヴィオのオイル漏れの定番箇所の一つがパワステタンクのパッキン。程度にもよりますが、おおよそ9割近くがタンク←→本体を繋ぐ配管部分のOリングの劣化が原因らしいです。逆にこれで治らないと('A`)マンドクセ

b0003526_2313548.jpg【推奨】タンク周辺のエアクリーナーBOXやダクト、スロットルワイヤー配線をズラしておくと作業がし易いです。参照

-----【手順】-----
1:スポイトでタンク内のフルードを抜く

2:タンクを固定しているボルトを外す(正面下×2、右横×2、後ステー×2)

3:スロットルワイヤーの吊りフックとセンサーカプラを外す

4:上部ユニオンボルト(OUT側)、後部パイプナットを緩める

5:ゴムホース(IN側)を外す(ホースバンド有)
-----【分離完了】-----

これで本体とタンクが分離できます。ちなみに本体部をステーごとエンジンから外すためには専用の工具が必要みたい。ようは、お手軽にオイル漏れを治すのはこの辺までにしておいた方が無難ということでしょう。
また作業の際は上記手順1で抜ききれなかったフルードが漏れてきます。必ずウェスの類は用意しておくと吉。

また、Oリングの他にもタンクのフタ部にもシート状のゴムパッキンがあります。フタは+ネジ4本で固定されているので外れた方は交換してしまうと良いでしょう。残念ながら私のヴィヴィオは2本外れず、それどころかネジが舐めそうだったのでパスしました。
何せ無理するとこんな風に・・・
b0003526_23284848.jpg
折れちゃいます。
タンク正面下側のボルトなんですが、無理に回したらポッキリ。ドリルで残骸をもんでみたものの、ネジ山は復活できませんでした。といって、後戻りも出来なくなってしまったので、このまま交換作業を続けます・・orz

b0003526_23282525.jpg本体とタンクを繋ぐ配管は2本あり、それぞれOリング(31260GA050:140円/34236KC030:280円)が間に挟んであります。新品と比べると旧品はプラスチックみたいにカッチカチに硬化しており、パッキンとしての役目を終えてました。こりゃ漏れる訳だわ。

苦労と失敗の割には、交換はすぐに終了。フルード漏れでドロドロになっているタンク周辺&タンク本体をパーツクリーナーで清掃した後は、上記作業手順を逆に行うだけです。あ、私はボルト1本分省略してますけどw

b0003526_2346723.jpgもちろんフルードも新品へ入れ替えちゃいます。ヴィヴィオのパワステ用フルードはATFすなわちCVTフルードらしいんですが、適当にホームセンターで買ったスミックスの安いパワーステアリングフルード(498円)に交換。500cc缶1本で交換量ピッタリくらいです。

作業はタンク内にある程度フルードを満たした後→ホースIN側を外しペットボトル等へ挿入。エンジンOFF状態でステアリングを左右へ切るか、エンジンをかけて一瞬で排出させます。どちらにしても1人よりも2人で作業するのがオススメ。
排出されるフルードの色が変われば交換完了。後はフタに付いてるゲージのCOLD側で油面の調整をしてエア抜き等を行います。抜けた旧フルードをしいて言えば・・・ファンタグレープ

エンジンをかけてみましたが劇的な変化はありません。まぁ、心なし作動音は静かになったような気がします。これで漏れが止まっていれば良いんですが、折れたボルトの事もあるからなあ(´・ω・`)
[PR]

by simataku1 | 2009-08-08 23:45 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(0)

■ヴィヴィオいじり62(センターマフラー&リヤマフラー交換)   

復活へ向けて、早速手をつけます。

b0003526_21485512.jpg車検が切れて、いよいよ路上へは繰り出せなくなりましたがソレはそれ。まずは応急処置で穴を塞いでいたセンターマフラーを交換します。外すまでの作業は前回を参照。

当時の作業でパテ補修した穴は塞がったものの、別箇所からじわじわと再発生。結局の所、センターマフラー自体が弱っていて、薄皮一枚みたいな状態だったみたい。こうなると良品と交換した方が確実なので、ヤフオクで程度の良さそうな商品を落札(4500円)しました。ちなみにFFのKK3用でしたが4WDのKK4でも共通で付くようです。
年式相応にサビがあるのでザッとワイヤーブラシで簡易除去→耐熱銀スプレーで塗装。ガスケットやボルト&ナットは前回で交換しているのでそのまま使用しました。本当は再使用ってあんまり良くないらしいですけど('A`)

b0003526_21491662.jpg次にリヤマフラーも交換します。当初こそセンターマフラーのみ交換にしようと思ってましたが、タイコの溶接部からの排気漏れも確認しちゃいましてorz。
旧品がフランジ部で固着していたのと、たまたま近場で安くリヤマフラーが出品されていたので勢い余って落札してしまいました(1500円)。
モノは社外の純正相当品らしくバンのKW3用ながらマフラーカッターもどきが装着されているタイプ。落札価格の割にはサビが表面のみで、かなり程度が良かったです。こちらもセンターマフラー共々、耐熱銀で塗装カッター部はピカールでつやつやにして、ソレっぽく魅せておきました。ヴィヴィオ~プレオ~R1/R2前期までは共通部品が多い分、色々流用できそうで助かりますね。

b0003526_21492728.jpgリヤマフラーはセンターとの接合部にガスケット(44022KA050)があり、ボルト(016610250)とナット(902380007)で繋がっています。後のリヤタイコは吊りゴムのみで支えてるのでうまく作業するとジャッキUP無しでも交換が出来るかも。

全てを交換し、エンジンをかけるとブビビビと五月蝿かった排気漏れの音はどこへやら。ポコポコとのどかな4気筒の音になりました。しかし、出口からは何故か黒煙が発生。その上フランジ部からはポタポタとまでも垂れています。
どうやら黒煙は交換したパイプ内のカーボンが燃えてるだけみたいですが、水はガスケットが密着してない=エンジン内部の水が漏れるみたい。う~ん中古×中古だと新品ガスケットを使ってもスキマが開いちゃうのかな・・・なんて思っていると横から弟が
どうせサビとか汚れでスキマが塞がるんじゃね?www
という妙な説得力がある発言。そもそも排気漏れしていた=これ以上悪くはならないので、とりあえずは様子見しますか・・・(´・ω・`)

□5/6追記
b0003526_2092815.jpgフランジ部からポタポタ漏れるお水ですが、原因はリヤマフラー側のフランジが微妙に反っていてガスケットが密着しないため漏れてるみたいです。中古とはいえ、このあたりの精度の低さは純正相当の社外品ならでは(・ω・`)

このままでは車検に通らないらしいので、液体ガスケットならぬ耐熱パテでスキマを埋める事にしました。幸い、極端にはズレてないので少量だけガスケット両面に塗布して再サンドイッチ。念のため、接合部表面からもダメ押しで盛っておきましたが・・・これで漏れが止まってくれればなぁ。
[PR]

by simataku1 | 2009-05-05 22:44 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(2)

■休眠   

車検は少し残ってますが、おとなの事情もありまして・・・
b0003526_0535281.jpg
予告通り、本日付を持って一旦お休みさせることになりました。エイプリルフールな所が図らずともヴィヴィオ様らしい。ちなみに現時点での走行距離は10万9300km・・・もちろんタイミングベルトは無交換です。とりあえず走ってる内にプッツリ逝かないで良かったw

▽104300km~109300km
14.4km/L→14.2km/L→14.0km/L→13.4km/L→13.1km/L
→14.9km/L→13.8km/L→14.9km/L→14.9km/L→14.5km/L
→13.9km/L→14.9km/L→13.5km/L→14.0km/L→14.8km/L
→14.2km/L→16.9km/L

冬場という事を差し引いても、さすがにグダグダな燃費ですね(´・ω・`)
まぁ、色々整備が必要な状態なので仕方ないでしょう。今後は1年ほどかけて整備し、公道へ復帰できるようにします。以下は今後の予定。

1:センターマフラー交換09/5/5交換済(リヤマフラー含む)
2:ロッカーカバーパッキン交換→定番
3:パワステ各種パッキン交換09/8/8一部交換済
4:パワステフルード交換09/8/8交換済
5:エアエレメント交換→定期交換部品のため
6:プラグ&プラグコード交換→アイドリング時に息継ぎ症状があるため
7:ブレーキ点検・整備→定期整備箇所のため
8:タイミングベルト交換(含むファンベルト等)→避けては通れないためw
9:バンパー割れ修理事故の古傷

大きい整備は8番でしょうね・・・これはプロに任せる予定のため一番後になりそう。その他応じて小技で遊ぶかもしれません。復帰目標は来年4月~7月くらい。ミニカの車検満期に合わせて入替に出来ればと思っております。
[PR]

by simataku1 | 2009-04-01 00:54 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(0)

■休眠宣言   

景気のていまいと、みぞゆうの不況のせいだけではないんですけど。

b0003526_1828169.jpg悩み悩んで乗り続けようと決めたヴィヴィオですが、訳あって継続車検を取らずに寝かせることにしました。

お察しの通り、お財布具合が厳しいという理由もありますが、長い目で見て「車検をLTD号と1年ごとにズラしたい(ヴィヴィオ:4月、LTD号:7月)」のと、タイミングベルトの交換を始め、修理しなくてはならない部分が重なったので「じっくり治したい」という思いがありまして。
一瞬「廃車→買い替え」のコンボも浮かびましたが、ヴィヴィオに換わって乗りたい車も特になく、先立つモノもないので即却下。日本経済に貢献できず、すみませんごめんなさい(´・ω・`)
とりあえず来月一杯までは乗り回し、4月以降は実家で修理しつつ復活の時を待つことになります。何せ前科がある身。二の舞にならぬよう頑張ります・・・。

ちなみに4月以降は予備車のミニカが繰り上がり、足になる予定。ヴィヴィオ以上に「ないないずくし」で過走行な車ですが、今の時代こそ面白い車かも?
[PR]

by simataku1 | 2009-02-15 18:57 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(8)

■ヴィヴィオいじり61(左ストップ&テール球再交換)   

寿命早っ('A`)

b0003526_19223787.jpg前回の交換から1年経った所で、左のストップ球が切れたみたいです。交換方法は前回記事を参照のこと。
ちなみにテールランプ裏はバンパーから撥ね上げられたであろう泥がコッテリ。これが直接的に悪さをしている訳ではないんでしょうけど、なんだか・・・ね。

例によって標準のダブル球を購入してきましたが、1個100円→120円に値上げ済みでした。トランスバースリンク(ロアアーム)のような大物よりも、1個単価が低いモノが値上げされていると、昨今の値上げブームの影響が垣間見れますね。
[PR]

by simataku1 | 2009-01-18 19:22 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(0)

■2009年   

あけましておめでとうございます。
b0003526_22104178.jpg
LTD号に関しては2回目の車検長かったローンが終わるくらいなので特になし。ヴィヴィオ様も車検前後にベルト関係を治して、ちょこちょこと手を加えて行きたいなと。まぁ大半が修理ネタになりそうですが('A`)

b0003526_2114516.jpgちょっと気になってきたのが、予備車たるミニカバン
ほとんど興味がなかったんですが、事情で丸1日仕事に使ってみた所・・・ステアリングが軽く小回りも効いて意外と使いやすい事を発見。ザクザクで埋まっちゃう路面も軽い車体(730kg)と余裕の地上高(160mm)でヒョイヒョイとクリアしていくしw
遮音性ゼロで足もフワフワ。加えてビニールのシートはホールド性とは無縁な酷い出来ですが、道具としてはアリかなと。
不景気の今こそ、実用的で安い軽貨物バンの存在が光りますね。

ミニカ含め、例によって地味な修理&改造に終始致しますが何卒今年もよろしくお願い致します(・∀・)ノシ
[PR]

by simataku1 | 2009-01-01 22:58 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(9)

■ヴィヴィオいじり60(ヘッドライトバルブの再々々々交換)   

究極のバルブは荷が重すぎたみたいです(´・ω・`)

b0003526_23533965.jpg嬉々として禁断の提灯イエローを装着しましたが、とにかく

暗い!orz

真っ暗な所ですら、不安に感じるくらいに照度が全く足りてません。まさに、ぼんやり点いている感じ。おかげで明るい街中を走った日には、後続車のヘッドライトで自分の車の影ができるくらいにして。
最初こそ「仕方ないよね(・ω・`;)」と我慢していたものの、次第に支障をきたして来たので不本意ながらゴールドバルブに戻すことにしました。実用性重視でつけたバルブが実用性を無視したら本末転倒ですし。

b0003526_23532879.jpg安バルブの寿命の短さは重々承知ですが、コストと天秤にかけるとついつい手が伸びちゃったりw
今回購入したのはベイテックスなる会社のスーパーハロゲンバルブ「シャイニングイエロー」。998円の中国製の割に、灯体の頭が有名メーカー品と似た処理されています。まぁコスレや巣穴はヒドイですけど・・・。

付けてみると120/110W級のゴールドバルブの割には、なかなか明るく感じます。ただし、照射色にが混じっているので車検はOUTでしょう。ま、車検時にノーマル球へ戻す予定なので冬期間だけでも耐えてくれればOKですけど。

結局、提灯イエローバルブには高い勉強代を払う結果になってしまいましたが、ひと時でも黄チガイの最高峰(?)を味わえた事を誇りに思いますw
[PR]

by simataku1 | 2008-12-22 00:21 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(0)

■オイル交換8   

カー用品店でのオイル交換は抵抗があったんですが・・・。
b0003526_1919682.jpg
前回交換から5000km強を走破したので、年末に走り回る前に交換すべきと思いまして。しかし、スバルの感謝デイは今年分がとっくに終了済orz
いつものオートザムでも良かったんですが、丁度手元に夏タイヤ購入時に貰った500円割引券が残ってたので、意を決してジェームスでお願いする事にしました。今回はオイルのみ。

b0003526_19191552.jpg個人的にカー用品店での交換・修理は、思う所があって敬遠してたんですが・・・ことジェームスに関しては(一応)世界のトヨタ系列と言うのと、2度のタイヤ交換とも問題が無かったので酷い事にはならないだろうと判断。まぁ、規模の大小や会社イメージは、作業と関係ないでしょうけど。

食券よろしく希望のサービスが書いてあるチケットをレジへ出してお会計→作業開始。待ち時間はガラス張りの休憩室から作業風景が見えますし、作業後もオイルの確認までさせてくれるので、なかなか安心感があります。ドレンボルトの確認もあえて他人にさせてたし、色々工夫してるなぁ。

▽98500km~104300km
16.3km/L→18.2km/L→17.2km/L→17.8km/L→16.6km/L
→17.9km/L→18.4km/L→13.8km/L→16.3km/L→17.0km/L
→16.8km/L→14.4km/L→14.6km/L→15.3km/L→14.6km/L
→13.8km/L→15.2km/L→13.4km/L

そういえば最近、人と話してて
私(´・ω・`)「このヴィヴィオは平成8年式なんですよ~」と言ったら
相手('A`;)「古いッスねえw」と言われました。
15年来オールドタイマー読者をしているとマヒしちゃうんですが、一般的にはクラシックな部類に入りつつあるのか・・・?
[PR]

by simataku1 | 2008-12-14 18:37 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(5)