トップ

カテゴリ:チラシの裏( 59 )   

■第2回札幌モーターショー2014   

世の男女がキャッキャウフフとバレンタインデーに浮かれてる中、男二人で仕事をサボってモーターショーに行ってやったぜwww
b0003526_11274293.jpg
前回同様、一番混まない"だろう"日を選択。人ごみの中で見ても楽しくないし、コンパニオンの疲れた顔見ても萎えますし・・・ね。
観客席経由で下っていくと、ようやく来場。震災の傷が癒えてなかった前回より、活気に溢れた印象です。
b0003526_11375589.jpg
スバルブースは会場の真ん中あたり。コンセプトカー2台BRZレーシング、そしてレヴォーグ2台フォレスターXブレイクという感じ。
b0003526_11413114.jpg
クロススポーツデザインコンセプトの実車は思ったより完成度が高く、少し手直しすればこのまま売れるような気がしました。しかし上下開きのバックドアを見ていて「カッコイイ霊柩車だな」と思ったのは私だけ?
b0003526_11475835.jpg
クロスオーバー7コンセプトも、これまた実車の方がカッコイイです。よく考えるとアウトバックがあるなら、7人乗りクロスオーバーがあっても変ではないですね。モデルチェンジされたエクストレイルも7シーターSUV化された訳ですし、"ありえない"と一蹴は出来ないかも。

b0003526_11541736.jpgそしてレヴォーグ
予想通り、白レヴォーグは整理券がないと座れない&触れないという上から目線な展示(前回のBRZと同じ手法)。
絶好調な企業はやることが違いますねえ。お高く止まってますこと。

もう一台のレヴォーグは壇上にあり、お姉さんの解説が入る仕様です。BPレガシィツーリングワゴンの後継として考えれば、正常進化という言葉がピッタリ。堅実で保守なデザインに色々思う所はあるものの、売れる予感。
b0003526_1245897.jpg
レヴォーグに関しては個人的にコレといった感動はありません。むしろ「ふ~ん」という一歩引いた気持ちがどんどん強くなってきたり。前情報が多過ぎて飽きたのか、はたまた微妙に買えない価格帯だからなのか。

b0003526_12435723.jpg日産ブースは往年のプリンスR380が鎮座。こういう場に古い車を並べるのは卑怯だわw
おかげで新規格超小型EV「ニューモビリティコンセプト」以外は記憶にありません。新型スカイラインデイズルークス??何それ・・・?

以前、横浜へ行った時に一般参加の実地試験期間中だったらしく、市内をかなりの台数のニューモビリティコンセプトがカッ飛んでました。でも乗っている人がみんな笑顔だったのが印象的だったなあ。今の車に足りないのはそこら辺か。

その他ダイハツは次期コペンを展示。
b0003526_12525044.jpg
着せ替え中に激写。外パネルが簡単にパコンパコン取れてたけど、走行振動で外れないんだろうか?道端に突然"抜け殻"があったらヤダなw
b0003526_12594493.jpg
対してホンダのビート後継「S660コンセプト」。Nシリーズが売れまくってるおかげで予算が確保できて、日の目を見れそうで良かったね。
そういや親戚に居るビート乗りの方は、買い替えるのかしら・・・。

b0003526_136321.jpgマツダはCX-5アテンザアクセラを展示。全車を真っ赤で統一して、ブースの魅せ方が非常にうまい。

アクセラにはディーゼルやMTもラインアップされているので、心惹かれる車です。ただし理想のディーゼル+4WD+6MTの組み合わせはなし
さすがにそういうニッチな要求は難しいのね。
あちこちで言われますが、もう普通の4WD+MTは諦めるしかないのかねえ。

そんな4WDでMTといえばジムニー
b0003526_13232624.jpg
コンセプト名はエックス・ランダー。次期ジムニーの方向性はこの路線なんでしょうけど、旧型乗りからは「軟弱になった」とか「こんなのジムニーじゃない」とか毎度(SJ→JAやJA→JBの時)のことながら言われそう。
b0003526_13311025.jpg
大人気のハスラー派生「ハスラークーペ」。昔、X90という車があってだな・・・

ピンク色のクラウンに目を引かれ、ブースに近づくとあったのが
b0003526_1317346.jpg
トヨタのタクシーコンセプト。2018年にコンフォートを廃止して次期「お・も・て・な・しカー」となるとか。ドアマークの旧トヨタロゴが素敵。全車こっちに戻そうよw
b0003526_13193710.jpg
2020年の東京オリンピック頃にはある程度流通させておきたい思惑かも。5ナンバーでスライドドア・・・ラウムでいいじゃん。
b0003526_13423111.jpg
86のオープン仕様。元々数を出す車じゃないから、普通に設定して売ってても問題ないでしょ。買う人は買う。買わない人は買わない、けど。
それにしてもトヨタブースのスタッフの態度があんまり好きになれません。特に新型ハリアーハイブリッドには終始毛ばたきをかけていて、気分は立ち読みしてる中学生そのもの。触られたくないなら展示するなよ・・・。

外車ブースもありましたが、例のごとく省略。
しいて言えばフェイスタイプシロンミトパンダあたりの現実路線で買えそうなコンパクトカーは気になりました。それよりコンパニオンは外車ブースやバイクブースが圧倒的にイイ!
b0003526_13504370.jpg
ドゥカティ(イタリア)
b0003526_1353820.jpg
カンナム(カナダ)
b0003526_13544787.jpg
左:ジープ(アメリカ)/右:ランボルギーニ(イタリア)
b0003526_13571542.jpg
上:マセラティ(イタリア)/下:アルファロメオ(イタリア)
b0003526_13594725.jpg
左:スズキ/右:日産
なんと言うか、こういう「お姉さん写真」を掲載すると自分の性癖をオープンにしてるようで、えらく恥ずかしい・・・。

ただ、個人的にはカワサキが一番印象に残りました。
b0003526_14321978.jpg
b0003526_14334715.jpg
イメージカラーのグリーンをうまく使って、企業イメージの見せ方・伝え方と製品×人間との関係性の展示が一番上手。
単純にコンパニオンが可愛かったからだろ?って??

・・・・・・否定はしないw
[PR]

by simataku1 | 2014-02-16 18:00 | チラシの裏 | Comments(0)

■妻の免許取得(原付編)   

大人の夏休み特別企画。

b0003526_21453693.jpg私の妻は免許の類を一切もっておらず、前々から
(*`・ω・´)<「原付免許が欲しい!
と言ってたんです。しかし、(私の甲斐性の無さから)妻にも働きに出てもらっているので、まとまった時間がなかなか取れず・・・。
そんなこんなで伸び伸びになっていました。

ところが、今年は長めにお盆休みが取れたとのこと。なんとな~く
( ゚д゚)、「免許取るなら?」と提案すると、
(*`・ω・´)<「今でしょ!?」とけっこう乗り気ですw
早速、市販のテキストを買って毎晩唸りながら勉強を開始。「そんなに頑張んなくていいんじゃね?w」と思いながら調べると、侮るなかれ合格率50%強らしい・・・。げ、そんなに難しいの?
練習問題から抜粋すると・・・

(答えは文字反転)
Q1:前の車が原付を追い越す時、その車をさらに追い越してよいか?
A1:追い越してよい。二重追い越しは禁止されているが、原付は自動車ではないため。

Q2:三車線道路の交差点で青色矢印信号が右に表示された時は原付も小回り右折ができるか?
A2:できない。二段階右折禁止の標識がない限り、三車線道路の交差点は二段階右折しなくてはいけない

b0003526_2354226.jpgお、覚えてねえ(; ゚д゚)

・・・一応、普通運転免許を取る時に勉強したはずなんだけど。
こんな記憶力で乗ったら国家公務員様にしょっ引かれてお布施を上納するハメになりますねorz

結局、妻は試験を無事合格。晴れて、運転免許証(原付)が交付されました。総額1万円程度で取れちゃうとはいえ、ちゃんと国家資格。夏休みの課題としては上出来です。

ちなみに妻は「種類欄が寂しい・・・ステップアップして埋めたい」な~んて言ってるので、次は普通か大型か、はたまた特殊(カタピラ)とか?

□8/18追記
b0003526_15442153.jpgフルビッター(免許の種類項目フル記載を目指す人)のページを読むと、コメント欄の奇妙な青さんの言うとおり「小型特殊(通称:小特)」が登竜門らしい。確かに普通免許を取っちゃうと自動的に乗れるようになるもんなあ。

そこで妻の気持ちが変わらないうちwに、管轄の試験場に電凸して詳細を聞いてみました。

私(・∀・)<「小型特殊の取り方を教えてください
試験嬢(*@ω@)<「小型・・・とくしゅ?ですか?実技と学科がありまして・・・
私(;・∀・)<「え。実技があるんですか?
試験嬢(;*@ω@)<「あ!ええと・・・担当が戻りましたら改めてご連絡致します

これが噂に聞く「マイナー免許ゆえの冷遇対応」ってヤツか。そして数時間後、担当者から電話が。

試験担( ゚д゚)、<「学科だけです。費用は3,500円くらい。一日潰す覚悟で来て
私(・∀・)<「ははあ。
試験担( ゚д゚)、<「あと今の時期は来ない方がいいよ。混んでるから

聞く限り、取るのは簡単ぽいけど・・・対応が面倒そうな印象でした。妻に経緯を伝えると「('A`)マンドクセ」だって。あーあ・・・。
[PR]

by simataku1 | 2013-08-14 23:00 | チラシの裏 | Comments(6)

■プレゼント当選   

〒(・∀・)<「お届け物で~す
私('A`)?<「なんじゃらホイ?

b0003526_15353647.jpg何か当たったぽい。

読むと「スバルの軽55周年大感謝祭 スペシャルギフトプレゼント」キャンペーンに当選したと書いてある・・・?
・・・あ。そういえばニコットの修理に行った時だかに担当氏から「いちお書いとく?」なんて言われて「いっつも当たらないじゃんwww」とかブツクサ言いつつ書いたような記憶が。ちゃんと当たるんだねえ。
当選人数が多い=当たりそうなモノを逆算して選んだのが功を奏したかな?

女性に人気の電動歯ブラシ(パナソニック製ポケットドルツ)なので妻に渡したら、もう大喜び。結果として我が家のスバル株もUPしましたw
スバルの中の担当事務局様、本当にありがとうございました。

しかし、OEM軽を売るだけでも「スバルの軽」って断言していいのかね?
[PR]

by simataku1 | 2013-02-10 16:05 | チラシの裏 | Comments(2)

■第6回小樽クラシックカー博覧会   

クラシックカーのイベントをやると聞いたので、ニコットでお出かけ。
b0003526_2093963.jpg
会場の小樽市総合博物館は小樽運河の近くにある市営の博物館で、列車をメインとした交通史、歴史及び科学を展示しています。
広い敷地内にはかつて活躍した汽車や客車が多数!子供よりも大人が懐かしくなるんじゃないんでしょうか?
b0003526_2084332.jpg
また、凄いことに実働する蒸気機関車もあったりします。格納庫から転車台へ乗り、レールを走行する姿は圧巻・・・。
連結した客車に乗って短い区間を乗ることもできるので、これぞホントの動体展示が体験できたり。

b0003526_20382229.jpgそんなステキな会場内には何十台もの旧車が展示してあり、定番どころのフェアレディZ、ハコスカ、エスハチ等からオート三輪、外車まで様々な旧車が一同に集まっていました。

超有名な某所と同型のマツダT1500を眺めていると、オーナー氏から
乗ってみますか?^^
と気さくに声をかけて頂き、ちょっと感動。うわー、ペダルが直立してるwww屋根がキャンバス地w
ちなみにこのT1500は道東の帯広から小樽まで日勝峠を越えて自走(250km弱)してきたそうな。・・・お、漢だよ(; ゚д゚)ポカーン

b0003526_2050642.jpg会場外ではボンネットバスの試乗(!)も行っていたので、早速乗車してみたり。バスは昭和39年式の日産ディーゼル(現UDトラックス)U690型

特長とも言われる2ストディーゼルエンジンを初めて体験しましたが、大きな車体&満員の状態をモノともしないパワフルさに驚きました。音もガラガラガラッとスゴイですけどw
ちなみにボディは「富士重工」製でした。
b0003526_210659.jpg
中もなんだか懐かしい雰囲気。×モケットのシート生地は4回りくらいしてオシャレです。昔は座席に灰皿が付いてたような気がしたんですが・・・この時代はまだ未装備だったのかな?

肝心のスバル車は展示が少なかったんですが、地味に貴重なR-2の前・中・後期が全部そろい踏み。何気にスゴイことですよねコレ。
b0003526_2393118.jpg
(左:後期水冷、中:中期、右:前期)
オレンジの前期型はおそらくこちらで登場する女性オーナーの車でしょう。とにかくキレイで鮮やかです。また、濃い顔の後期水冷はこちらの方所有の車両かと。確かレオーネハードトップもお持ちのはず・・・。
実は個人的にムーヴ時代のHPからの隠れ読者だったりする、私w

b0003526_23262246.jpgまた、当ブログで何故か(?)盛り上がるサンバーも懐かしいKR型サンバートライが鎮座。しかし、よくこんなにキレイに残ってたなあ。

情報が無いので詳しいことは不明ですが、当時の特別仕様「CLUB TERRA(クラブテラ?)」・・・らしい?
3ケタナンバーだったので、再登録車なんでしょうけどこのあたりの2気筒サンバーだったら、旧車としてギリギリ維持しやすいかもしれませんね。

こと、今回は「~昭和63年まで」という幅広い参加車のおかげで'80年代車もかなり展示されてました。そこで片寄った私のチョイスですが、おなじみのクイズ形式でお楽しみ下さい。

Q1:あなたの街に合う、ダブルチャージな日産の小型車。
b0003526_2337225.jpg

Q2:いわゆる月桂冠な日産車。グレード名は新型ノートで復活。
b0003526_23394345.jpg

Q3:通称、広島ベンツ。
b0003526_2341389.jpg

Q4:運転席から助手席を倒せるナウいデートカー。
b0003526_23421655.jpg

Q5:元祖自主規制64PSコンビ。
b0003526_2344854.jpg

Q6:910ブルーバードと二分した、タクシーの定番。
b0003526_23451037.jpg

Q7:タイムマシン。
b0003526_23464184.jpg
いかがでしょうか?
今まで行った旧車イベントの中では、かなり距離感が近く感じました。400円の入場料でこれだけ楽しめるなら、親子連れでも十分に元は取れますね。

来年も会場で小林さんと握手www
[PR]

by simataku1 | 2012-09-02 20:22 | チラシの裏 | Comments(10)

★ブログ開設8年突破   

アッと言う間に8年。・・・という訳で、基本的にデザインを変えず運営してきた当ブログもビッグマイナーチェンジを行いました。
俗に言う「長寿車」もこのくらいのタイミングで手を入れるでしょ?w

▼旧デザイン
b0003526_2123817.jpg
実はブログを見てくれているリアルな方から「画像が小さい」とか「縦に長い」とか「文字が読みにくい」等と色々言われ始めてたんですよね。
確かに開設当初(8年前)はノートPCでも見れるよう画面サイズ800×600をベースに作りましたが、今や環境が大きく違う罠。

主な変更点は3カラム→2カラムへ減らし、記事を大きく掲載できるようにしました。また、全体幅を790px→850pxへ増やし、フォントを大きくすることで読みやすくする狙い。ただし、色合いや構成はほぼ変わっておりません。

細かい部分は追々時間をかけて煮詰めていきたいと思います。
今後とも変わらずご愛顧よろしくお願いします~ノシ
[PR]

by simataku1 | 2012-08-14 21:20 | チラシの裏 | Comments(6)

■第1回札幌モーターショー2012   

男3人で仕事を早引きしてw札幌モーターショーに行ってきました。
b0003526_9595462.jpg
札幌初となるモーターショーは日本ハムファイターズの本拠地「札幌ドーム」にて3日間開催。子供の頃に輸入車ショーなるものに連れて行ってもらって以来のショーなので、15年ぶりくらいじゃないでしょうか?
しかも私はドーム自体も初めて入るので、地元民ながらおのぼりさんと言う謎の状況。いや、横の国道はしょっちゅう通るんですけどね・・・。

b0003526_100948.jpg1000円の前売券で入場するとすぐにスバルブースがありました。市販車はインプレッサのスポーツが1台置いてあるだけで、コンセプトカーの「アドバンスド・ツアラーコンセプト」を真ん中に2台のBRZが鎮座。比較的シンプルな構成のようです。
b0003526_1002137.jpg
アドバンスド・ツアラーコンセプト。たま~にガルウィングドアが開閉されるようす。目の当たりにするとかなりデカい。窓はポリカ製?
b0003526_1003673.jpg
特注(!)白パールのBRZ。おそらくグレードはSかと。お触りNG
b0003526_1005969.jpg
同じくBRZのS。こちらは触れます・・・が、運転席には整理券がないと座れない(!)という。また、係員がべったり張り付いているので厳重です。正式販売前とはいえ、ケチだなあ( ゚д゚)、
ぐちゃぐちゃ触れたくないなら、何も付いてない「RA」でも展示しときゃいいだろうに。

お隣はマツダブースです。丁度、発表されたばかりのCX-5を中心にアクセラデミオ等を展示。スバルとはうって変わってベタベタお触りOK。おかげで常に人だかりが絶えません。
b0003526_1012865.jpg
CX-5のガソリン仕様。奥に見える赤いのが話題のスカイアクティブ・ディーゼル仕様です。地元TV局も複数取材に来てましたが、嘗め回すように撮ってたのが印象的。

b0003526_1013890.jpgエンジン単体の展示もありましたが、技術的な部分を熱心に質問する方が多く注目度の高さを感じました。
そもそも北海道はディーゼル信仰が未だ強く、都内等では絶滅したディーゼル乗用&RV車が普通に走っています・・・というか買い替えできないで今に至っているのが現状です。

そこへ来て300万を切るCX-5の登場は道民にとっては期待の星でしょう。格好もイイですしね。ちなみに私と一緒に来た友人2名は何回も何回もブースに来ては「いいわあ~(*´д`*)ハァハァ」と言っておりましたwww

週末の新車フェア状態だったスズキブースと、リーフ(ばっかり)ゴリ推しの日産はすっ飛ばしてwホンダブースへ。常に何かしらのプレゼンテーションを行っており一番エンターテイメント性が強かったような気がします。
b0003526_1015092.jpg
壇上には一連の軽シリーズ「N」のコンセプトモデルがずらり。こういうコンセプトカー一杯っていうのがモーターショーらしくていいですよね。
個人的に気になっていたNコンセプト4=現代版Nコロですが、噂通り背が高い!前EV-Nのような3ドアコミューターから転換し、より現実的になるのは仕方ないんですが・・・方向性が違う気がする。1500mmくらいの高さにしてエッセのようなのを期待した人が多いんじゃないかなあ?正直がっくりorz
b0003526_10242.jpg
Nボックスフィットシャトルも展示してありましたが興味はそそられず。どちらかと言うとバイクの方が気になったり。モーターコンポ欲スィ・・・

トヨタ・ダイハツはさらりと。ハイブリッド&電気自動車とレクサスって感じ。
b0003526_1024373.jpg
86(ハチロク)。一段高い壇上に上げた見せ方はうまい。
b0003526_1025822.jpg
コペン後継D-X。弟曰くカシオのG'zOne携帯ちっく。
ダイハツもこれまた週末フェア状態で、ミライースムーヴが置いてあるくらい。つまんないね。

三菱ブースは何故か閑散とした印象。
b0003526_10311100.jpg
目玉が「新型ミラージュ」じゃインパクトないよなあ。しかし、酷いデザインだ・・・友人曰くタイマーチの劣化版としか思えない。現コルトの方がよっぽどまとまってるよ?
b0003526_1032162.jpg
逆にそそられたのがミニキャブミーブ
近所のディーラーに試乗車があって、出勤途中に走ってるのを見かけるのでどんなもんだろと思ってまして。車内を覗くと鉄板がモロ剥き出し、ビニールシート、窓は手動式というミスマッチぷり。240万超~するのに、たまらんw
どうせ手動式窓なら手回しラジオよろしく、ハンドル回す→電気溜めるってのはどう?
b0003526_1034414.jpg
会場には他にもアウディやVW、ポルシェ等の外車ブースもありましたが、モーターショーというよりも展示会状態だったのでほとんど写真を撮っていません。手が届きそうにないと、途端に興味がなくなる私w

運よく混んでない時間帯だったので、のんびりと見ることが出来ました。車離れ云々とか言われますが、これだけの人が足を運んで、かつお金払って来てる=興味あるってことは売り手に問題があるんじゃないのコレ?
[PR]

by simataku1 | 2012-02-18 10:04 | チラシの裏 | Comments(6)

■フィアット印マイアーニのチョコレートセット   

b0003526_21121412.jpgバレンタインに合わせて妻からチョコレートを貰いました。フィアットとのコラボレーションで有名なイタリアの「マイアーニ」なる老舗のチョコらしい。チョコ6個ミニカー(新型フィアット500)+ストラップで、かなり良い金額したみたい。でも、渡す時まで終始
(*´Д⊂<「高かった
しか言ってないよ、この人・・・。

どうやら以前に
妻(*・ω・)<「フィアット印のチョコがあるよ
私(・∀・)<「面白いなあ
と何気に話してたのを覚えてたようです。・・・普段100円のチョコで悩む人が20倍以上のモノ買ってくれたんですから、推して知るべし。ありがたいやら、恐縮するやら。
いっそトミーテックとかと協力して「六連星印チョコ+サンバーミニカーセット」とか出したら、その筋の人は喜ぶと思うんだが・・・いかがでしょ。

問題は来月なんですけどね・・・金額に比例して倍返しですからorz
[PR]

by simataku1 | 2012-02-14 21:58 | チラシの裏 | Comments(0)

★祝!100万HIT突破   

100万HITキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

b0003526_22493536.jpgLTD号納車とほぼ同時期の2004年7月26日(公開は8月1日)から始めて7年と4ヶ月。皆様の閲覧やコメントのおかげで100万の大台に乗ることができましたっ!本当にありがとうございます!!

NAインプレッサという全体から見るとドマイナーな車中心で始めた等ブログも、家族の車スバル車全般、そしてセカンドカーと手を広げ、今に至っております。その間、自分で買った車はヴィヴィオが2台R2が1台。家族所有の車や代車試乗車を含むとそれなりの台数を乗って楽しみました。
しかし、7年4ヶ月の間で変わらなかったのは結局LTD号だけだったという罠。
今後もLTD号が居なくなるその時までお付き合い下さい。よろしくお願いします~。

さて、せっかくの100万HITにネタの神様も久々にご光臨されております。
・・・・・・発表します!(続く
[PR]

by simataku1 | 2011-11-26 23:43 | チラシの裏 | Comments(3)

■サンバーを考えた8   

不連続連載シリーズを一旦まとめます。
インプレッサR2メインであるにも関わらず、サンバーの話題で盛り上がっちゃう当ブログwww
来るべき新車発注終了を前に、結論から言うと

買いません今は。

・・・いや、気持ちは「欲しい」ままですが、どうしても買う要素が見当たりませんでした。トラックは農業でも運送業でもないので必要を感じず、バンもR2やLTD号が既にあるので人輸送には足りてますし、トランポに使用したり車中泊をする訳でもない。そもそも、R2はまだローン支払い中だしねorz

b0003526_154415100.jpg仮に買っても、学生時代に乗っていた軽1BOX常時2シーター仕様で乗ってましたから、後席や荷室はからっぽ=無駄にすることは必至だろう、と容易に想像出来ました。
ここまでネガティブな要素が揃ってる以上、サンバーを今買う必要はないという結論に至ったわけです。・・・ただし、WRブルーリミテッドが出た時は、理屈抜きで買いそうになったのは秘密。危ねーw

やっぱり代車でサンバーに乗れたのが決定的でした。あれがあったからこそ「新車じゃなくてもいいじゃん」という境地に至らせてくれたのかもしれません。ありがとう、そしてごめんね北海道スバル
b0003526_1538288.jpg
生まれて初めて(私有地で)乗った自動車がK87サンバーバン(画像同型)のマルチフラット4WDな私。新車でサンバーに乗ることは叶いませんでしたが、どこかで縁があると願ってます。
いつかのその日までアゲイン(・∀・)ノシ
[PR]

by simataku1 | 2011-09-18 16:25 | チラシの裏 | Comments(2)

■フレンチブルーピクニック2011   

新千歳空港近くまで足を伸ばして外車のイベントを見てきました。
オシャレなオフィシャルHPを覗くと、今年で12回目を迎えるフランス車オンリーのイベントみたいです。でも、雰囲気は手作り感があってオープンな感じ。
スバル車とはまったく関係ないですが、気になった車を何台か撮ってきたり。
b0003526_2172687.jpg
左がルノー4(キャトル)、右はルノー8ゴルディーニです。
キャトルはFFハッチバックの始祖みたいなもんですね。61年~92年という30年に渡ってほぼ同じ形で作ってたのはスゴいとしか。
右はルノーのセダン、8。駆動はRR(!)です。ゴルディーニ=スバルで言うSTI仕様みたいな感じ。ちなみに白は珍しい(多くはブルー&ホワイトライン2本)ので、もしかすると全塗装してるのかもしれません。

b0003526_2173696.jpg現行カングーのピンク。黒バンパーから察するに去年発売された限定車のクルールみたいです。観音開きのバックドアがステキw

個人的にスライドドアの車を新車購入するならこのカングーか、日産のNV200バネットかなあと思ってたりします。どちらも1.6Lなので税金は若干上がりますが、MT設定があるのは何者にも代えがたいです。まあ、タウンエースなら4WD+デフロックでMTというネ申仕様もあるんですが、いかんせんごにょごにょ・・・。

b0003526_2174919.jpg5(シュペールサンク)。有名な所だと(初代)サンクターボとかがありましたね。樹脂バンパーを使った、近代ハッチバック車のはしり。

最近の日本車で言うと、ダイハツのエッセが良く似ていると言われました。公言はしてないまでもデザインを意識してたように思えます。未だに色あせない良いデザインですねえ。
b0003526_218032.jpg
アルピーヌA110のなんと初期型!よく雑誌等でみるのはノーズの内側にフォグが付いた後期型が多いですが、このタイプは初めて見ました。今の基準でみると小さくて車高が超低い!快適さとは縁遠い車です。
ちなみに妻はフォグの猫マークに過剰反応してました。マーシャルェ・・・。

b0003526_218122.jpgプジョーの変り種、1007。両側スライド2ドアはトヨタのポルテとほぼ同じコンセプトですが、明らかにこっちの方が格好いい。

でも、売れなかったんですよねえ・・・日本の販売期間はたった3年。まあ、世の奥様は安くてネームバリューのある方に行きます罠。でも、こういうのは軽で出せば、セカンドカー需要が見込めさそうなジャンルだと思うんですけど。そう言った意味でアルトスライドスリムは早すぎましたな。

b0003526_2183578.jpg最後はシトロエン2CV。アニメ好きな人にとってはルパンⅢ世カリオストロの城に出てきたクラリス王女が乗ってたアレと言えばお解かりになるかと。

一説によるとスバル360開発時に研究用として購入されていたのが2CVらしく、そう考えると少なからずスバルに影響を与えた車には違いないでしょう。奇抜なスタイルと異様なまでのサスの柔らかさが有名ですが、48年~90年までの42年間スタイルを変えず生産されたのは、完成度が高かったという証明でしょうね。一度は運転したい車の1台です。

たま~にこういうイベントを見ると心躍りますね。来年は小樽のクラシックカー博覧会でも見に行こうかしら?
[PR]

by simataku1 | 2011-09-13 21:12 | チラシの裏 | Comments(6)