トップ

<   2004年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

■10000km   

本日ついに1万kmの大台に乗りました。

b0003526_1233288.jpgしかし4ヶ月で1万kmというのは早いのか遅いのか。単純計算していくと4ヶ月で1万=1年(12ヶ月)で3万km。ローンが終わる5年後には・・・15万km。車が先に逝っちゃいそうな予感もします(((;゚Д゚)))

他の人はどのくらいのペースで走っているか気になる所。やっぱりセカンドカーがなきゃキツイんですかね・・・。
[PR]

by simataku1 | 2004-11-27 01:28 | インプレッサ15i | Comments(2)

■LED球を貰う   

友人からこんなのを貰いました。

b0003526_18361860.jpg今流行のLED球です。製品はポラーグ製12球で1300円くらい。・・・なんで貰ったかというと、その友人の車は各ライトのLED化を進めているので試しに買ったそうですが、暗い上に収まりが良くなかったらしいのです。で

使わないならくれ」→「要らんからやる

という、5秒のやりとりを経て私の手元にあるわけです。まだまだ発展途上な自動車用LED球ですが、発表される新車に標準になってきている状況をみると今後は主流になるんでしょうなあ・・・う~ん自分のLTDにもつけてみたいような。

でも今までのLED製品で一番納得したのは
b0003526_18481913.jpg
家用のナツメ球だったりします。確かにLEDの特性を考えると理にかなってますよねコレw
[PR]

by simataku1 | 2004-11-23 18:52 | チラシの裏 | Comments(0)

■インプレッサいじり19(ポジション球のアンバー化)   

純正のポジション球は純正ヘッドライト球(ロー側)に比べても幾分黄色く感じます。実際、今はHID等に合わせた白色化やLED化が流行っているようですが、あえてコンセプトに近づけるためアンバー色にすることにしました。ようは

黄色いならもっと黄色くすればいいじゃない

と言った具合。
ひねりを入れるためアンバー色のLEDも検討しましたが、車検対応品を見かけなかったので保留。まさかじさんの記事を参考にしつつレイブリックのハイパーバルブ(12V5W:約600円)を選択しました。・・・手に入れるまで数件廻ってやっと見つけたので苦労しましたけどw
b0003526_18512133.jpg

装着には、まずヘッドライトをはずす必要があります。

-----【手順】-----
1:グリルをはずす。(下側の2箇所はマイナスドライバー等で押すと吉)

2:ヘッドライトの3箇所のネジをはずす。(1箇所は隠れているので注意)

3:ライトとグリルの間のバンパー止めピンを2箇所外しておく。

4:ヘッドライトとバンパーのスキマにタオル等を挟む。(傷つく可能性大)

5:勇気をだしてヘッドライト本体を引っ張る(バゴッと取れます)

6:ポジション球をはずし、つけかえる。

7:逆手順で戻す。
-----【完成】-----

といった感じです。涙目ユーザーで解りにくい人はココココを参考にすると写真付で詳しく載っています。ちなみに付け替えた感想は
「なんかちょっと昔のトラックみたい・・・」
b0003526_1910192.jpg
ということ。街ですれ違うトヨエースをみるたびに「自分もこんな風に見えてるのかな・・・(´・ω・`;)」なんて思ったりw

でも夜間の視認性はコチラの方がぼんやりした白のよりは上かなと思いますし、色を換える=ヘッドライトの色とに差が生まれることによってヘッドライトのつけ忘れが減ればいいなあ・・・なんて思って納得させてしています。
[PR]

by simataku1 | 2004-11-21 19:33 | インプレッサ15i | Comments(2)

■インプレッサいじり18(エアバルブキャップの交換)   

さすがに外でいじるのも辛い時期になってきたので、お手軽なのを1つやってみました。わざわざ紹介するまでもないですけど・・・

b0003526_18374344.jpg純正のプラスチックキャップをエーモン製の金属製のバルブキャップと交換。とりあえず見栄えは良くなったような。これから冬になれば、ほとんど意味がないシロモノですが自己満足ってことで。

何種類かあった製品の中には見た目は同じでも価格でかなり違いがありました。(エーモン製は250円くらい)これって品質とかに差があるのかしら。
[PR]

by simataku1 | 2004-11-21 18:42 | インプレッサ15i | Comments(3)

■試乗記4(トヨタマークX)   

友人の誘いで同級生がディーラーマンをしているトヨペットへ行ってきました。トヨタ車は一部を除いて、興味がない僕ですが「まぁいいか」とそんな感じで。
b0003526_21343221.jpg
お目当ては10代目となるマークⅡ=マークX。トヨペットで実質的な旗艦車になる(セルシオはレクサス専売になるので)車です。Xボディと名を打つ車体は先にデビューしたゼロクラウンをベースに開発。評判の良いゼロクラウンを考えると期待は持てそう。
b0003526_2139431.jpg
カタログ上ではボンネットがずんぐり見えますが、実車は意外とスマート。単にカタログ写りが悪いだけだな・・・と感じます。しかし前から見た顔は明らかにBMWを意識しすぎ。というか似すぎ!
また後ろのトランクデザインもしかり。・・・とはいえこの段がついたデザインは世界的トレンドぽいので仕方ないんでしょうけど。1つ褒めるとしたらマフラーがバンパー内に組み込まれているのはとてもイイ。こういう真似の仕方は美味しいと思います。

試乗車は2.5L4WD。乗って感じたのはトヨタ車らしくないのっそりとした出足とトヨタ車らしい快適性。また意外だったのは、このクラスにしてはエンジン音が割と聞こえるので不気味な静けさが無くごく自然。ただし、あとは可も無く不可もなく特にこだわりがなければ「コレでいいや~」と思っちゃうほど普通です。もちろん感動もなし。
b0003526_21512119.jpg内装は金属調と木目調が織り成す不思議なハーモニーw。マークⅡ時代のコンセプト「中高年を意識しつつちょっとスポーツ風味」という従来通りな狙いが、逆に統一感を生み出さない結果になってしまったのかと。また上級3Lグレードの天井照明がラブホテルかキャバレーみたいで妙にエロい・・・。思わずセンスを疑いますが、それでも売っちゃう(売れちゃう)トヨタはスゴイですねえ・・・。

でも、ここまでエグイ装備だと逆に清清しいですな(・∀・)ニヤニヤ

・・・そんなことを思いながら、ふとミラースイッチを見るとやけに見慣れたものが。どう見ても現行インプレッサのスイッチと同じ・・・ような?見える所に金をかけるトヨタでも、さすがに専用部品にはなりませんか。

総評は「プアマンズBMW」の一言に尽きます。正直言って車自体の出来は悔しいほど素晴らしい。しかし所有する魅力とかはちょっと低め。特に自分で「運転している」というよりも「運転を補助している」という感覚が強いです。・・・やっぱりこういう車は後ろに乗るのが一番ベストかもしれませんね。
[PR]

by simataku1 | 2004-11-14 22:19 | 試乗記 | Comments(6)

■インプレッサいじり17(自作キーホールリベット装着)   

車上荒しが増えています。つい最近も近所で20数件の車上荒し+放火を繰り返した犯人が捕まりました。15iなんかを狙う輩はいないとは思いますが、インプWRXstiに関してだけはその率もかなり高いらしいので、ちょっと不安。

しかし、本格的な装置をつけるほど本気じゃないですし、その上高い!キーレスが付いている関係上、鍵穴に貼り付けるリペット(金属のフタ)でも実用上問題無いんでOKですが7~800円もしちゃいます。そこでこんなのを考えてみました。
b0003526_2135496.jpg材料は車外用強力両面テープスバル用タッチペン、そして貼り付ける際の油分を取るシリコンオフ。さらにペンチ画鋲2個です。・・・ようはリペット=金属のフタってことは金属の丸いものなら代用できるのでは?ということですねw

まず画鋲に塗料を塗ります。ちょっと多めに垂らす方が艶がでていい具合です。そして乾かす事数時間(その際は水平な場所に刺して置くと便利です)。ペンチで針部分を折ります(爪きりでも代用可)。その後両面テープを貼り付けた後に丸く切り取り、油分を取ったキーホールに貼り付ければ完成です。
b0003526_2144179.jpg

・・・う~んなんだか目の玉みたいで格好よくないかも。まあ、これは追々考えるとしてとりあえず鍵穴は塞ぐことができました。何よりリペット自体の1個単価はたった2円程度で済むわけですから、買うよりかは(・∀・)イイ!

ただしあくまでお遊びを兼ねた気休めなので、本当に不安な方はちゃんとした防犯装置をつけましょう。ね?
[PR]

by simataku1 | 2004-11-13 22:00 | インプレッサ15i | Comments(0)

■燃費報告5   

走行距離が9000kmを超えたので、恒例の燃費報告です。途中でスタッドレスに換えたので正確な数値ではありませんが・・・

□7000~9000km
10.4km/L→10.0km/L→10.5km/L→10.4km/L→11.1km/L

・・・なんか、あんまり夏タイヤの時と変わってません。今のスタッドレスはドライ性能もイイって言う証拠ですなあ。でも本格的に雪が降れば変わってくるのかな?
[PR]

by simataku1 | 2004-11-12 22:34 | インプレッサ15i | Comments(0)

■インプレッサいじり16(コンセプト決定)   

仕事8割で使う=営業車ということを考え、とにかく燃費や乗り心地と言った部分は犠牲にしたくないのが心情。ガソリンもまだまだバカ高いですし・・・(レギュラー110円)。結果、必然的にマフラー交換やエンジンチューニングといった事はできないことになります。まぁ長期的に考えたら、無理させるのは車に優しくないですから。
また、いじるにしてもなるだけ外観の雰囲気を壊さずに純正然としたまとまりは欲しいです。これは職業柄、お客様の家に行く事が多いので目立った車は乗れないことにも起因しますが。・・・そうなると「目立たないけど解る人が見たら解る」という形でいくしかありません。

で結果としてコンセプトは

インプレッサ1.5GXL・US仕様スポーツパッケージ装着車

という構想でいこうかと。ちなみにGX「L」というのはリミテッドのLです。実際はそのようなグレードは存在してませんw(欧州版の先代にGLはありましたけど)
b0003526_23295074.jpg
上の写真は欧州版インプレッサの最廉価グレードになる1.6GXです。動力的に一番日本の15iに近いのがコレ。この他に2.0RS(↓写真参照)というグレードもありますが、そっちは外装が15iのGパケに近いので、あえてこちらを選択。
b0003526_2336122.jpg
しかしもうひとひねり欲しい所。そこで目をつけたのが外装がちょっと違うUS版
b0003526_23432755.jpg

安全基準が厳しいUS版はその他の国に比べて、外装周りがちょっと違います。またスポーツパッケージという日本で言う15i-sにあたるグレードもありまして、これなら現行E型の部品を使って再現しやすいかなと思った次第。
本気モードでいじってる方々にしてみると「生ぬるい!」とお叱りを頂くかもしれません。しかし自分の場合はカローラXアシスタパッケージプラッツ1.0Fのようなあくまで実用車の延長。金をかけるところはかけますが、かけない所には徹底的にかけるつもりはありません。・・・いわゆる清貧思想?

とは言えコンセプトはあくまで基本として、縛られず自由にぬる~くいじっていけたらイイですなあ・・・
[PR]

by simataku1 | 2004-11-10 00:10 | インプレッサ15i | Comments(0)

■コロナいじり1(カバー装着など)   

コロナがウインドウ脱落の修理から帰還。ようやくイジることが出来ました。

1:スタッドレスタイヤへの交換
b0003526_12294558.jpg時期が時期ですのでスタッドレスに交換しました。純正とおぼしきアルミにブリヂストンMZ-03が履かせてあります。シェア割合の大半を占めるブリヂストン製ですから、まぁ安心かなと言った所。夏ホイールと比べてもデザインはこっちの方が合っている気もしますね。

2:サイドステッカー及びリヤエンブレムの除去
b0003526_154131.jpg
最近でこそグレードを示すエンブレムは減ってきてますが、このコロナは「EXサルーン」やら「4WD」とやたら自己主張が強い感がありました。そこで定番のステッカーはがしとエンブレムの除去作業を施すことに。リヤの「2.0EX-SALOON」「4WD」はタコ糸で引っかけてグイグイと剥がし、サイドステッカーは例のトレーサーでベリベリと。
b0003526_1545014.jpg・・・しかしここで問題発生。この車はオールペイントが2回施されているのですが、剥がさず塗装したようでサイドステッカーがあった部分とクリア塗装の間に段差が生じてしまいました。しかも2段も。考えた結果、片方のみで作業は中止。おかげで左右がちぐはぐな結果になりました・・・(´・ω・`)

3:ATシフトノブカバー装着
b0003526_12562991.jpg気を取り直して内装へ。まずは使い込んでツルツルになったATノブを、どうにか誤魔化します。本当ならばノブ交換がベターですがオーバードライブボタンがある関係上、ソレに対応する社外シフトノブは1万を超えてしまいとても手が出せません。
そこでお手軽にできるカバーでお茶をにごすことにしました。シンプルなデザインの合皮製カバーは800円とお買い得。ソフトな質感は好き嫌いが分かれる所ですが、ツルツルよりはマシなのでOK。実際、さわり心地は中々ですw

4:ステアリングカバーの装着
b0003526_138295.jpg次にボロボロになったエアバック付純正皮巻ステアリングの誤魔化しです。ステアリング交換も考えましたが、エアバックを殺したくなかったのでこれも本皮カバーで済ますことにしました。単に被せるタイプもありますが、値段も変わらないですし(1500円程度)あえて縫うタイプを選択。
・・・しかしこれがまた面倒くさい!縫い終わるまで2、3時間かかってしまいました。さらに見た目もそんなによろしくなく期待はずれ。綺麗に縫えたらまた違うんでしょうけど手間と仕上がりを考えると、正直二度としたくない・・・です。

5:1DINスペースの有効活用
b0003526_13164821.jpg最後に空いていた1DINスペースを有効的に使うため、後付で1DINドリンクホルダー装着しました。作業は簡単。コンソールパネルを外して装着するだけ。これでようやく終了かと思った矢先・・・重大な欠点が発覚!!

b0003526_1322336.jpg

ペ ッ ト ボ ト ル が 入 り ま せ ん ・ ・ ・

b0003526_13282043.jpgしかもシフトノブをPに入れると手も入らない始末。これは大失敗・・・このままでは利便性を高める所か低めてしまいます。
・・・・・・泣く泣く1DINカップホルダーをあきらめ、同じ1DINで灰皿をつける事にしました。また問題のカップホルダーは新たにシッカリしたものを購入しなおし、ようやくコンソール部分の作業を終了。うう、無駄な買い物しちゃったなぁ。

b0003526_13324694.jpg
紆余曲折あったコロナいじりですが、1つだけ解ったことがあります。それは
自 分 の 車 じ ゃ な い と 適 当 。
ということですか・・・ね?'`,、('∀` ) '`,、
[PR]

by simataku1 | 2004-11-06 14:07 | コロナ※ | Comments(2)

■代車記2(トヨタコルサ)   

父親のコロナをいじろうとした矢先、後席の窓がワイヤー切れで落ちるという事態が発生。急遽コロナの代車がやって参りました。

'1992トヨタコルサ・MOA15004WD(4AT)
b0003526_837825.jpgヴィッツ兄弟登場以前のコンパクト部門を支えていた一台。スターレットが男性向きならば、こちらは女性向きといった具合でしょうか。しかしその丸みを帯びたデザインはやや安直に狙いすぎな感もありますが。また赤かったであろうその車体は退色し、まるで「しなびたリンゴ」そのもの。哀愁が漂います。

b0003526_8441115.jpg11万キロ走っている割にはエンジンは元気。0発進からの加速感は低速トルクのないインプレッサ1.5に乗っているせいもあって怖いくらい。馬力は同じなのにこの差は一体・・・これが車体重量の差か(インプ1230kg:コルサ970kg)。アクセルに足を乗っけただけでギューン!と60キロまではスゴイ勢いで廻っていきます。それ以降はいたって平和ですけど。

b0003526_8474581.jpgしかし感動もそこまで。いざブレーキを踏むとほとんど効きません!奥までベッタリ踏みこんで初めて止まる感じ。今まで色んな代車に乗りましたが、今回はさすがに身の危険を感じました・・・。
内装は可も無く不可もない出来。まぁ黒色の内装とシート柄がちぐはぐなのはご愛嬌といった所ですか。また現在ほど安全基準が厳しく無かったので内張りは薄め。張り出しが少ない分、圧迫感は感じません。腐った芳香剤の酸っぱいスメルには参りましたが・・・。

トヨタの車は何度か乗ったことがありますが、やっぱり自分には合わないようです。なんていうか全てにおいて極端で大味だなあと。でも日本では一番売れてるメーカーなんですよね。ブランド効果ってスゴイ・・・。
[PR]

by simataku1 | 2004-11-03 09:00 | 代車記 | Comments(2)