トップ

<   2005年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

■試乗(見学)記5(マツダプレマシー)   

最近2代目が発表されたプレマシーを見てきました。

b0003526_23202837.jpgあいにく試乗はできなかったものの、本物を間近に見るのは初めて。第一印象はデカイ!。先代のシャープさはやや薄れて残念ですが、他社との競合や時代の流れを考えるとどうしても肥大化は避けれない模様・・・。とはいえ先代のカペラベース→アクセラベースに変わったので、3ナンバーになるのは必然といえば必然かもしれません。エンジンは2.0Lと2.3Lの2種類で共に4ATのみ。この展示車は2Lの量販グレードとなる20Cでした。個人的にはこのスッキリ顔が一番好きです。
全体をぐるりと見渡すと、良い意味で最近のマツダらしいデザイン。少しフロントバンパーがぼってりしてますが、これは開発途中まではバンパー下部を黒(無塗装)で進めていたにも関わらず「商用車臭い」と横槍が入り、塗るに到ったようです。そりゃぼってりするわな。
b0003526_23313196.jpg
対して、リヤ周りは噂の通り苦心のあとが伺えます。(市販化に際してコンセプトモデルのままでは後部衝突安全基準をクリアできなかったとの噂が)サイドまで回りこんだ巨大なテールランプはシャープさとラインの連続感を殺してしまっているように思えますし、ゲート上部のヒンジの盛り上がりはちょっとなんとかならなかったのかな・・・と。後々「プレマシーのすべて」を読むとまたも開発途中で「後ろがのっぺりしすぎ」との指摘があり急遽変更したようです。・・・だからこんなにちぐはぐなのかorz
b0003526_23394279.jpg
内装はシンプルな造形ながら、うま~く質感を上げています。メーター周りが少し小さいのと小物入れの配置がよろしくないのは勿体無いですけど。1つ面白いなあと思ったのはサイドブレーキが足踏みではなくサイドにきちんとついていること。この辺はマツダらしいw

6人乗り+1というコンセプトは少々こじつけが甘いような気がしましたが、+1の部分がバスの補助席を思い出させ、イイ感じに貧乏臭いですw電動スライドドアとあいまって「こりゃ小さいバスだな」と。

全体的には「地味でシンプル」これにつきます。こうも各社のゴテゴテしたミニバンが増えている中、こういったオーソドックスなのが一台あると選択技が増えていいですねえ。
[PR]

by simataku1 | 2005-02-28 23:46 | 試乗記 | Comments(0)

■【販売終了】トラヴィック   

知っている人には今更ですが・・・
b0003526_059841.jpg
オペルザフィーラのOEMとして2001年から売られていたトラヴィックが、2004年12月をもって販売終了になっていました。始めこそ、本家のザフィーラに対してのアドバンテージである排気量(ザフィーラ1.8L:トラヴィック2.2L)や足回りのチューニング、そして低価格を売りにしていたトラヴィックですが、他純国産ミニバンの牙城は崩せるはずもなくマイナー路線をひた走るように。後々テコ入れを行いエアロ仕様1.8Lも追加されましたが大多数のユーザーの目には止まらず。

さらにスバルのコアユーザーにさえ、ボクサーエンジンでもAWDでも無かったためそっぽを向かれていたようです。実際最近のインタビュー記事でスバルの社長も「トラヴィックは失敗だった」的なことを言っています。まぁ、中には買ってもオペルマークに換える人もいたようですしねえ・・・不憫すぎ('A`)

b0003526_1182166.jpgちなみに本家ザフィーラは先のジュネーブショーで2代目を発表。そう考えると、本家のモデルチェンジにあわせて発売を停止させたぽいですが、これはOEMされません。ただ、トラヴィックの後釜として1.5Lクラスのミニバン(ボクサー+AWD)を自社開発する噂があるので、培った技術と教訓がどう生かされるかは期待がもてますね。
[PR]

by simataku1 | 2005-02-27 01:24 | スバル情報 | Comments(4)

■国土交通省燃費ランキング   

国土交通省から「平成16年末付で新車として販売されている」燃費の良い車ランキングが発表されました。要は国のお墨付きの燃費ランキングです。
b0003526_2250721.jpg
項目は重量別になっているのですが、ガソリン乗用1266~1515kgクラスの4位にGG3(5MT)が堂々ランクインしています。

さてここで疑問。GG3ということはワゴン。しかも4WD。あれ?と思う方がいらっしゃるかと。これも不思議な・・・というか皮肉な現象で、一番軽いと思われるセダンFF/5MTのGD2の車重は1170kg。よってフィットなどと同じクラスになり、燃費的にランク外になってしまいます。ちなみに一番重いGG3/4ATは1290kg。これもメーカー公称値13.4km/Lとなっていますので必然的にランク落ち。そうなると残るのはGG3/5MTということになるのです。なので1.5Lインプレッサのグレードとしては重い部類に入るものの、クラス重量範囲内で基準を上回ることになったわけですね。

これから買う方で周りに燃費で反対されている人は、コレを使うとうま~く騙せる納得させることができるかもしれませんよw
[PR]

by simataku1 | 2005-02-24 23:11 | チラシの裏 | Comments(9)

■インプレッサいじり22(コラムカバーの振動対策)   

常々言っていたコラムカバーからの振動を改善しました。

b0003526_219635.jpg洗濯板路面で鳴る「ビビビ・・・」という音は共振して震えている=止める為には震えなきゃいいわけで。最初はデッドニングも考えたのですが、もっとチープに手を抜いてできんものかと考えたのです。そこで買ってきたのがU字ゴム。いわゆる車のドアとかに挟んで使うモールと同じヤツですね。ただカー用品のは高いのでメーター売り275円のものを購入。色は本当は黒が良かったものの、透明のみだったのでそこは妥協しました・・・。
b0003526_21194774.jpg
まずつける部分を考えると、どうもキーシリンダー部の隙間が大きい。さらにカバーの形状的にチルトレバーの切り欠き部がペナペナしていて剛性不足の様子。さらにバラして解ったのはGC/GF型のコラムカバー下部がボルト2本で留められていたのに対し、GD/GGは1本で留められているということ。・・・こりゃ振動がでても仕方なさそう・・・。

-----【手順】-----
1:コラムカバー下部のボルトを1本はずす。

2:カバー下部の両奥を押し、上部カバーとのはめこみを外す。

3:はずれたカバーの必要部分にU字ゴムを挟む(場所は任意)。

4:干渉を考えつつ調整し、逆手順で組む。
-----【完成】-----

b0003526_21264143.jpg結果としてキーリンダー部はうまい具合にすきまが埋まりガタが全く無くなりました。(ゴムが透明だったおかげで、偶然にも照明シリンダー色に似て違和感は薄いです)またチルトレバー部もレバーの金属部に当っているのでこちらもガタは少なくなったようです。

早速試走してみると、あれだけ悩まされていた振動(共振)音はせずいたって静か。実際、対策前は手でゆするとカタカタ動いていたのが、ほとんど前後左右に動かなくなりました。ただ希にゴムが小さく「キュキュ」と鳴るので振動自体は発生しているようですが、共振はしなくなったみたいです。

正直ここまで上手くいくは思ってませんでした。失敗しそうだなあと弱気だったんですがwやってみるもんですねえ。
[PR]

by simataku1 | 2005-02-18 21:46 | インプレッサ15i | Comments(0)

★2万HIT超えました   

2万ヒットを超えることができました。

b0003526_23263492.jpg一日平均100アクセスだったのが、1月中旬くらいからじわじわと150アクセスへ跳ね上がり始め、多いときは200アクセスを超える日もでてくるようになりました。何があったのかはよく解りませんが、とにかく感謝です。涙でインプレッサがプラッツに見えるくらいですw

チープないじり方しかしてない上、記事内容も信憑性に欠けるゴシップなサイトですが今後も何卒よろしくお願いします~ノシ

・・・で最近良く見てるサイトなんですが、カービューのみんからをちょこちょこ見ています。特に同じセダン15i乗りのドン亀さんの所は覗くことは多いです。他にもワゴン板や他車種も見ますが、どこも共通してるのは「アイディアがあって内容が濃く、かつ写真がある」のを見てる様子。やっぱり面白いし見やすい(見たいと思う)ですしね。
[PR]

by simataku1 | 2005-02-16 23:56 | チラシの裏 | Comments(21)

■最近のLTD2   

まだまだ春は遠いなあと感じる今日このごろ。寒い中洗車をしつつ、冬の間にしておきたい事を考えてみました。
b0003526_23234974.jpg
というのも冬の現在だからこそやっておいた方が効果があるなあと思ったことがあるのですよ。まず

□フォグランプのイエロー化
夏場は頻繁に使うことはないのですが、冬真っ只中の現在は非常に必要性のあるものになっています。とはいえ「冬道インプレッション2」でも書いたとおりイマイチ効果のほどが薄い。そこで各メーカーのイエローバルブを簡単に買える条件で調べると・・・

A:PIAAプラズマイオンイエロー(高価だが性能・評判は一番良い。)
B:POLARG B1ハロゲンピュアイエロー(やや高価だが色味は純黄色。)
C:BOSCHサンダームーン(コストパフォーマンスは抜群。やや黄色が淡い。)
D:WAKOスパークイエロー(信頼性にやや疑問が。安価。)

の4つがいいかなと。正直、バルブは消耗品と考えているので高いとちょっと・・・う~ん正直迷ってます。耐久性&明るさがほどほどで黄色味が強いのが理想なんですが。

□コラムカバーの振動対策
先日の後部左ドア付近の異音もありますが、原因が解っている部分からいじるとするとココです。夏場は基本的に道がフラットで発生しないんですが、冬は洗濯板路面に遭遇することも多くビリビリと振動がしています。頭の中で構想は出来上がったので次はココをいじってしまう予定。さてどうなるやら。
[PR]

by simataku1 | 2005-02-13 23:54 | インプレッサ15i | Comments(7)

■シフトアップ時の異音   

ここ数日、左リヤ付近から異音が発生。
b0003526_21151820.jpg症状としてはシフトアップ時に必ず「ゴッ」とか「ガッ」とか鳴るんですよね・・・。試しにノッキングさせてみると、耳を塞ぎたくなるような不快な振動音。ちなみにシフトダウン時や縦揺れでの振動では全く音は鳴りませんでした。
最初はトランクルームで何かが暴れてるのかな?と思ってチェックしたんですが、特に変わったことはありません。

あと考えられるのはフェンダー内。・・・そういえば数日前の暖かい日、水溜りに左側だけをガンガンつっこませた覚えがあるので
フェンダー内に水が浸入→寒くなる→凍る(以下繰り返し)
をしたのかなと。

正直気になって気になって仕方ありません。
一体なんなんだろ・・・(´・ω・`)ヌルポ
[PR]

by simataku1 | 2005-02-12 21:28 | インプレッサ15i | Comments(4)

■インプレッサいじり21(ハザードスイッチの交換)   

かねてより考えていたハザードスイッチを交換しました。
b0003526_164247100.jpg
ものとしては去年12月に発表されたS203用ハザードスイッチ(SW ASSY HAZARD:83037FE030)で色が赤くなります。価格は2100円。ちなみに元のスイッチも赤ハザードに銀塗装されているので、剥がせば赤色?
交換自体は簡単な作業ですが、E型インプレッサのセンターパネルの外し方はネット上ではイマイチ良いのが載っていません。しかも部品を受け取った際、スバルの営業マンにも「割らないように・・・」と言われていたのでガクブル。
まず見るとセンターパネルは3分割されており、順を追ってはずさないといけないようです。

-----【手順】-----
1:シフト部分のパネルをはずす(はめこみ式でネジはありません)

2:オーディオ部分のパネルをはずす(下部に2箇所ネジ、上ははめこみ)

3:噴出し口部分のパネルをはずす(下部に3箇所ネジ有)

4:スイッチアッシーを交換後、逆手順で各パネルを戻す
-----【完成】-----

となります。賞味の作業時間は15分くらい。拍子抜けするほど簡単です。つけてみた感想は「う~ん、自己満足ここに極まれりだなあ」ということ。正直乗った人には何処を換えたか解らないかも・・・。しかしハザードの意味合い上、目立った方が良いのは確かですしアクセントとしては華やかになったように思えます。
スイッチ1個で2100円を、高いとみるか安いとみるかは人それぞれですが簡単に変化が欲しい人にはいいかもしれませんね。
[PR]

by simataku1 | 2005-02-11 17:05 | インプレッサ15i | Comments(6)

■ジムニーいじり3(間接照明の設置)   

板金塗装の件だけではアレだなと思ったので、ちょっと小ネタを。
b0003526_2013364.jpg
最近でこそウインドウスイッチに照明が点いている軽自動車もでてきましたが、ジムニーに関しては何もありませんので真っ暗。おかげで夜間の運転時には手探りでスイッチを探す始末で、仕舞には助手席を開けちゃったりしちゃったり

b0003526_20554359.jpgそこで簡単に考えると照明をつければ良い話なのですが、カー用品の間接照明はイマイチ自己主張が高いモデルが多く、さり気なく光るモデルが少ない。そんな中選んだのがコレ

黒い本体はウオッシャーノズル並の小ささで色は目立たない黒。青色LEDというのがちょっと元の照明色(緑&白)と合わない気もしますが、ほんのり照らすのには色温度が低い青の方でいいでしょう。配線はダッシュ裏を通しコインホルダーのスキマから出す事によりスマートに隠しました。またあまったもう1つは助手席側へ適当に配線をして完了。

点灯すると確かに明るく、手元が迷うことも無くなりました。・・・んが見ないでも触っただけで解るようにしたいなあ・・・等と欲目が。そこでLTDメッキ化で失敗して余っていたメッキモールを適当な大きさに切り出して、スイッチにペタリ。メッキの反射効果も相まって明るく、尚且つ触ってもすぐわかる様になりました。
b0003526_2113622.jpg

多分、メッキモールは剥がれる気がしますがこれで少しは板金失敗の誤魔化し使い勝手が良くできたかな?
[PR]

by simataku1 | 2005-02-02 21:12 | ジムニーFIS※ | Comments(0)

■ジムニーいじり2(板金塗装)   

ぶつけてしまいました・・・_| ̄|●

b0003526_196877.jpg
用事がありジムニーを借りたのですが、帰宅時に自宅の冬囲い用鉄柱にゴリゴリ。広範囲に引きずってしまったのでみっともない姿になってしまいました。塗装も剥がれてしまったので放っておくわけにもいかず、かといって工場にだす金もない。母親との協議の結果「自己責任」という形に落ち着くことに。・・・ようは素人板金です。

-----【手順】-----
1:フロントフェンダーを外します(上側3つ、下側2つ、横1つボルト有)
*サイド&ホイールアーチガードとバンパーをずらさなければ分離することは不可能でした・・・('A`)マンドクセ

2:荒出し&たたき出しをします(荒出しは一気にするのがよさげ)

3:パテ盛りをします(これはやや多めに塗っておく方がいいようです。)

4:乾燥後、パテを耐水ペーパーで削ります。(3種類の番手くらいで)

5:プラサフ(下塗り)の後、本塗り、クリアと塗装します。
-----【完成】-----

b0003526_195497.jpg・・・とまぁ文章で書くとコレだけなんですが、実際はえらいトライ&エラーを繰り返してました。プラスチックピンは折れまくるし、塗装も何回もやり直しています。そんな苦労の割には出来はヒドイ有様。そのくせ写真じゃスゴイ綺麗に写ってるのが、余計悔しいやら憎たらしいやら。

ああ、餅は餅屋とはよく言ったものです。やっぱりプロの足元にすら及びませんでした。すみませんもうしません。ハイ(´・ω・`)

2/8追加
1週間たち塗装も落ち着いたので、コンパウンドで磨いてみました。
b0003526_1934313.jpgガサガサのゆず肌も良くなるかと思いきや、研磨前とほとんど差は出なかったと言っていいでしょう。ただ写真をよくみると、映りこんでいる電柱が多少ハッキリ写るようになったので微妙~に効果はあったようですが。
やはり春先になったら再度やり直しかな・・・。難しいなあ。
[PR]

by simataku1 | 2005-02-02 20:04 | ジムニーFIS※ | Comments(3)