トップ

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

■代車記13(ダイハツミラ)   

コロナがタイミングベルト交換のため入庫。代わりにコレを借りてきました・・・

'1996ダイハツミラ660TGセレクト(3AT)
b0003526_057163.jpgスズキの代表車がアルトなら、ダイハツの代表車はこれですね。アルト同様、背高ワゴンのムーヴにお株を奪われて久しいですが、ベーシックな軽自動車として今だ健在。特に現行バンはポテンシャル&クォリティが高く、愛好家が存在しているほど。
今回のモデルは新規格になる前のモデル(L500系)。装備の具合からするとお買い得グレードの一つのようです。同時期のアルトに比べると平凡なコロンとした丸いデザインですが、こういうオーソドックスなジャンルはこれでいいんじゃないかと。実際、視認性はえらくイイですし・・・個人的には新規格になった次のモデル(L700系)のデザインバランスが好きです(・∀・)
b0003526_0573617.jpg
内装は前に紹介したアルト同様、集中ドアロックパワーウインドウなど必要なものはきちんと装備させてます。
・・・ただ、アルトに比べるとコストダウンがあからさま杉。
例えば、運転席のパワーウインドウスイッチ台座は4ドア用をそのまま流用し、空きスペースをコインケースで誤魔化したり、真ん中の空調噴出し口は運転席/助手席で分離しておらず一体で動いたり(横方向には各自動きますが)
連中にはこれでいいでしょ?」感がチラホラと感じたり感じなかったり。

走りも褒められたものではなく、どこかへすっ飛んでいきそうなくらいボディとシャーシの連携がバラバラ。スタビライザーが入っているはずなのにコレとは・・・いくらベーシックなお買い得モデルとは言え(´・ω・`)ヒドス
エンジンがブンブン回るのが救いですが、この時期の軽自動車って往々にしてこんな程度なんですかねえ。

これにて同世代のアルト・ミラ・ヴィヴィオと乗ったことになりますが、今の所ヴィヴィオが頭一つ抜き出た印象。残すはトゥデイとミニカくらい?

□7/1追記
コロナはやや重症のようです_| ̄|○

・タイミングベルト死亡
・オイルポンプからオイル漏れ
・シリンダープラグホールからのオイル漏れ
・インナードライブシャフトブーツ破損
・エンジンマウントブッシュ死亡
・助手席ドアロック作動せず


・・・とりあえず一通り治してくれるらしいですが、もはや購入価格を超える修理金額が投入されていたり。
(一部塗装→オーバーヒート修理→ラジエーター交換→ハブボルト交換など)
来年は車検なんですが、いよいよどうなるか不透明になってきました。
10万km超えるとボロボロ逝き始めるって本当ですねえ。
[PR]

by simataku1 | 2006-06-29 00:59 | 代車記 | Comments(2)

■代車記12(ホンダフィット)   

ジムニーが事故入院したので、代車を手配しました。母親の要望で小型車を選択。・・・まあ保険の範囲内で借りれるのはこれだけだったのもありますが。

'2005ホンダフィット1300A-4WD(マルチマチックS)
b0003526_1912165.jpgロゴキャパといった不遇の時代を経て2001年にセンター(燃料)タンク方式という常識を覆すシャーシで現れたコンパクトカーの代表車。爆発的ヒットにより、今や見かけない日はないと言うくらいに売れまくっています。曰く、超がつく優等生的存在。

代車で来たのは、量販グレードのAという車種。ただし量販グレードといえども、他社では省きがちなチルト機構タコメーターリヤのヘッドレスト等のポイントを押えてあるのが立派。
こういう部分こそ量販&廉価でも省いちゃダメだと思いますし。

外観は説明するまでもなく。後期型になり細部で変更はあったものの、登場時から大きな変更はありません。逆にいうとそれだけ完成度の高いデザインなんでしょうね・・・少しはスバルも見習って(ry
b0003526_1938626.jpg
内装も個性的ではあるものの、利にかなった使いやすいデザインをしています。むろん装備も十分すぎるほど。なんというか「かゆい所にきちんと手が届いてる」とでもいいますか。
さらにはCDプレイヤー(オプション)が付くと外部端子(AUX)も装備されるらしく非常に現代的。しいて言えばプラスチックのシボのつけ方があざとすぎるくらいしか思いつきませんでした。いやはやクォリティ高(^ω^;)ス

走りはというと。
4WD、しかも一部では評価が低いリアルタイム式なので走りは期待してなかったのですが、これも見事に予想を裏切りました。CVTと相まってスムーズな加速感、そしてリニアなコーナリング性能+それでいて静かというまさに文句のつけようがありません・・・冬に乗っていれば違った感想を持ったんでしょうが、やや堅めの味付けが好きな私は思わず「う~ん」とうなっちゃったくらいにして。
これでMTだったらかなり楽しそうな。

それまで「( ´_ゝ`)フーン」と興味がありませんでしたが、いざ乗ると評価がガラッと変わっちゃいますね。こりゃ確かにめちゃくちゃ売れるはずです。
悔しい事にLTD号が前時代的にすら感じてちゃったりorz

(2WDに限って)フィットとNAインプレッサで迷ってる方へ。
フ ィ ッ ト に 汁 w
[PR]

by simataku1 | 2006-06-24 20:44 | 代車記 | Comments(3)

■側突事故   

母親から電話が。・・・何やら、ぶつけられたようですorz
b0003526_20552888.jpg
狭い(と言っても中央線のある所ですが)道を走行中、横道から出てきた車にドスンと。お互いスピードを出してなかったらしいので大事には到りませんでしたが、哀れジムニーは左ドアを中心にサイドガード完全破損、およびアルミホイールを一部削る事態に。特に被害が大きかったドアは、下部が押されたらしく微妙にくの字に('A`;)ウワア

相手さんは「路駐車がいて見えなかったとはいえ不注意でした・・・」と平謝り。母親も大丈夫とのことなので物損扱いで警察&保険屋さんへ連絡し終了。自走が可能だったのは幸いでした。・・・しかし、ジムニーは軽の中でも特に丈夫とは聞いてましたが、身をもって体験するとありがた~く感じますね。

ちなみに押されて「くの字」になったドア。そのままだと上部から雨が入るだろうということで対策を考えていると・・・

J( 'ー`)し「サランラップで塞げばいいじゃない」

とのお言葉。おおせのままに、今はラップで塞がれてます。
[PR]

by simataku1 | 2006-06-21 21:22 | ジムニーFIS※ | Comments(2)

■【マイナーチェンジ】インプレッサ   

G型が登場しました。ターボモデルは小変更に留まったようす。もちろん今回もおまちかねのNAモデルを中心に紹介(・∀・)
b0003526_18453536.jpg
基本的には熟成されきっているので変更はありませんが、事前情報のとおりDOHCエンジン搭載モデルが追加されています。グレード名はR
顔つきも旧i-sに準じて、WRXバンパーが採用になっています。さらに嬉しい事にセダンにも設定が!見捨てられてたわけじゃないのね・・・あんまり売れないだろうけど、スバルの中の人の善意(?)に感謝(´Д⊂
Rグレードは

・新開発DOHC-AVCS(可変バルブタイミング)付エンジン
・電子制御スロットルの採用
・環境性能★★★★取得


が大きい特徴かと。
またトルクが従来型に比べ、中低速よりになっている模様。残念ながらキャラクターがかぶるi-sが廃止されていますが、装備的にはオプションパッケージで対応設定&細分化されているので一安心。
b0003526_1965999.jpgAパッケージ
・16インチ(205/50R16)ホイール
・フロント:15インチディスクブレーキ
・リヤ:14インチディスクブレーキ


S/AパッケージはAパッケージに加え
・ホワイトルミネセントメーター
・バケットシート


が装備できるようになっています。パワーが上がったとはいえ16インチホイールはやりすぎ感が否めませんけど。
ちなみに従来のi-s並にしようとすると、S/Aパッケージまで付けないといけないということになります。
ただ旧i-sのAWD/ATモデルと比べても2万円くらいしかUPしていないので、新開発エンジンが載っていること+グリーン税制で購入時の自動車取得税が安くなることを考えれば、かなり上手く押えたなあという印象が。

時代の流れからかATのみ、しかもスポーツシフトも無しという寂しい内容ですが、R2やレガシィの年改の流れをみると
○売れる→レガシィ2.0iのようにMT追加(・∀・)
×売れない→R2-SのようにいつまでもATのみ('A`)
・・・ということも、さもありなん。
とかく今回のマイナーチェンジは「次期モデルへの布石としてのDOHCエンジン追加」が強いと感じるので、次期型NAインプレッサにDOHC+MTが設定されるか否かが、G型以降の売れ方にかかっているように思えてなりません。

でも一番イヤな「FFのみMT有、AWDはATのみ」という展開になるだけは避けて欲しいなあ・・・泣くに泣けない(´・ω・`)
[PR]

by simataku1 | 2006-06-19 19:41 | スバル情報 | Comments(32)

■【特別仕様】インプレッサWRXSTI-Aライン   

インプレッサのマイナーチェンジと同時に、ターボモデルにも特別仕様車が登場しました。価格は344万円
b0003526_18132798.jpg
ベースはWRXSTI。そこに専用シートSTI謹製アンダースカートフォグランプを装備。また、その他の内装の細かい部分はかなりS204を意識しています。その割にはベース価格よりも約4万円高い程度ですから
WRXSTIだとちょっとイメージがやんちゃすぎる」とか
S204が欲しかったけど、高すぎた
などという人には大人な雰囲気な上、お買い得ででよろしいかと。ちなみにサイドエアバックも標準装備してますから家族向けにも言い訳納得できそうな。今後はきっとこんな風に「サイドエアバック付」が売りになってくるんでしょうね。

b0003526_1825213.jpg個人的に気になったのはAラインで初採用になったリヤリップスポイラー。これ、かなりツボなデザインですねえ。価格次第では装備するNA乗りの方々が増えそうな予感。
正直、私も欲しいですw

しかし、こうなるといよいよ素のWRXの影が薄くなってきましたね。他グレードに対するアドバンテージはATがある(4速ですけど)ということと、価格の安さくらいですか。250psで248万ですから1馬力=約1万円は安いなあ・・・
[PR]

by simataku1 | 2006-06-19 18:34 | スバル情報 | Comments(2)

■【噂】DOHCエンジン-EL15   

ほぼ確定になったG型インプレッサの続報です。
b0003526_1342880.jpg
国土交通省の資料によるとEL15なる見慣れないエンジン形式が。多分これが、例のDOHCエンジンじゃないかと。
車両型式的にはFF→GGC/GDCAWD→GGD/GDDになるようで、想像通り環境性能をUPしてきてます。
・・・今までが配慮してなさすぎだったんですが('A`)
結果、★も4つ取得=グリーン税制に適応。
初年度の自動車税が安いのはいいですねえ。
ただし、DOHC化による重量増は免れない様子。今までのSOHCモデルに比べ軒並み10~20kg増になっています。まあ、これくらいであればパワーUP分と十分相殺できるので問題ないかと思われますが。

DOHCエンジンの追加で放置気味だったスバル製1.5Lエンジンも、ようやく時代に追いついた感があります。とりあえずG型発表を(0゚・∀・)ワクテカ
[PR]

by simataku1 | 2006-06-17 13:52 | スバル情報 | Comments(3)

■【ニューモデル】ステラ   

スバル第5の軽、ステラが発表されました。
b0003526_19243189.jpg
ざっくり言ってしまうと「R2にプレオの皮をかぶせた」とそんな感じです。実車(LX?)も見かけましたが・・・えらく地味です。
事前情報の通り、顔は2種類。ムーヴでいうと表ムーヴ/裏ムーブ(カスタム)みたいな関係ですね。グレードは
表ステラ:L&LX(FF/AWD)
裏ステラ:R&RS(FF/AWD)

の4グレード。特にRSはレギュラー仕様スーパーチャージャーなので経済的にも○。惜しむらくは全車i-CVTのみに割り切ってることですか。

私含め、MT大好き層は(´・ω・`)ガッカリですが切り捨ては仕方なし。狙いどころが主婦層ですし。ただ売れ方次第で「7速スポーツシフト付グレード」くらいは期待できるかもしれません。淡い期待を持って待ちましょう・・・
b0003526_19355626.jpg
内装もR2に準じていますが、シフトコンソールや椅子の形状は専用にリデザイン。色はベージュブラックの2種類が選べます。最廉価版以外のステアリング形状はどちらかというとサンバーディアスに近い感じ?

また助手席が倒れてテーブルになるユースフルパッケージ(オプション)も用意したり、各部ランプ関係を充実させていたり可も無く不可もなく普通な仕上がりで、かゆい所に手が届いている印象。まあディープなスバル好きの方々にとってはかゆい場所が違ったりしますがw
b0003526_1943193.jpg気になる後ろですが、並べてみると似てるような似てないような・・・。ムーヴに対してステラは下部分にボリュームをもたせている気がします。
ドアが90度開くとかはそれこそダイハツの専売特許でしたから、細かな部分で意識していないといったらウソですね。まあカイゼンになってればそれで良いんですが。

R1が今年中にグレード整理後→来年廃止との噂があるくらいスバル軽の不振はスゴイものがあります。しかしこれで立て直しができれば未来は明るい?
[PR]

by simataku1 | 2006-06-14 20:15 | スバル情報 | Comments(8)

■代車記11(フォードフェスティバ)   

友人がマフラー交換に際して、代車を借りてきたとのこと。例のごとく試乗会の始まりです。しかし実走32000kmって・・・LTD号より走ってないorz

'1993フォードフェスティバ1300J(4AT)
b0003526_19484283.jpg今は亡き日本フォード(オートラマ)からでていた、初の専用車フェスティバの2代目モデル。初代のスクエアな外観は評判が良かったですが、何を勘違いしたか2代目で2ドアクーペに大変身→失敗となり、完全なるデミオOEMへなった悲運の車です。
代車はその中でも廉価モデルのJというグレード。そこにオプションでパワーウインドウや集中ドアロック、リヤスポイラーを付けているところは初代オーナーの価値観がうかがえます。10連装CDチェンジャーまで付けてましたし。

外観は前述の通りクーペスタイルで、当時でもかなりリヤハッチが寝ています。その割にホイールベースが短いのでずんぐりむっくりといった印象に。同時期のファミリアNEOみたいで、個人的にはブサ可愛(・∀・)イイ!
b0003526_19584461.jpg
内装は当時のマツダ車同様、ドアパネルとダッシュボードが繋がった比較的ラウンドしているデザイン。操作系パネルはさすがに時代を感じてしまいますが、なんと生意気にタコメーターが標準装備!今や上級グレードにならない限りタコメーターなんて省略されるのに('A`)
また、ステアリングのシボの使い方も中々凝っていて、ウレタンとは思えません。う~ん、今のもろコストダウンだらけの車よりも誠実かも?

エンジンはマツダ製1300ccエンジン。のちにデミオでも積まれてますね。
車体が軽いせいかキビキビした感じがしますが、タイヤの小ささと腰高感が相まって、斜め前にふっ飛んでいく感覚がしたり。でも、ちょっと車高を下げつつタイヤを太くしたら面白そうな予感もします。それに今こそこのデザインが目立ちそうですし。

もっとダメなのかなあと思ってましたが、意外とまともで感心しました。流通価格は(デミオに比べて)安いですし、デミオ用パーツも使えそうな気がするので足にするには面白い一台かも。
[PR]

by simataku1 | 2006-06-02 20:28 | 代車記 | Comments(0)