トップ

<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

■ヴィヴィオいじり13(拡散型ウォッシャーノズル装着&フィルム剥がし)   

なんだかヴィヴィオネタが続きますがご勘弁を。

b0003526_1242836.jpg我が家の全車に装備している拡散ウォッシャーノズル。もちろんヴィヴィオにもつけようと思った次第ですが、いつの間にかWaitecのワイドジェットウォッシャー(実売900円)が近所から消えていました。
代わりに売っているのはミツバのワイドウォッシャー。素直にそちらをつけても良いんですが、3000円も出して買うのは趣旨に反するなあと思ったので・・・強硬手段を取る事に。

父のコロナに付けたモノを隙を見計らって強奪!元の水鉄砲式に戻しておきました。元々は私のモノなので問題はないかとw
とはいえ、さすがに前車リベロカーゴから使っている=劣化が激しいので、ストックの黒タッチペンで塗り塗り。
本当はボディ同色の赤系で塗りたかったんですが、退色し色が合わないため暫定仕様です。付け方はジムニーの回を参照。
とりあえず、これで気持ちよく使えるようになりましたがヴィヴィオのウォッシャータンク容量って少なそうな悪寒。1L入るの?

ついでに懸案事項だったウィンドフィルムを剥がします。
b0003526_1404569.jpg
酷い貼り方なのはともかく、内側から見た時の乱反射が激しいのでそろそろ剥がしてもいいかなと。ヨレヨレシワシワなフィルムは見るたびに微妙な気分になりましたし。

b0003526_1461153.jpg剥がし方は到って簡単。端から引っ張れば「ぐにゅ~ん」と剥がす事ができます。残った糊はブレーキクリーナー等で取ればOK。私は念のため水拭き&空拭きをしておきました。
防犯や遮熱を考えると、何かしらの代換フィルムは貼る事になりそうですが(エアコンが使えませんしね)冬期間はこのままで。

サイドウインドウ×2は濃い目の通常フィルム、リヤウインドウは貼りやすいメッシュフィルムが無難なところかなあ・・・
[PR]

by simataku1 | 2006-10-30 01:55 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(8)

■ヴィヴィオいじり12(ポジション球のイエロー化)   

フォグの取付ついでに、ポジション球をイエロー化することに。
「カッとなってやった。今も反省していないw」

b0003526_19204874.jpgヘッドライトをイエローバルブに交換した折にポジション球も黄色にしたかったんですが、何せMSCバンパー装備車はフォグとポジションが兼用タイプ。交換にはバンパーを外すことになるため躊躇していたのです。

・・・そこに今回のハプニング
どのみち外すなら交換しちゃおうと思うのは必然な流れになるわけで。

ポジション球は一般的な12V5WのウェッジタイプPIAAレイブリッグ等からもイエローバルブがでているようですが、またまたコイトハイパワーバルブをチョイスしました。やはり安さ(400円弱)には勝てませんw

b0003526_193997.jpgまずバンパーを外して裏返すと、フォグ裏が見えます。ポジション球を換えるだけなら右画像のコネクターを外して交換すればOK。
ちなみにフォグ本体は2ヶ所のネジ光軸(?)棒で支えているぽいです。
・・・取付穴に対してネジが1本足りない気もするんですが、まあ良し。

今回、フォグ球を換えなかったのは予算的な都合もありますが何よりH3a規格のイエロー球の少なさに泣いたからだったり。とりあえず確認しただけでも

・PIAAプラズマイオンイエロー(比較的売っていることが多いが高い)
・レーシングギアリアルイエロー(安いが品薄。通販は有)

の2種類くらいしかないようです。他の色のH3/35Wの球は売ってるのにorz
b0003526_21311978.jpg
フォグの事も気にしつつポジションを点けてみると、まあまあキレイなレモン色。ヘッドライトの黄色と相まって独特の雰囲気をかもし出しています。このスレッドでいう所の変態への道はとりあえずリーチといった所でしょうか・・・。

□4/19追記
b0003526_20103780.jpg車検に際して標準電球へ戻しました。このままだと違法ですし。
ところが、外すと黄色いコーティング色が飛んじゃってる様子orz
どおりで最近は電球色ぽかったわけです・・・あ。もしかしてこのまま車検に出しても解らなかった?


いっそポジション球は黄色くなくてもいいかな・・・
[PR]

by simataku1 | 2006-10-28 20:04 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(0)

■ヴィヴィオいじり11(フォグランプ修理・取付)   

頼んでいた部品が届いたので早速修理。

b0003526_18283543.jpg送り元を見ると石川県からはるばるやってきた様子。元々は平成4年式のヴィヴィオに付いていたみたいです。管理用のタグが
ビビオ 左フォグ
となっているのが、ソレっぽくていいですねえ。ボディ=ボデー、ディーゼル=ジーゼルですし。
ちなみに各バルブやコネクターアッシーが全てついてきたのは嬉しい誤算。

仮付してあるバンパーを再度外し(前スレッド参照)、自作フォグ風受け皿を剥がしてポン付け。念のためバンパー本体を取り付ける前に点灯チェックをしましたが、問題はないようです。これにて一件落着。
・・・しかし、あらぬ部分が目に入ってきました。
b0003526_18411752.jpg
オイル漏れキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
ポタポタ漏れているわけではありませんが、ヴィヴィオ(EN07エンジン)の持病ともいえる症状がでてしまっているようです。・・・まあ仕方ないですけど。
とりあえず某カ○サキのバイクのように
漏れているというのはオイルが入っている証拠
くらいに考えておきますですハイ。
[PR]

by simataku1 | 2006-10-28 18:46 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(0)

■フォグランプ破損   

朝起きると母から
J( 'ー`;)し「ちょっと!あんたの車が大変なことになってるわよ!?」との声が。LTD号か?ヴィヴィオか??と焦りつつ、駐車場へ向うと

無残にフォグランプが割れたヴィヴィオが・・・orz

b0003526_2238582.jpg聞くと、父が車を動かした際に誤ってアクセルとブレーキを踏み間違えたらしく、プラスチックボックスに衝突。曰く
(´・ω・`)「ブレーキ踏んでるつもりだったんだもん・・・
とのこと。勢いがなかったのか、ぶつかったものが良かったのか大惨事にならなかったのは不幸中の幸いかもしれません。初の事故が自宅敷地内なのは笑えませんけど。

修理に関する全責任は父が持つという条件の中で応急修理を開始。特にフォグランプは粉々になっているので取り外さなければなりません。割れたままだと危ないですから。(フォグはガラス製)
まずは、ヴィヴィオをいじる上で避けては通れぬフロントバンパー外しを行います。作業に当たってはこちらを参考にさせて頂きました。
b0003526_22574999.jpg
なんというか、びっくりするほど簡単です。サクサク外して10分程度でパカリと終了。何につけても簡単な作りだなあ・・・
ラジエーターなどへの影響はなかったものの、粉砕したフォグランプは裏の取付部が折れてしまっていて修復不可能。また、バルブ自体も先端が割れてしまっていて再利用不可。う~ん、ヘッドライトに続いてフォグバルブも換えなきゃいけないようです。
・・・ヴィヴィオにはネタの神様でも降りてきてるんでしょうかw
b0003526_2351579.jpg
せっかくなので無事だった右側もチェックすると、何故かウインカーのコネクタ固定部が折れています。もしや今までに軽い接触事故でもあった?
折れるだけならまだしも、ウインカーハウジングに穴が開くような折れ方をしてたのでアルミテープで応急処置。う~ん、いちいち手間がかかる(´Д⊂

b0003526_2316829.jpg問題はフォグ本体。代換のフォグが手に入らないことには何も出来ないのですが、ぽっかり穴が空いているのも不恰好極まりない。そんな時、ふと家の中に目をやると鉢植えが。
「そういえば鉢受けでフォグカバーを作っている人がいたなあ」と思いだしたのでなんとなくバンパー穴にあてがうと

ちょwwwピッタリwww

さすがにテープ等で押えないとダメですが、当面誤魔化すことくらいはできそう。・・・ここでイタズラ心が芽生え、ちょっとだけ細工をしてみました。使ったのは前述のウインカー修理に使ったアルミテープ
b0003526_232205.jpg
遠めに見る分にはフォグっぽい出来にホクホク。まあコンロで作るポップコーンの皿に見えなくもないですけど。

しばらくはこの状態(スモール&フォグ使用不可)で、バンパーを仮付し放置予定。一応、父には責任をとってもらい
「(中古でもいいから)フォグランプを要求するニダ!
と言ってありますが、あまり期待できそうにない雰囲気。だって新品は高いですし、中古も無さそうですし。どうしましょ(´・ω・`)ショボーン

□10/25追記
色々手を尽くして、全国レベルで(!)中古品を探し出したようです。(父が)
価格は送料込で新品の半額とのこと。オークションで買って送料を足すと同じくらいになると思うので、まあまあな金額ではないんでしょうか。

b0003526_20485188.jpg問題は一緒に欠けたフォグ球。てっきりH3の12V/55W規格だと思っていたら、W数の低いH3a(12V/35W)なるモノということが判明。また色々調べると35W→55W級に換えると熱をもつため破損や火災の可能性があるとも。

でも、カー用品店の規格表には
ヴィヴィオ フォグ球 H3
としか書いてないんですよね・・・どっちが正しいんでしょ。まあ、社外品の種類が少ない事には変わりないんですが。
[PR]

by simataku1 | 2006-10-22 23:42 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(5)

■ヴィヴィオいじり10(フロントスピーカー交換)   

1スピーカー状態から脱却を図ります。

b0003526_23102783.jpgヴィヴィオの純正フロントスピーカー(以下Fスピーカー)サイズは10cmアゼスト製とはいえ紙コーンのコストを抑えたシロモノです。ヴィヴィオのFスピーカーは12cmも入るらしいですが、今後の汎用性や価格を考え10cmサイズの安スピーカーを物色することに。

安スピーカーの代名詞といえばマックオーディオBMボッシュマン、レミックス等。その中でも比較的評判が良いBMボッシュマンの10cmスピーカー(B-403KS)が投売りされていたので即購入しました。デザインがちょっとアレですが、実売5000円弱(定価8400円)→2980円なら迷いはなし(・∀・)
何より純正のMAX30W→MAX100W+3WAYなのでマシにはなるかと。

付属の取付キットはタップを使い結線するようですが信頼性が?マークなので、メス端子&スリーブ(ゴムカバー)を使って配線します(+60円程度)
b0003526_23585594.jpg
-----【手順】-----

1:スピーカーカバーをはがし、純正スピーカーを外す(ボルト×3)

2:コネクタを分離し、車体側コネクタ配線を切断する

3:心線をむき、スリーブを挿入する

4:メス端子をつける(今回はシマ模様の配線に細い110型メス端子、もう一本は250型メス端子を使用)

5:交換するスピーカーに配線&スリーブでカバーし取付。(スピーカーによっては取付ボルト数を減らす事も有)。カバーをつける。

-----【完成】-----

取付に関しては配線が細いため、やや苦労するかもしれません。事実、私はメス端子2個を破壊しましたorz
また、今回購入したスピーカーはマグネット部が大きくデフロスタ配管に干渉しています。・・・力技で無理やり収めてしまいましたけどw
ちなみにスピーカー周辺にはLTD号に使った防水スポンジテープの余りを貼り付けています。この辺はお好みでドゾー。
b0003526_021998.jpg
交換前の経年劣化&1スピーカー状態と比べるのは難しいですが、値段の割にはマトモに鳴っている印象。個人的にはボリュームレベルが半減(Vol.20→Vol.10)しただけでも満足です。
普通に戻っただけじゃね?wwwワロス
というのは無しの方向で(´・ω・`)
[PR]

by simataku1 | 2006-10-22 00:37 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(2)

■ヴィヴィオいじり9(ヘッドライトバルブの交換)   

禁断(?)のイエローバルブにしてみました。これで私もキレンジャイ!

b0003526_0175937.jpg納車時についていたバルブは前オーナーが換えた青白いバルブ(4500Kくらい?)でした。HID風の発色ですが、これがまた雨の日に
点いてるのコレ!?
というくらい不安でして・・・。
特にこれからの季節は心配。
クリアに戻しても良いんですが、もう一歩進めてヘッドライトをイエロー化をすることにしました。(ちなみにH18年1月生産の車からはヘッドライトは白(電球色)のみになっているので注意)
何よりヘッドライトがイエローだと速そうなイメージがしたりしなかったりw
「清く貧しく」安いバルブを探していると、某イ○ンホームセンターにてWAKO製ブリリアントイエロー(110/100W)を発見。ゴールド系が多い中、純粋なイエローバルブは珍しいかと。ヴィヴィオのヘッドライト規格=H4で、お値段は1280円也。

b0003526_040375.jpg-----【手順】-----

1:ボンネットを開け、ヘッドライトのコネクターを外す(固着していてもハーネス線を引っ張らない事)

2:ゴムキャップを外す(TOP指定有)

3:U字の止め金具を外す(中心へつまむように)

4:バルブを取り替える

5:元手順で装着

-----【完成】-----

車いじりの登竜門的なバルブ交換ですが、突き詰めると奥が深いようです。NAヴィヴィオの場合、手がギリギリ入るので慣れれば5分でできる作業でしょう。整備性(・∀・)イイ!
交換は昼間だったので夜まで待ってライトオン。
b0003526_9543423.jpg
交換後の写真は少し補正してありますが、おおむねこんな色合いをしています。黄色というより混じり気のないレモンイエローといった感じかも?
往年のL70ミラTR-XXKGレックスMSCのようになりましたが、色温度が下がり非常に見やすくなりました。後は雨(雪)の日が楽しみです(・∀・)ニヤニヤ

問題は耐久性。安物バルブは品質にバラつきがあるので、どれだけもつか・・・

□4/19追記
ポジション球とは違いこのままでも車検は通るんですが、光量不足の懸念があったため一時的にクリアバルブへ戻しました。ライトユニットも劣化してる分、明るくはないですし。

手持ちにコロナから外したクリアバルブがあったので、とりあえず交換。
・・・あれ?(つд⊂)ゴシゴシ
なんかすご~く見やすいんですが(;゚д゚)
やはりイエロー化すると視覚的に暗くなっちゃうんですねえ。
[PR]

by simataku1 | 2006-10-19 01:05 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(9)

■異音完治   

スバルへ預けて2週間。ようやく退院してきました(´Д⊂
b0003526_22315978.jpg
最後の報告を貰ったきり連絡が途絶えていたのですが、無事帰還しました。原因究明を徹底的にしてくれたスバル販社の方々には感謝感謝です。
・・・もしや代車を貸りなかった=じっくり作業出来たのが、功を奏した?

b0003526_22372635.jpgさて気になる原因ですが、この件にコメント頂いたGDA乗りのhiroさんが仰っていた通り左リヤサスペンションが当たりだったようです。・・・という事はリヤウインドウまで剥いだのって無駄だっ(略)

もちろんリヤサスペンションは保証範囲なので無償修理。こういう時に「定期点検を受けてた甲斐があったなあ」と感じます。おかげで左リヤサスが丸ごと新品になっちゃったのは嬉しいんですが、対策ってしてあるんだろうか?再発したら泣くしか。

車を受け取り走ってみると、本来のしなやかで静かな足が戻ってました。異音が無くなっただけですがそれ以上に気持ち(・∀・)イイ!
ただこれで終わりではなく・・・剥いだリヤシートを着けねばなりません。

【*剥ぐ場合は以下の手順を6、5、4・・・と逆に行って下さい】

b0003526_22551757.jpg-----【手順】-----

1:シート背面を3ヶ所のフックに引っかける(リヤボードとの間にスキマできている場合ははまっていないので注意。)

2:左右シートベルトをシート背面前方に出す

3:ボルトを締める(×3)

4:シート座面をシート背面の真ん中にあるフックにひっかける(手を背面と座面の間に入れたままハメ込むと吉)

5:シートベルトアンカー&センターシートベルトをシート座面に出す(3つ)

6:ボルトを締める(×2)
-----【完成】-----

全てを取り付けて試走しても全くの無問題。これにて一件落着となりました。
私と同じようなことで悩んでたり、放置している方がいらっしゃったら保証が効いている内に点検に出す事をオススメします。私自身こういう事が起ころうとは思いもしませんでしたから。

しかしこれってリコールとかにならないのかしら・・・
[PR]

by simataku1 | 2006-10-14 23:18 | インプレッサ15i | Comments(6)

■お客様感謝デイ→オイル交換1   

LTD号の退院ついでに感謝デイに誘われました。

b0003526_21363587.jpgスバル車に乗って2年ですが、これが初めての感謝デイ。ちまたでは感謝デイ狙いで点検&オイル交換に来ている方も多いとか。本当は予約をしないといけないんですが、担当営業の好意で行ってみる事に。

LTD号はオイルの交換時期ではないので、納車1ヶ月で2000km走っ(てしまっ)たヴィヴィオに乗り換えディーラーへ。納車時に交換されてるかもしれませんが、管理のためにハッキリさせておいても良いかなと思いまして。
いやあ、普段の数倍の人が居てびっくり。特に奥様方が多いのは驚きました。
営業氏曰く「10ポイント点検はタダですからね」とのこと。
な~るほどw

噂に聞いていた通り活気がスゴい!
次から次へと車が出入りしていて営業からメカの人達、そして他店からの応援であろう人達総動員でめまぐるしく動き回ってました。そんな中、ヴィヴィオも特に問題なく10ポイント点検オイル&フィルター交換が終了。
ここで区切りとして、燃費を書いておきます。

▽69600km~71500km
15.4km/L→16.6km/L→16.3km/L→17.5km/L→17.3km/L

予想通りめちゃくちゃ燃費が(・∀・)イイ!
価格が下落してきたとはいえ、石油高騰の昨今これはありがたいです。
後は故障が発生しないことを祈るのみなんですが、フロントハブベアリングが怪しい音をたて始めてきてたり・・・
[PR]

by simataku1 | 2006-10-14 22:16 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(5)

■ヴィヴィオいじり8(小物装備)   

ついで余りモノ死蔵品でドレスアップしてみますw

↓画像上側のマップランプは私がカー用品店で初めて買った代物で、初代愛車のアトレーの時に装着していたものです。もちろんLEDではなく単なる豆電球。一応2色選択できますが、電球色/緑色は探しても出てこないでしょう。

ゆくゆくは全ての電球色を別の色にするので暫定仕様ですが、暗いヴィヴィオの車内ではいい感じのアクセントになりそうな。
b0003526_19584824.jpg
↑画像左下のミラーも死蔵品。
実は前オーナー装着のワイドミラー(平面鏡)をそのままつけていましたが、幅広だったのでサンバイザーが下ろせなく不便だったのです。対してストックから発見したミラーは240mmの曲面鏡。見える範囲は同じで、サンバイザーも下ろせるように。こんな所で役に立つとは'`,、('∀` ) '`,、

あとはLTD号につけたリフレクターが一枚残っていたのでペタリ。基本的に私しか乗らないので運転席側のみでOKでしょう。
意識はしてませんでしたが(ワイパー同様)ヴィヴィオは
清く貧しく
がコンセプトになりそうな感じ。
[PR]

by simataku1 | 2006-10-01 20:16 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(2)

■ヴィヴィオいじり7(フロアゴムマット加工)   

LTD号が入院しているので、その間はヴィヴィオがメインカーになります。
足(ゲタ)があるのに貴重な代車は借りれませんしね・・・。
せっかくなので、ヴィヴィオの気になる部分の加工&取付を行う事にしました。

b0003526_19102115.jpgまずはフロアマット。
当初はVIVIOロゴ入り標準マットが装備されてましたが、汚れが酷い&冬の事を考えて受け皿タイプのゴムマットに変更してあります。生地タイプは雪が溶ける→水を吸う→凍るんですよね・・・。

とはいえ汎用タイプなのでジャストフィットするわけもなく。一部が各オープナーの上に被さってしまい使いにくくてたまりません。またマットフック(ピン)が使えないのでマット自体もズレ、ペダル操作時に何度か引っかかった経緯もあったり。ちょっと(((;゚Д゚)))コワス

とりあえずオープナー部分に被るところを切り取ります。現物あわせで印をつけて適当に切り取れば終了。切り口はライターで炙るといいかもしれません。
b0003526_1922111.jpg
次にフック(ピン)用の穴を開けます。たまたま手元に革製品加工用のハトメセットがあったのでこれで純正ぽく仕上げてみようかと。

b0003526_1945661.jpg-----【手順】-----
1:位置決めする

2:ポンチで穴を開ける

3:ハトメをセットする(裏表に注意)

4:専用の工具で挟み、木槌で叩いて潰す

-----【完成】-----

非常に簡単なんですが、ハトメを潰すのが失敗すると(´・ω・`)ヌルポ。
親の敵のように思い切り叩きましょうw
・・・ただし、木槌で叩く際は音が響くので、夜間は避けた方が無難かも。お手軽な加工で解らない箇所ですが、使い勝手向上にはなりそう?
[PR]

by simataku1 | 2006-10-01 19:54 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(2)