トップ

<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

■コロナいじり8(メーター照明交換)   

車検から戻ったコロナですが、何やら「D」インジケータ球が切れてる様子。
丁度、メーター照明の暗さも気になってたので一緒に交換しちゃおうと。

しかし、何時ダメになるか解らない車ですからコストは押さえたいのが本音でして。手持ちの使い古し余りモノ、果ては別箇所を流用しつつ0円で仕上げてみることにしました。
b0003526_2211430.jpg
-----【手順】-----

1:メーターパネルの内側上の+ネジを外す(×2)

2:メーターパネルを外す(引き抜く感じで)

3:メーター本体の+ネジを外す(×4)

4:手前に引き、裏側のコネクタを外す(×3)

5:メーター裏の各バルブを取り替える(照明×4、ウインカー×2)

6:元手順で装着

-----【完成】-----

手順的にはジムニーの時とほぼ同じです。ややコストがかかった作りですが、作業自体は悩むこともなく。とりあえずメーター照明球は余っていた12V/3.4Wのウェッジ球ウインカーに使われていたキレイ目のウェッジ球へ入替。ぽっかり空いたウインカーには使い古しのLED球(1発)をいたずらで仕込んでみましたw
ここなら拡散云々は関係ないですし、抵抗の問題もおきないでしょう。

b0003526_2213061.jpgいざ、本題のインジケータ球を交換しようとすると・・・あれ?

電球が無い。

・・・正確には裏側からはアクセスできないようになっています。まさか完全にバラさないとダメなの?
これ以上は壊す予感がしたので、やむなく作業は中止。一体、どうやって交換するのか・・・皆目検討がつきません(´・ω・`)
b0003526_221386.jpg
照明は使用頻度がバラバラの電球で組み合わせたためムラがありますが、明るさのみで比べれば差は歴然。逆に「今まで見えてたの?」と思ったり。
LEDに換えたウインカー照明も心なしかキレ良く発光してくれてます。
作業としては不完全燃焼ですが、まぁまぁ満足。

なんとなく取って置いた電球もたまには役立ちますねえw
[PR]

by simataku1 | 2007-06-30 23:12 | コロナ※ | Comments(0)

■ヴィヴィオいじり33(ヘッドライトバルブの再交換)   

車検後、元に戻しておいたんですがやっぱり切れちゃいましたorz

b0003526_21321270.jpgとりあえずコロナから外したバルブを付けましたが、案の定スゴイ発熱・・・
ムラタイエロー恐ろしい子 (((;゚Д゚))) 
ヴィヴィオの貧弱な電装ではコネクタが溶けそうだったので急遽、新バルブを購入せざるを得なく。もちろん狙うは黄色系です。

・・・が、安価なイエローバルブがどこにも売っていません。あっても高杉。仕方なくゴールド系で一番安かった(924円)ワイド社クリアトレーサーゴールドエクストリームホワイトでお茶を濁すことにしました。
ゴールドなのに「ホワイト」と言うのがアレですがw

b0003526_14393857.jpg交換方法は前回に詳しいので割愛。さくさくと交換し点灯すると、若干緑が入った薄いレモンイエローといった具合。特にヘッドライトのフチに緑色が集中しています。
う~ん、こりゃ車検には通らなそう('A`)

ただし明るさは、前バルブ(WAKO)と同等かちょっと上。もしかするとメインはこれくらいの明るさがバランスが取れているのかもしれません。

これとて安物に違いないですから寿命も押して知るべし。寿命が長くて黄色いのを選ぶと行き着く所は古のイエローキャップ付バルブ(通称:提灯イエロー)になっちゃうのかなぁ。
[PR]

by simataku1 | 2007-06-28 21:47 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(0)

■ヴィヴィオいじり32(リヤスピーカーブラケット交換)   

ようやく4スピーカーに戻りました(´Д⊂

b0003526_19182394.jpg納車すぐに分解→破壊してしまったリヤスピーカーブラケット(バッフルボード)ですが、ふと「部品手配はできないのかな?」と思い立ち注文してみることに。ちなみに市販のMDF製バッフルボードは2~3000円くらいですので、それくらいはするのかなと思いきや・・・

1個540円

こりゃ自作したりプラリペアを買うまでもないなと即購入。あまりの安さに勢い余って1個余分に注文しちゃったり。(部品番号:86331KC000 BRKT SPEAKER)

-----【手順】-----
1:リヤスピーカーの配線を外す

2:ボードとスピーカー(+カバー)を分離させる(片側×ネジ4本)

3:スピーカーとブラケット(バッフルボード)を分離させる(片側×3本)

4:ブラケットを交換する

5:逆手順で戻す
-----【完成】-----
b0003526_19183167.jpg
新旧を交換するだけなので作業は簡単。ただ、作業途中でブラケット部の取付穴が無くてもスピーカーとボードは固定できることを発見・・・まぁ、グラつくのは確かなので交換するかいはあったと信じたい(´Д`;)

残念ながらボードが邪魔をするため、モノが積みにくくなりましたが日常使う分には問題なし。これでだいぶ元に戻ってきた?
[PR]

by simataku1 | 2007-06-24 19:18 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(2)

■代車記17(トヨタチェイサー)   

コロナが車検なので代車を借りてきました。

'1994トヨタチェイサー2500アバンテFore(4AT)
b0003526_19424486.jpg今回借りてきたのは今は亡きチェイサー。マークⅡ三兄弟(マークⅡチェイサークレスタ)の中でもスポーティなイメージで売りだし、特にJTCC末期で活躍した姿を覚えてらっしゃる方も居るかと。代車は歴代の中でもバブル時代の臭いを残す、5代目後期のアバンテForeなる4駆グレード。ただ、このモデルに関してはマークⅡの方がスポーティなイメージがありましたが・・・

外装は年配の方が好みそうな色合いですが、ボディ全面にガリ傷が走っている悲惨な状態。似合わない3本スポークホイールが一層「代車感」をかもし出しています。こういう車には純正が一番似合う気が・・・もしくは鉄っちんとか。
b0003526_19425712.jpg
内装は車格相応な雰囲気。シートもふかふかですし、各スイッチも配置&文字が解りやすい。また、今でこそ珍しくない足踏み式サイドブレーキを採用し、センターコンソールに大きく収納スペースを稼いでいます。解除方法もレバーで別に行うタイプで(間違い防止?)ちょっと感心。

ちなみに走りはちょっと前までのトヨタ車そのもののセッティングで、アクセル一つでドカンと発進し、ブレーキをかければギュンと効く大味なもの。
う~む、この瞬間がトヨタ車だねとw
意外だったのは、大きい車体の割に取回しが良かったこと。正直「安易なコンセプトの車でしょ?」とタカを括ってましたが、購買層がどんなものを求めているかよく練られているなあ。この時代のは好感がもてたのに今は・・・(´Д⊂

□6/20追記
コロナの状態を診てもらった所、危なそうな部分はあるものの大問題はなさそうです。車検に通すだけはなんとか出来そう・・・
さすがに換えたバルブは×でしたけどorz

後は何年続投できるか・・・
[PR]

by simataku1 | 2007-06-19 19:43 | 代車記 | Comments(0)

■代車記16(スバルプレオ)   

ヴィヴィオから異音が発生orz
大事をとってディーラーへ受診したものの診断が難航し、代車を借りざるを得なくなりました。あげく「原因不明」って('A`)

'2007スバルプレオ660F-AWD(i-CVT)
b0003526_21291270.jpg急いでいたので「何でも良いよ~」と言うと出てきたのがプレオFのAWD+i-CVT仕様。外装はバンみたいですが一応乗用グレードなのでパワーウィンド等の装備は最低限揃っていました。・・・そういえば実車のプレオに乗るのはこれが初めて。否が応にも+(0゚・∀・)+ワクテカ+

縦横共に広い室内は、あちこちにヴィヴィオの名残らしきパーツ(ドアノブやハザードスイッチ等)が使われていて違和感を感じません。どちらかというと落ち着くくらい。ダッシュボードの質感もハッキリ言って安っぽいですが、変に誤魔化そうとしてない分いさぎよく好印象です。
何よりエアコンが効くって素晴らしいなぁ(´Д⊂

コラムシフトをDレンジに放り込むと、発進→加速こそうるさいですが後は静かなもので。CVT特有の「ミューン」という高周波音も慣れれば問題ないレベルでしょう。取り回しもスクエアな車体と相まって街中では走りやすく、タワーパーキングにも入庫できる車高はまさにコミューター。
さすがに人馬一体感はヴィヴィオが上ですけど。

皮肉にも今月で乗用モデルの生産は終了ですが、販売から10年弱経っているにも関わらず完成度の高さが素晴らしい。
ヴィヴィオは原因が掴みきれぬまま、なんとか退院してきましたが・・・次期候補としてちょっとグラリとキたりw
[PR]

by simataku1 | 2007-06-13 21:33 | 代車記 | Comments(8)

■【マイナーチェンジ】R1/R2   

ついに統合&簡素化され始めましたか・・・予測通りとはいえ寂しい(´・ω・`)
スーパーチャージャー付を残してくれただけでも感謝すべきかな?

b0003526_22552392.jpgまずはR1。i、R、Sの3グレード体制をRとSのみに絞りSOHCエンジンのiは廃止。グレー&黒の内装は落ち着いていて好きだったんですが、売れなかったんでしょうね・・・。R1に関しては指名買いが多そうですから、下位グレードをわざわざ選ぶ人は貴重だったのかも。
またA型から続いていたメインカラーの「ベリーレッド」も→「ベリールージュパール」へ変更。単に縮小だけじゃないですよ~というアピールなんでしょうか。ただ月産販売計画(150台)を考えると何も言えなくなりますが(・ω・`)

b0003526_22553498.jpgメインストリームをステラに奪われて久しいR2もグレードを整理。最廉価版であった「i」はさらにお安く(MT2WD:84万→76万強)「F」へ名称変更。リヤワイパーレス、オーディオレスはもちろんドアミラーも手動(鏡面は電動)無塗装へ。ACソケットも廃止し、オプションもほとんど付けれませんorz
あくまで値下げモデルであって、きちんとした装備が欲しい方はこれまた新設されたF+をご購入下さいということでしょう。
さらに特別仕様車であったRefiがグレードモデルに格上げ。ベースはF+相当ですから車体色の好みやHIDが付けたい場合はこちらを選ぶと良いかも。

残念なのはDOHCモデルであるタイプSRは完全消滅し、RからもMTが消滅。MTを選ぶにはFもしくはF+のみになってしまいました。
プレオRS末期のように「SCモデルにもMTが設定されないかなあ」との願いも、タイプSですら内装をR1と共通化した状況(コストダウン?)ではさすがに無理だったみたい。

この流れを見ると来年の年改でR1消滅、R2タイプSの消滅は免れないかもしれません。しかし噂によるとプレオを販売終了しR2バンが出るとか出ないとか。もしかすると意外な生き残り方をしたりして・・・
[PR]

by simataku1 | 2007-06-12 22:56 | スバル情報 | Comments(3)

■車検見積   

車検まで1ヶ月を切ったので見積をしてみることに。
早いもので、もう3年経っちゃったんですね・・・(´・ω・`)

■インプレッサ15i:2004年登録(現在走行距離:54500km)
b0003526_2142211.jpg
初回の車検内容としては妥当かなと。ちなみに自賠責は任意保険に加入をしている所で入るので別払い=見積の中には入っていません。
この中で省くならば交換済のオイル&フィルターくらいですか。細かく言うとスチーム洗浄や妙に高いブレーキクリーナーが気になりますが、そこまで注文する必要があるのかと言えば疑問。

痛いなあ思うのはリサイクル料金。LTD号は施行(17年1月以降~)前に買ったので未払いだったんですが、意外にお高い・・・。名前はご大層ですが、何に使われてるやら。それら法定料金を加算した総額が↓
b0003526_2142109.jpg
金額もディーラー車検なら普通かなといった具合。安くあげようと思えば方法はありますが、特別保証が残ってますからねえ・・・
問題は延長保証を付けるか否か。1万円ちょっとでこれまでと同じ保証が付きますが、内容がイマイチ魅力に欠けるのも事実。

同じ1万円ならLLC(冷却水)の交換とかを頼んだ方がいいのかななんて。
う~ん(´Д`;)

□6/24追記
上記見積もりを踏まえて、要らない作業を省いた最終案を提示しました。
こちらからの要望に対して

×スチーム洗浄→セットなので省けずorz(付随してENGクリーンも省略不可)
×下回り防錆塗装→省略OK(後日DIY予定)
×フューエルクリーン→省略OK

といった結果。その代わり、後日に延長保障に入るという形で決着しました。(車検後30日以内なら加入できるので)またENGクリーンはサービスしてくれるとのこと。ありがたや~
延長保障に入るので結局最初とほぼ同額ですが、これが落し所でしょう。

お財布はかなり軽~くなりますが、面白い(?)代車を手配したのでちょっと楽しみですw
[PR]

by simataku1 | 2007-06-10 21:43 | インプレッサ15i | Comments(3)

■試乗記24(スバルインプレッサ15S)   

もちろんメインディッシュは15Sですw
b0003526_21404270.jpg
GHよりEL型DOHCエンジンのみに統一されましたが、ラインナップは一番揃っているかも。事実、メーカー側はこのクラスにチカラを入れていきたいようです。詳しいアピールポイントは他所におまかせするとして、今回は私視点で気付いたことを。
試乗車はGパケⅠにHIDが装備。先代だと営業車的でしたが、白色(パールホワイト)もなかなかイイ感じ。GHは淡色系の方がリヤテールとの兼ね合いで似合うのかもしれません。

b0003526_20352126.jpgベージュ内装は同時に試乗した20S等よりも広さと明るさUP。ちなみにボンネットの見切りは少し悪くなりましたが、ウォッシャーノズルがイイ具合に目安になりそうな感じ。ただ、人によってはウザい存在にしかなりませんけど。

残念なのはダッシュボードからソフトパッド処理が消えてしまった事。私がLTD号を選んだ要素の一つでしたが、コストダウンの波には逆らえなかったか・・・(´Д⊂
ドア内張もその一つで、布張り&ソフトパッド部分がひじかけの一部のみに。全体的なプラスチッキーさは否めません。ポケットの形状も改善された上、掃除し易いんでしょうけどねえ。

b0003526_2046483.jpgその分、各部の高級感をUPしルームライトは天井とツライチにしたり、手すりも格納式へ変更。車内への出っ張りを押さえて広さを稼ぐ意味合いもあるんでしょう。

さらにグローブボックスにもダンパーを装備してゆ~っくり開くような仕掛けが。こういうスローモーション機構はなんとなく高級感が演出できますが、必要かいえば不明。
特によく解らなかったのがリヤドア下部にあった凸金具。車体側にも凹があって組み合うようになってますが、これが何の意味合いなのか?剛性感向上とか?

b0003526_20563331.jpg先代に比べ明らかに足元が広くなった後部座席も、倒すとなかなかの容量を確保できてるのではないかと。

リヤゲートがゆるく傾斜しているので天地は稼げませんが、日常生活で使うには十二分。リヤサス形状の見直しは一般の方々には地味ですが、横方向へ張り出しが少なくなった事は解りやすくて良いですね。
15Sの乗り味はどうかって?え~と・・・ご安心ください!

世界一遅い1.5Lは健在です。

EJ→ELになったことによりエンジンのガサツさは減りましたが、回す気分にはなれません。ベストバランスの20Sではなく、あえて1.5Lを選ぶなら「MT」か「ATのスポーツモード」でお楽しみ下さいとしか。もし私が選ぶならもちろん!

1.5Lですけどねw
[PR]

by simataku1 | 2007-06-10 21:42 | 試乗記 | Comments(13)

■試乗記23(スバルインプレッサ20S/S-GT)   

LTD号の車検見積ついでに、新型(以下GH)を見学。
色々な所で情報がでてるので今更ですが、実車を前にするとイイ具合にまとまってるじゃないですか。結局また写真写りの問題だったわけね(´Д⊂

展示車をぐるぐる舐めるように見ていると担当営業氏から「どのグレードも乗れますよ」と嬉しいお誘いが。こここ、こんなチャンスは滅多に無い!と二つ返事でOKしました。しかも調子に乗って全グレードに乗るという要望までもw
b0003526_21383128.jpg
1台目は20SのGパケⅡ。大柄なGHの車体には16インチホイールの方がよく似合います。ブラック内装はやや圧迫感があるものの明らかに先代GG/GDより広さを感じました。インパネの(羽を模した)デザインも関係しているかもしれませんけど。

走行性能は車格とエンジンがベストマッチしているのかスルスルと走れます。また懸念していた4ATもアクセルに応じて反応が非常に機敏。軽自動車で言われる「4ATより意外と3ATの方が良い」という言葉を思い出してみたり。
価格・装備・そして2Lエンジンの積むことによるアドバンテージ(優位性)を考えても、歴代2LNAインプ乗りが口々に言う
ベストバイは2LNA
という言葉もウソでは無いなと。
15SのAWDと比べると30万弱の差でコレなら悩みますね。出来が(・∀・)イイ!
b0003526_21384882.jpg
2台目はWRX改めS-GT。試乗車はCパケⅡ+スポーツパッケージ付きのほぼフルオプション仕様。17インチホイールを始め、専用リヤバンパーバケットシート果てはプッシュスタートスイッチまでが装備されています。
営業氏曰く「ついついWRXって言っちゃうんですよねw」と言うくらいですから、イメージは完全には払拭されて無い様子。・・・まぁ、先代もWRX-NA/NBや20K等にグレード名を換えたもののあっさり元に戻りましたから仕方なし。GHもどこまでこの名前が浸透するやら。

ただ、実際の乗り味はそれまでのガツンと利くようなターボではなく、ググッと効くような感じ。まさにレガシィGTの乗り味をそのままインプレッサに当てはめたと言ってもいいかもしれません。こちらも20S同様AT仕様でしたが、MTならもう少し元気なのかしら?
後にSTIを控えている状況では指名買いは少なそうですが、デビュー当初のイメージリーダーとしては及第点かなと。

S-GTはともかく20Sの完成度&バランスの良さは素晴らしいの一言。A型でこれだと以降のアプライドモデルの煮詰め方が楽しみですねえ。
[PR]

by simataku1 | 2007-06-10 21:40 | 試乗記 | Comments(0)

■試乗記22('06ホンダアクティトラック)   

実はタウンエーストラックを借りて楽しむ予定でしたが色々思うところがありまして。・・・やっぱりあのメーカーとは相性が合わないみたいですね。

b0003526_2225542.jpgそうなると必然的にホンダになっちゃう=アクティトラックになる訳で。何より平均相場(6時間:5~6000円)より1000円も安い上、基本が「日帰り設定」は(・∀・)イイ!

おおまかな説明は試乗記14で紹介しているので割愛。今回は積載能力を掘り下げていこうかと。
モデルケースは1人暮らしの引越しの場合。右画像は洗濯機、冷蔵庫等の大物を中心に2シーターソファーや折り畳みベッドを積んだ様子です。軽急便並に限界まで高~く積み上げた結果、なんだか昭和20年代の闇市帰りとかベトナムの市街地を走ってそうな感じにw

b0003526_22471194.jpgまた、日中で試せませんでしたが、仮に尻下がりになってもヘッドライトレベライザーがついてますし、見えにくい部分もアンダーミラーで補助できるので良いですね。乗用はともかく貨物にも義務化したのは正解。

さすがにこれだけ積み込むと発進や坂はキツイですが、私のヴィヴィオ(2人乗車時)と同等くらいのレベルで、グイグイ走っていきます。手伝ってくれた友人曰く
軽トラsugeeeee!」と。

ちなみに空荷時にヴィヴィオで(弟に)追走してもらった所、「付いていくのが精一杯(´Д`;)ハアハア」との談も。乗用よりも「積んで良し・走って良し」って・・・ポテンシャル高杉。
[PR]

by simataku1 | 2007-06-09 22:57 | 試乗記 | Comments(0)