トップ

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

■ヴィヴィオいじり51(STiステッカーはがし)   

普通のヴィヴィオに戻ります?

b0003526_20491672.jpg前オーナーが貼ったと思われる「STiエンブレム」&「ステッカー」は、ボンネット交換に際しエンブレムが通常のVマークへ戻りました。
残るサイド&リヤステッカーも、購入当初から「名前負けしそう(´・ω・`)」と思っていたので剥がしちゃいます。これで「グレード:STI」とか嫌がらせのように書かれたり言われなくw

作業はカッターでステッカーの端を持ち上げ、後は手でぺりぺりと。トレーサーは残ったノリ剥がしくらいに使用した方が早く仕上がりました。しかし、サイドのステッカーはともかくリヤの「Handcrafted&tuned by STi」のステッカー(STS025500040)は絶版品らしく、ちょっと勿体無い。偶然にも無傷で剥がせたので
b0003526_21491898.jpg
給油口フタの裏にこっそり貼り直してみたり。セルフスタンドが主流の今や、自己満足以外の何者でもありませんけど。

これで車外にSTiをアピールするものは全て消えました。
でも、なんか寂し(・ω・`)ス
[PR]

by simataku1 | 2008-05-25 21:53 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(15)

■【ティザー広告】エクシーガ   

東京モーターショーに出品されたエクシーガコンセプトが、ようやく6月17日発表決定した様子。軽撤退の暗いニュースの後、久々に明るいニュース?

・・・とはいえ個人的には完全に登場時期を逃しちゃったなあと。あと5年、いや10年早ければスバルの潮目が変わっていたかもしれません。かのホンダがそうだったように。
各社ミニバンを取り揃えた飽和状態の中に、あえて飛び込んでいくわけですからそれなりの飛び道具は必要な気がします。まさか「7シーターパノラマツーリング」=「屋根がグラスルーフなんです!」とかじゃあないよね(´Д`;)
b0003526_2323431.jpg
エクシーガはこれまで逃してきた既存スバルユーザーの乗り換え候補にはなる気がします。「多人数乗れないから候補にも上がらないメーカー」になる事態だけは避けれそう。

どういった形で登場するのか判りませんが、1ヵ月後を期待して待ちましょう。
[PR]

by simataku1 | 2008-05-21 23:44 | スバル情報 | Comments(6)

■インプレッサいじり58(リヤワイパーゴム交換)   

そういえば新車時から交換してませんでした。

b0003526_2318493.jpg頻繁に使う(夏用)フロントワイパーは一度交換してますが、(夏用)リヤワイパーは購入時のまま。
最近になってビビリ音が酷くなってきたので見てみると、案の定クセがつきまくってました。引っ張るとパリパリとはく離してくるし('A`)

セダンのワイパーは不要派と必要派が居るようですが、断然私は必要派。確かにフロントに対して使用回数は少ないものの、素早くクリアな視界を手に入れるにこれほど便利なモノはありません。特に冬季間は雲泥の差ですから・・・

b0003526_23165874.jpgケチケチコンセプトなヴィヴィオと違い、LTD号にはそれなりのモノを奢ってやりたいのでNWBのグラファイトワイパーゴムを奮発。(37.5mm=728円)
・・・ええ「奮発」なんです、私にとってはorz
実際、リヤ窓は撥水加工してあるので対応するゴムが良いだろうと。冬用のワイパーもスムーズで好印象でしたし。
これでまた数年は持ちますな(・∀・)
[PR]

by simataku1 | 2008-05-18 23:44 | インプレッサ15i | Comments(2)

■【限定仕様】レガシィS402   

有終の美。
b0003526_22534074.jpg
東京オートサロンに「Sコンセプト」として出展されていましたが、セダン・ワゴン共にそろって市販されました。受注期間は(2009年2月まで)で名前通りの402台限定セダン535万円、ワゴン549万円。ちなみにSTI仕様なので型式には「」の文字が入ることになります。

コンセプトモデルの内容そのままにタワーバーフロアバーピロ化でボディをしなやかに引き締め、ビルシュタイン+ブレンボの定番組み合わせにBBS製18インチホイール&タイヤで足周りもバッチリ。
外観はアンダースカートがついているだけに見えますが、実は左右各20mm拡幅した専用フェンダーになってたり。
正直、判る人にしか判らない演出ですねw
b0003526_22534887.jpg
もちろんエンジンも専用の2.5L(AVCS=可変バルブタイミング付)ツインターボ。地味目な外見に過激な中身というのは渋い!その上、SIドライブやVDCで電気的な制御で経済性・安全性も押さえてあり、フォーマルかつ過激なセダン&ワゴンという。

600万近い価格は乗り手も限定されてしまいますが、これが本当のプレミアム(特別仕様)かもしれません。先のマイナーチェンジでレガシィも最終型になったものの、BP/BLの最後を飾る金字塔的存在として、十分な内容なんじゃないでしょうか?
[PR]

by simataku1 | 2008-05-14 22:53 | スバル情報 | Comments(0)

■【特別仕様】インプレッサ15Sコンフォートセレクション   

理想的ですが、先代スペシャルの破格度を知っていると・・・
b0003526_025583.jpg
NAインプレッサ1.5Lにも特別仕様車が登場。
コラボレーション重視のビームスエディション(以下ビームスED)とはやや異なり、追加パッケージを単純にセット化したお買い得仕様です。
定番のGパッケージⅠ(本革巻ステアリング、本革ノブ、濃色ガラス、フォグ、オートエアコン)に加えて、Dパッケージ(キーレスアクセス・プッシュスタートボタン、テレスコ、イモビ)を装備し、HIDも装備。さらにAWDを選択すればコールドウェザーパッケージまでも付いてきちゃいます。オマケで消臭ルーフトリムマフラーカッターをプラスして、無印15S+各パッケージの価格から-2~3万お得という感じ。

また、色も20S設定のWRブルースパークシルバーコーラルオレンジ(ちなみにビームスEDはアクティブオレンジパール)が選べたり。まぁWRブルーに関してはニッポンレンタカー仕様で存在するので、厳密にはアレですが。

所詮A型。正直、お得感はまだまだ足りません。しかし、末期になるにつれお安くなるのはスバルの定説な訳で。あわてて買う必要もありませんが、買わない理由もありませんね(・∀・)ニヤニヤ
[PR]

by simataku1 | 2008-05-09 00:33 | スバル情報 | Comments(0)

■【限定仕様】レガシィアウトバック2.5XT   

限定2000台にふさわしい?

b0003526_0232145.jpg
レガシィの年改や特別仕様登場時は、アウトバックのみグレード名を微妙に変えてほぼ同じ内容でラインナップされるのが通例でしたが、今回は独自に2,5Lターボモデルを投入。レガシィシリーズの中でもやや上級に位置づけられている=装備は元々良い訳ですし文句のつけようがありません。
もちろん、件のアイサイトシステムの有無も選択可能。

b0003526_0233069.jpgその2.5Lターボエンジンも(微妙に仕様が違うものの)欧州で賞を取ったモノの様子。感覚的にはおそらく、先代フォレスターのStiグレードに相当することになるんでしょうかね。

実際、アウトバックの売りである最低地上高の高さを、わざわざ-25mmも低めた(200mm→180mm)所なんかはそのまんま。
さすがにWRブルーを安易に設定しなかった所は、車の性格を考えた故の結論かと。大人っぽいアウトバックにWRC云々のイメージは似合いませんし。

台数限定でお値段も347万円~と張りますが、心くすぐるキーワードが詰まっているので琴線に触れた方はたまらない仕様かもw
[PR]

by simataku1 | 2008-05-09 00:32 | スバル情報 | Comments(0)

■【特別仕様】レガシィ2.0iアドバンテージライン   

Bスポーツが消えた穴を埋めるべく。

b0003526_0211577.jpg
レガシィブランドを下支えている2.0iですから「グレードを整理しました~^^;」だけではアピールが弱い訳で。これまでの歴代特別仕様と同様、常に設定が必要になってしまっているのは、良くも悪くも仕方ないかなと。
ようするに「いつもの」と言うことですw

装備はエレクトロルミネセントメーターパワーシートパドルシフト等、毎度おなじみの装備を付けつつ素モデル+10万円でお買い得感を打ち出してきています。また、キセノンヘッドランプもポップアップウオッシャー付になっているので費用対効果的には末期らしい特別仕様。

ただ、仕様名はどうなんでしょ。アドバンテージ=優位性って日本人には印象が薄い気もするんですが。黒木目/茶木目が内装色で選べるならブライトンⅡとかで良い希ガス。
[PR]

by simataku1 | 2008-05-09 00:21 | スバル情報 | Comments(0)

■【マイナーチェンジ】レガシィ   

おそらく最後の年改。・・・というかF型まで造ったのは初めてじゃ?

b0003526_0155390.jpg
前回のマイナーチェンジで熟成しきった感がありますので、今回はグレードの整理と新システムの実験モデルという位置づけ。3Lと2Lターボを主軸に特別仕様で追加された2.5Lがカタログ入り。0.5L刻みのラインナップは判りやすくて良いんじゃないでしょうか。

ちなみに予想通り2.0Rを廃止し、2.0i-BスポーツもさようならSIクルーズ仕様も2.5iのみになっちゃいました。おかげで無印2.0iと2.5i(SIクルーズ含む)以外は全て300万の大台を超えた価格設定に。
次期型は一回り大きくなる噂もあるので、もしかすると2.5Lと3Lの2本立ての可能性=200万ちょっとで買えるレガシィ(セダン2.0i-MT:208万9000円)は最後な悪寒が('A`;)
b0003526_016735.jpg
また、アーバンセレクションで設定されたウォッシャー付キセノンヘッドライトがハロゲンヘッドライトの2.0iと2.0GTスペックB以外に標準装備され、VDC(横滑り防止&制御装置)も装備グレードを拡充。内装もグレード毎に黒/シルバー、黒/チタン、黒/黒木目、白/茶木目が用意されています。
しかし、廉価グレード以外のインパネ回りのごちゃごちゃ感はスゴイですね・・・なんだか目が回りそうなくらい一杯スイッチがついています。
私は無印2.0iか無印2.5iでいいやw

b0003526_0161983.jpg今回の目玉としては、かのADA装置を進化させたアイサイト(Eyesight)システム。ミリ派のSIクルーズと違い、フロント窓の上部に付けられた2個のカメラで運転状況を3D的に読み取りアクセル&ブレーキをコントロールするというモノ。取ってつけた感はともかく、試みとしては面白いなと。
しかし、雪国には向きませんねコレ。恐らくフロント窓に雪が積もって使い物にならないんじゃ・・・
まぁ、ガンダムよろしく「まだだ!たかがメインカメラを(略」と叫びつつ普通に運転すりゃいい話なんですけど。

□6/1追記
b0003526_16141923.jpgLTD号の修理待ちの間、アイサイトを体感してきました。車両はアウトバックXT
運転席に座ると思ったより圧迫感がありません。ちょっとゴツいサングラスホルダーとマップランプが付いている感じ。装置自体は基本は常時ONで任意でOFFできるみたい。

さすがに衝突軽減を試すわけにもいかないので(結局ぶつかることには違いないですから)ふらつき警告やAT誤発進を試そうとしたんですが・・・

全く反応しませんwww

というか、公道では試そうにも無理っぽい。営業氏曰く「荒っぽい運転の人なら反応するかも」と言ってましたが。あくまで不測の事態に備える装置=普通の運転をしている限りは意味をなさないということなんでしょう。

でも、試乗の帰り道に目の前で追突事故をみちゃうと「こういう装置も必要かもねえ」なんて。
[PR]

by simataku1 | 2008-05-09 00:16 | スバル情報 | Comments(5)

■【特別仕様】ステラLリミテッド/Rリミテッド&リベスタS   

50周年の節目に軽自動車撤退を決めたスバルですが、ソレはソレ。
きちんと特別仕様を出してきました。

b0003526_0103217.jpgまずは最廉価のL電動格納ミラーオートエアコンを装備させつつ、各ピラーもLXグレードよろしくブラックアウトした拡販モデル。さらにオプションでHIDを付ける事も可能です。
オーディオレスということを差し引いても、無印Lグレードから+4万円強でこれだけついて来るのはお買い得。

言うなれば、Lグレードアップパッケージの装備内容を、ポイントを絞ってさらにLXグレードへ近づけた感じかも。でもキーレスアクセスやスモークガラスよりもABSを標準装備させた方が良かったんじゃ?・・・まぁ、大多数は普段見えないモノに関心が低い=売りにならないのかもしれませんけど(´・ω・`)

b0003526_0105032.jpg続いてRグレードにも同じくリミテッドモデルを設定。
こちらは最上級RSグレード相当の装備(HID・独立3 眼エレクトロルミネセントメーター・本革巻ステアリングホイール&シフトレバー等)を惜しみなく投入し、NAながら雰囲気は十分。
またRS-SエディションにあったWRブルーを再設定し「Sエディションを買いそびれた」方や「SCは要らないけどRSの装備は魅力的」と二の足を踏んでいた方々にはベストなチョイスなるかもしれません。
当ブログ的に判りやすく言うと要は「ステラ版M300タイプS」ですw

b0003526_011327.jpgちなみにふと気付いたんですが、この本革巻ステアリングの形状ってステラ専用(Lグレード除く)のではなくR1/R2と同一のタイプだと思うんですが・・・。
個人的にステラ専用のステアリングはニギリが良くて非常に好感触だったのでちょっと勿体無いかななんて。

後席スライドや荷室フックを省略+オーディオレスではありますが、素+5万円なのでまあまあのお買い得度かと。ただ、あと+10万強で無印RSが狙えます・・・よ(・∀・)ニヤニヤ

b0003526_0122436.jpg最後はおまちかね、リベスタのスーパーチャージャー(以下SC)モデルがついに!
一部で聞こえていた
リベスタの外観+RSの動力(SC)があれば最高なのに(´・ω・)(・ω・`)ネー」
と言う声に答えてか、RSの装備内容をほぼそのままにリベスタへ投入。往年のプレオネスタRGみたいな感じですか。
そういえば、知人がステラRSを買う際に「リベスタ顔」への移植も一緒に見積もってもらってました。まぁ、結局+云十万くらいかかるとのことでえらく悩んでましたが、もしかして今頃涙目だったりして・・・?
b0003526_0124142.jpg
内装に関しては元々好き嫌いが出る配色(ブロンズ)でしたが、Sはさらにこだわりの専用シート表皮に・・・画像で見る限りなんというか渋すぎて悪趣味一歩手前?おそらく実物はそんなに酷くはないと思うんですけど・・・

ステラに関しては最後に登場した分、軽撤退ギリギリまで売ると思いますが、あくまで縮小をかさねつつフェードアウトしていくと予想されます。
価格が安くなってもR2-RのMTしかり、好みのグレードが無くなる可能性も大いにありうるので買いたくなった時が買い時でしょう。
[PR]

by simataku1 | 2008-05-09 00:12 | スバル情報 | Comments(0)

■不調   

b0003526_031444.jpgカルディナ亡き後、フル稼働中のジムニーが突然不調に('A`)
乗ると、ターボが効いた途端に
バリバリバリ!
爆音が鳴り響き、トルクが抜けてしまいます・・・。
爆音のよくあるパターン=マフラーの腐りによる穴かなと思ったんですが、リヤタイコ及びセンターパイプには穴は開いてない様子。
また、アイドリングや停止中にアクセルをあおっても症状はでないので、あくまで高負荷がかかった時のみ発症するみたい。
プロにも見てもらいましたが「すぐには判らないねえ」と首をかしげてました。
考えられるのは

・プラグホールからのオイル漏れによる失火
・EGR(?)の焼損
・エキゾーストマニホールドの破損

がありうるだろうとのこと。
11万km弱という走行距離からして何が出始めてもおかしくはないですが、いかんせんお高いのは勘弁して欲しいです(´Д⊂

とりあえず近日中に入庫予定ですが、おかげでヴィヴィオが繰り上がりファーストカーになってしまいました。こういう活躍の仕方をするとは思わなんだw

□5/13追記
知り合いの工場に入庫してきました。
残念ながら代車の都合が付かなかったため、特に借りてません・・・修理もいつ完了するか判りませんし。なので、現在我が家は「LTD号」と「ヴィヴィオ様」の2台体勢という異常事態に。
何せ12年落ち+10万km弱のご老体にファーストカーは酷ですから、予定を前倒ししてカルディナの代替車を決めないとマズいかも。

まだ先ですが、ジムニーの退役→代替も視野に入れねばならん罠(´・ω・`)

□5/16追記
戻って参りました。
どうやら故障ではなくマフラーの取り付け具合に問題があったみたい。一定の条件下でマフラーが共振を起こしてスゴイ音が出てたとの事。
こんなことってあるんですね・・・
[PR]

by simataku1 | 2008-05-08 00:49 | ジムニーFIS※ | Comments(2)