トップ

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

■【マイナーチェンジ】インプレッサWRXSTI   

STIもAT仕様がある時代に。
b0003526_22583997.jpg
ノーマルモデルに遅れること約4ヶ月、ようやくWRXSTIもB型になりました。とはいえ、色が変更されたりパワーシートを標準装備にしたくらいでほとんど変化はありません。今回の目玉はそれまでの17インチ仕様に変わり追加されたAT仕様Aライン」に尽きるでしょう。
先代AラインはポストS204的大人仕様な渋い特別仕様車でしたが、今回はエンジンを通常の2.0L(ツインスクロール)ターボから、2.5L(シングルスクロール)ターボに変更。ミッションはパドル付5ATと組み合わせています。排気量は増えたものの308ps→300psへパワーダウン&トルクも少々減っているので、ややまろやかな味付けにしているみたい。ランサーエボリューションで言う所のGT-A仕様と同じ感じですかね。

b0003526_22584880.jpg駆動系もSTIご自慢のDCCD→VTD-AWDへ換え、ブレーキも非ブレンボタイプへ。VDCもON/OFFのみの簡易型になっています。AT化に伴い、機関部を中心に思い切って装備を単純化している感がします。おかげで価格も53万安(!)の315万~とリーズナブル。
まぁ、削った装備も本気モードな方々以外には過ぎたるモノばかりな気もするので、9割を占めるであろう日常用途では無くても問題ないんじゃないでしょうか。その割に内装はレカロが選べずファブリック/合皮が標準に(オプションで無印本革)なるくらいなので、言わば敷居の低くなったSTIと思うといいのかも。

個人的に「STIにATなんてorz」と思う部分もあるので、せめてSTIの冠は外して無印WRXに留めて欲しかったなあとも思ったり。でも、等長等爆でない分「ドコドコ」と鳴るSTIにはちょっと心惹かれますw
[PR]

by simataku1 | 2009-02-25 22:58 | スバル情報 | Comments(9)

■休眠宣言   

景気のていまいと、みぞゆうの不況のせいだけではないんですけど。

b0003526_1828169.jpg悩み悩んで乗り続けようと決めたヴィヴィオですが、訳あって継続車検を取らずに寝かせることにしました。

お察しの通り、お財布具合が厳しいという理由もありますが、長い目で見て「車検をLTD号と1年ごとにズラしたい(ヴィヴィオ:4月、LTD号:7月)」のと、タイミングベルトの交換を始め、修理しなくてはならない部分が重なったので「じっくり治したい」という思いがありまして。
一瞬「廃車→買い替え」のコンボも浮かびましたが、ヴィヴィオに換わって乗りたい車も特になく、先立つモノもないので即却下。日本経済に貢献できず、すみませんごめんなさい(´・ω・`)
とりあえず来月一杯までは乗り回し、4月以降は実家で修理しつつ復活の時を待つことになります。何せ前科がある身。二の舞にならぬよう頑張ります・・・。

ちなみに4月以降は予備車のミニカが繰り上がり、足になる予定。ヴィヴィオ以上に「ないないずくし」で過走行な車ですが、今の時代こそ面白い車かも?
[PR]

by simataku1 | 2009-02-15 18:57 | ヴィヴィオM300タイプS※ | Comments(8)

■試乗記31(ホンダインサイト)   

友人のお誘いを受け、ホンダの期待の新作に試乗してきました。

b0003526_1195483.jpg実験的な初代とは一転、プリウスに真っ向から勝負するハイブリッド車を投入してきました。
まず注目すべきは189万~という安価な価格設定でしょう。プリウスと約44万の価格差(プリウス:233万~)は消費マインドが落ち込んでいても十分なインパクト。ディーラー曰く、平日発表でも20組以上の来店者が来たらしいので、その注目度の高さが伺えます。
さすがのトヨタも危機感からか、数ヵ月後に登場する3代目とは別に、現行型=廉価版として残して対抗するみたい。なんだか、旧スイフトがしばらく新型newスイフト(現行)と併売されてたのを思い出しますね。

外観をぐるりと見渡すと、オデッセイシビックを足してプリウス成分で割った感じのデザイン。5ナンバーサイズに収めた割にまとまってるかと。
ちなみに試乗車にはモデューロのエアロがついてましたが、えらく地味です。サイドスポイラーのウェルカムランプ(LED)の点灯が無い限り、付いているのさえ気づきませんでしたw
b0003526_120696.jpg
内装もコスト重視なのかフィットからの流用が多く、ややプラスチッキー。常識的な配置のコクピットにはアクセル開度で色が変化するアナログタコ&デジタルスピードの2段メーターが鎮座してますが、フリードのようにチルト具合によってメーターが隠れちゃうような事はありませんでした。シートの着座位置も乗用車らしく低めですし、見切りも斜め後ろ以外はまともな部類。
まぁ、後ろはおすすめのインターナビでご確認下さいということでしょうか。

b0003526_23449100.jpgさすがに走りは1.2tの車体に1.3Lエンジン(88ps)ハイブリッドだけあって、のんびりとしたもの。アクセルを踏み込んでもスピードメーターが真っ青に変化するだけで、ドンとは加速しません。通常の使い方をする限りは不満はなさそうですが、ここ一番は物足りないかも。
しきりにホンダの営業マンは
ホンダは走りが良いんです!」とか
プリウスに比べると楽しいはず!
と言ってましたが(´Д`;)

コンパクトな5ナンバーに税金の安い1.3L。経済的なハイブリッドなのに安価とくれば売れない要素がほとんどありません。不安なのは実績くらい。
個人的にハイブリッド云々抜きでも、乗用車として基本に忠実で真面目な作りだなと感じました。
後はトヨタの独壇場に殴り込みをかけて、どれだけ牙城を崩せるかがポイントですが・・・もしかするとヒットの予感?
[PR]

by simataku1 | 2009-02-06 01:20 | 試乗記 | Comments(4)