トップ

<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

■【特別仕様】フォレスタースポーツリミテッド   

いいとこ取り?
b0003526_21173695.jpg
国内では影が薄いながらも、地味に世界中で売り上げてるフォレスターに、黒内装の特別仕様が登場しました。ベースは廉価グレードのXですが、16インチホイールを17インチに上げてメッキドアノブリヤスポイラーを装備。また、HIDフォグをプラスし上級グレードの装備を惜しみなく投入しています。いわゆる、スポーティ風味の幕の内弁当仕様
内装もステアリング・シフトを本皮巻とし、メーターもルミネセント化して見栄えをUP。Xでは省かれるサイドエアバックも装備して抜かりはありません。キーレスアクセス&プッシュスタートやパワーシートはありませんが、無くても問題ないでしょう。ただ、これでベースから+25万UPが安いかは微妙・・・。

スポーツリミテッド等と名乗ってますが、タイミング的に体の良い在庫処分な気がしてやみません。色のラインアップが、まるでメーカーの在庫表のようw
先代クロススポーツのように車高を下げるでも外装が変わるでもない上、半年後のC型への年改で2.5L追加やCVT化等の噂があるので、積極的にはオススメ出来ません。
でも熟成の4AT+フル装備車を買いたい方には逆に良いのかな?
[PR]

by simataku1 | 2009-07-30 21:17 | スバル情報 | Comments(2)

■ヒストリックカーフェスティバルにて   

曇天模様の中、久々に旧車イベントを見てきました。

b0003526_2272610.jpg当ブログ的にはスバル360サンバーを紹介したかったんですが、旧車といえるスバル車はスバル1000スポーツのみ。スバル1000自体はスバル360の後に百瀬晋六氏主導の下で開発したボクサーエンジン搭載のFF小型車。結局販売は振るわなかったものの後のスバル車の礎になる車です。「スポーツ」グレードは今で言うSTIみたいな感じですかね。

通常こういった類のイベントには必ずと言っても良いほどスバルの軽があるんですが、今回は全くナシ。あったのは初代ライフ初代キャロルくらいですか。壇上にはお決まりのトヨタ2000GTハコスカGT-R等が置いてありましたが、あんまり興味が沸かないのよね(・ω・`)
b0003526_2274050.jpg
どちらかというと、旧車には早すぎますが歴代アルシオーネが並んで拝めたのが良かったなあと。ちなみに初代のインパネデザインの変態具合を見て、妻は「宇宙船!宇宙船!!( ゚∀゚)o彡゚」と言ってました。確かにスイッチ類が集中しすぎてロボットアニメのコクピットみたいではありますw

またいすゞ濃度も一部で高く、逆スラントノーズの初代ジェミニ(後期LS)や
b0003526_2281156.jpg

b0003526_2282378.jpg

b0003526_228368.jpg
初代アスカ(後期)等、個人的にも懐かしい車種がありました。しかし、初代アスカも残ってる所にはキレイに残っている物なのね。
噂によるとイベント出展車の半分近くが主催者の持ち物らしく、年1回こうやってお披露目してるとか。車種が偏ってたり、軽が極端に少ないのはこのせい?
でも貴重な旧車を惜しみなく(雨でも構わず)展示して、自社の敷地内=入場料をタダにして開催できるのは、ある意味趣味人として最高ですね。うらやましい・・・。

さて、100台以上の出展車の中から私の琴線に触れた車だけを写真に収めて参りました。以下、クイズ形式でお楽みください。

Q1:日産の代表的小型セダン。ボンネットのぬいぐるみはこちら製?
b0003526_229129.jpg

Q2:初代ジムニー。右と左、どっちが古い?
b0003526_2291693.jpg

Q3:日産の代表的小型トラック。顔は410系ブルーバードぽいですが?
b0003526_2293074.jpg

Q4:いすゞの代表的トラック・・・の軽量版。
b0003526_2293976.jpg

Q5:今も名前の残るスポーツセダンの・・・貨物版。
b0003526_22103336.jpg

Q6:ダイハツビーゴのご先祖様?
b0003526_22104143.jpg

Q7:???
b0003526_22105372.jpg
しかし、撮った写真が商用車ばっかりで・・・ホントこんな自分が大好きですワw
[PR]

by simataku1 | 2009-07-26 22:10 | チラシの裏 | Comments(7)

■5年   

何はともあれ、とりあえず・・・
b0003526_19544929.jpg
ローンオワタ\(^o^)/
これに尽きます。ちなみに昨年以上に走行距離は伸びておりません。現在7万7000km弱ヴィヴィオの代わりにミニカを仕事に使っているのと、ガソリン単価の上げ下げに右往左往するものイヤなので意識的に乗るのを控えていたからでしょう。もちろん、いじりもほぼしてませんw
・・・言うならばいじりの「り」が無くて維持のみですねorz

b0003526_10192911.jpg各部の劣化も順調に進んでおり、あちこちから異音のオーケストラが始まってます。段差を越えればスタビブッシュがキュキュ、助手席窓付近からガタガタ、クラッチを踏み込めばゴリゴリキコキコ音がして、シフトノブからはカコカコ音。元々遮音性は高くないですし、異音とは切っても切れない関係ですから仕方ないんですどね・・・それにしたって、にぎやかだ(´Д⊂
ちなみにお馴染みのクラッチの異音は、今年も例のごとくディーラーで点検・清掃してもらいました。曰く「だいぶ減っているので、クラッチを交換しないと根本治療はできない」らしいです。ブレーキパッド、クラッチ、そしてタイミングベルト。いよいよお金のかかる時期が迫りつつ。

毎月の追われるものが無くなって精神的に楽ですが、決して「余裕」とはいえません。上記の予防修理の資金をプールしつつ、ヴィヴィオも復活に向けてお金を貯めなければエコカー購入援助の生け贄になっちゃう?(((;゚Д゚)))ガクブル
[PR]

by simataku1 | 2009-07-24 19:59 | インプレッサ15i | Comments(5)

■【追加・限定仕様】インプレッサWRXSTIスペックC   

これぞスペックC。
b0003526_21542113.jpg
歴代インプレッサにおいて硬派グレードと言えば競技ベースに振ったスペックCモデルでした。・・・まぁ、先代末期のスペックCは快適装備満載でしたけど。WRCを撤退したとはいえ、モータースポーツ向けにリリースした今回のスペックCは比較的原点回帰とも言える内容かなと。

b0003526_21533160.jpgエンジンについては素のSTIからほぼ変えず、ターボタービンをボールベアリング化したり3.7L大容量のインタークーラーウォータースプレイを装備した程度。
合わせて、足回りもセッティングを固めに変えつつ、機械式LSDの装備燃料・パワステポンプの改良ボディの補強等で煮詰めています。

一方で徹底した軽量化が図られておりボンネットフードをアルミ化全ガラスの軽量化を行い、スペアタイヤはパンク修理キットへ、バッテリーも小型化して上半身を絞り上げてます。さらに、防音材の撤去ヘッドランプウォッシャーやデアイサーの廃止リヤのアームレスト、カップホルダー、スピーカーも削除。17インチ仕様に至ってはリヤセンターのヘッドレストを廃しシートベルトもあえて2点化するだけに留まらずエアコンレスまで!
さすがにパワーウインドウレスは出来なかったみたいですが、豪華で快適志向な世の流れに逆行した姿は久々に漢らしさを感じました。
やっぱりベース車はこうでなくっちゃ(・∀・)

18インチ仕様は900台限定で今年一杯まで。その中でもサンライズイエローモデルは2ヶ月限定なのでレアになるのは必至。価格は337万~ですが、最大マイナス70kg減量し本当のエコを身に付けたスペックCで夏を乗り切ってみるのはいかがでしょう?きっと運転者も軽量化できますよwww
[PR]

by simataku1 | 2009-07-23 21:54 | スバル情報 | Comments(6)

■試乗記39(三菱ekワゴン)   

三菱の販社はトラウマ(?)なので悩みましたが・・・。

b0003526_2225011.jpg試乗祭りのトリとして三菱のekワゴンもおさえておく事にしました。日産ではオッティなる名前で売られていますが、こちらは本家本元。2代目となる現行は初代からの道具感をそのままに超キープコンセプト&キャリーオーバーで06年秋頃にモデルチェンジしました。この新鮮味ゼロのデザインは、革新的パッケージ・デザインのアイを生み出したメーカーの物とはとても思えません・・・。
ちなみにタワーパーキングに入れる(!)セミトールワゴンなので、ムーヴワゴンRとは同じ土俵とは言いがたいですが、まぁ比較対象としては良いでしょ。

今回はアイを見に行った時のお店とは違う地区のお店へ。LTD号を駐車場へ滑り込ますと、早速営業氏からお声がかかりました・・・

私('A`)「ekワゴンの試乗車ありますか?
営業氏(・∀・)「はいはい。少々お待ち下さい~」・・・数分後・・・「ホイドゾー
営業氏(・∀・)「あ。私が同乗すると重いので10~15分ほどご自由に!
私('A`;)「え?いいんスか?えっと・・・じゃあコースは?
営業氏(・∀・)ノシ「好きなように乗ってきてけっこうですよ~

という適当なのか、おおらかなのか昨今では珍しい対応。
いや、いつものオートザムなら判りますが一見さんに良いんだろうかwww
個人的には、こういうアバウトさはありがたいですけど。

b0003526_2231375.jpg試乗に連れ出したのはMという廉価グレードの4WD。とにかくタバコ臭く、ゴミだらけだったので代車かデモカーかも。
外観は面白みのない形ですが、テールランプがLED方式だったりヘッドライトも大型化していたりとポイントを押さえて進化しています。そもそも「安価でベーシックな軽」というコンセプトを考えると、コストを必要以上にかけず良いもの(デザインや使い勝手)は残すという考え方は共感できますね。

内装も初代からの使い勝手をさらに向上。正直、質感がプラスチッキーだったり、カップホルダーやプチごみ箱、自由なフックの発想は100円ショップぽいですが、この車にはそれが許されるのが不思議。
それよりも他社の廉価グレードでは省きがちな、ひじかけやシートリフトが標準装備なのは感心しました。これでチルトステアリングが付いてれば文句なしですが(・ω・`)
b0003526_223221.jpg
走りは3ATの割によく走ります。というか、市街地ではキビキビ走れて良いかも。高速走行や巡航には向かなそうですが、ストップ&ゴーが多い街中だと「低・中・高」の3段変速の方が利に適ってるみたい。
パワーも50psしか無いですし、車内も決して静かではありませんが、足回りも適度な固さでゲタとして乗り回すには丁度良いかもしれません。スライドドアも貴重なMTも選べますし。

対応してくれた営業氏も助成金や減税をふまえた丁寧な説明や、対応をしてくれたので好印象。かと言ってガチガチにマニュアル通りでも無いので上手いなあと。どんな商品も売る人によって印象が変わりますねえ。
[PR]

by simataku1 | 2009-07-18 22:05 | 試乗記 | Comments(5)

■車検(2回・5年目)   

預けておいたLTD号の車検が上がった様子。

b0003526_1721945.jpg特に問題もなかったみたいで、ブレーキパッドの残量が思ったより少なかったくらい。来年の12ヶ月点検の時には交換かな・・・。
ちなみにインサイトステラ等の最新鋭自動車に乗った後だと、自分の車のブレーキの効きがえらく悪く感じてビックリしました。一瞬、エア噛みしてる!?とか思ったぐらい。何回か踏んでる内に感覚が戻りましたけど、普段ATに乗ってる人には、気軽に貸せないななんて。ましてや大甘ブレーキのヴィヴィオなんて乗せた日にゃ(((;゚Д゚)))ガクブル

下回りの防錆塗装もしてくれたみたいで、黒い所は黒く、銀色の部分(マフラー等)は銀色にマメに塗り分けてありました。塗り方がちょっと甘い気がしましたが、どうせ走っているうちにドロドロになるので(゚ε゚)キニシナイ!!
後、保留中だった延長保証はしない方向で決定。しきりに販社のフロント氏はおすすめしてくれましたが費用対効果があまりに微妙なんだもの。これからは壊れないように予防しつつ、壊れたらその時に考えます。
そもそも5年・7,5万km走行の車に完璧は求めちゃダメでしょw
b0003526_1722919.jpg
なんのかんので今回も11万弱で終了しました。プラス自賠責保険が加算されるので総額は13万くらいになるんでしょうか。
友人の7年落ち初代イストはディーラー車検でコミコミ7万円と言われたらしいので、比べちゃうとかなりお高いです(´・ω・`)
・・・でもコミ7万って何も交換・修理しないとしても、もうけがあるんだろうか?

□72500km~76600km
10.2km/L→10.6km/L→10.7km/L→11.5km/L→15.8km/L
→9.9km/L→10.5km/L→11.4km/L→12.2km/L→9.2km/L

ハイブリッド車を乗った後だと、なおさら燃費が悪く感じちゃいますね。指摘されたエアエレメントでも換えてみようかしら。
さて、気を取り直してヴィヴィオ復活に向けて貯金しますか・・・。
[PR]

by simataku1 | 2009-07-11 17:03 | インプレッサ15i | Comments(12)

■試乗記38(ホンダインサイト)   

私事で恐縮ですが、実は昨年末に結婚しておりまして。LTD号の車検時期と被りましたが、遅い新婚旅行と相成った次第。

旅行先の沖縄は車がないと動けない土地らしいので、指定なしでレンタカーを手配しました。当ブログ的にはレンタカー台数の多いヒュンダイが来ると、アレコレや出来て美味しいなあと思ってたんですが・・・
b0003526_2054065.jpg
どういう訳か4200kmしか走っていない新車同然インサイトが我々夫婦の足になりました。インサイト自体は発表日に友人と試乗していますが、これはじっくりと堪能できるまたとない機会!レンタカー屋さんの気が変わらない内にそそくさと荷物をつめ込み出発です。
・・・周りの方々はヴィッツデミオだったのに本当にいいのかなあ(´Д`;)

b0003526_223745.jpg改めて外観をみると、細いライトが精悍な最近のホンダらしい5ドアハッチバックというか、クーペ風ワゴンというか。プリウスよろしく燃費向上のために空力を追求するとこんな形になるんでしょう。ちょっとだけ大きいお尻以外は普通です。
切り立ったハッチゲートの補助窓なんかは往年のサイバーCR-Xを思い出して懐かしいですね。

個人的にはフロントバンパーに別体で付いているウインカーに好感を持てます。昨今の新車はコスト重視のせいかヘッドライト一体式で、酷いと内側に備え付けてあったりするのでライト点灯時は全く見えなかったりすることが多いんですよね。我がLTD号で気に入らない部分の一つがソレ。
最近のホンダはライフオデッセイ含めて「視界」・「視認」に気合を入れてますな。インサイトは後ろの視界を捨ててますけど(・ω・`)

やや大きいお尻の中は天地こそ無いものの、それなりの大きい荷室が出現します。カーペットが傷つきやすいのが気になりましたが、後席を倒せばさらに広大なスペースが生まれるので、日常使用には全く問題ないかと。

b0003526_22541434.jpg常識的な配置の運転席に座るとマルチプレックスメーターなる2段メーターが鎮座。スピードをデジタルとし上段へ、タコメーターと燃料計そしてエコ(?)メーターをアナログで配置しているのは独特です。でも上段メーターのウインカーインジケータが見えづらいので、下段に配置して欲しい所。まぁ、チルト&テレスコが標準装備なだけでもマシですけど。

運転席を中心としてデザインされていますが、運転席右にはECONボタン、左側にはオーディオスペースディスプレイ付の空調があるくらい。上位グレードにはステアリングにインターナビ用の操作スイッチが付いてるらしいんですが、廉価版らしくソレもなし。もちろんスマートキーレスもありません。
もっと列挙するとステアリングもウレタン、時間調整式間欠ワイパーもなく、ひじ掛けも無いほど装備が簡素ですが、正直これくらいの装備内容でいいじゃないですか。シンプルが一番。
b0003526_2345465.jpg
ちなみに本来はご自慢のインターナビで見づらい後ろを補佐してくれるそうですが・・・最廉価のGはオーディオレスゆえに目視するしか方法はありません。今回のレンタカーは代わりに頭が弱い純正ナビが付いてましたけどwww
ま、後ろの窓なんてあって無いようなモノです。バック時はカウンタック式でどうぞw

4日間で500kmほど乗った結果、燃費は16.1km/Lでフィニッシュ。見知らぬ土地で、高速&渋滞路をウロウロしながらなので、まあまあでしょう。
個人的には車としてかなりまともで驚きました。ハイブリッドカーとしてじゃなくて普通の5ナンバー乗用車として評価しても好印象。もちろんエンジンのみだと鈍足ですし、アイドリングストップが交差点内で右折待ちの時まで止まっちゃうのはどうかと思いますが(((;゚Д゚)))・・・この辺りはマツダのiストップを見習って欲しい。
サスペンションも適切な味付けで、妻曰く
LTD号より静かで乗り心地が良い!」とのことorz
・・・確かに運転する側からしても、気持ちよく走れましたけどね。また、車体の割に小回りも効くので狭い沖縄の市街地もなんとかクリア。これ以上大きいと取り回しに苦労しそうな・・・。

ハイブリッドカーとしてではなく、小型乗用車として選んで損がないと思います。本末転倒ですがハイブリッドの機構はオマケ程度で考えると幸せかも?
[PR]

by simataku1 | 2009-07-09 21:26 | 試乗記 | Comments(20)

■代車記22(スバルステラ)   

LTD号2回目の車検に際して、予約時点の代車はサンバーでした。
・・・なぜ、またも手元にステラが来てるんでしょうかwww

'2008スバルステラ660L-AWD(i-CVT)
b0003526_22373115.jpg実は入庫2週間前に電話が入ってまして。どうも代車用のサンバーが6月一杯で廃止されてしまうらしく、7月入庫の私には貸し出せないとのことorz

・・・私も良い大人です。駄々をこねて(プレオバンが来て)も仕方ないので1人試乗祭りの延長戦としてステラを指定することにしました。1度ならず2度までも。しょせんサンバーには乗れない運命なんですかね( ゚д゚)、ペッ

b0003526_23311396.jpg前回と違い今回は最廉価グレードのLに濃色ガラスをくっ付けただけのグレード。B&Cピラーも黒くありませんし、ミラーも手で倒すタイプ(鏡面のみ電動)です。装備は質素ですが余計なバイアスがかかりにくい分、評価はしやすいかも。ちなみに軽トールワゴンの4WDでは珍しく、エゴカー減税で所得税&重量税が半額になったりします。外観は特にコレと言って無し。普通のおばちゃんカーです。
しいて言うと、このフロストホワイトはパールっぽく見えてきれいですねえ。
b0003526_23495130.jpg
室内装備も簡素でリヤシートの分割スライドやキーレスアクセスもありません。パワステがあってパワーウィンドがあってオートマ(CVT)なだけ。オーディオもインパネ一体型ではなく汎用の1DIN+2スピーカーですが、これが案外と音が良く聞こえたり。そういえばステラってリヤスピーカーはどこに着くんでしょ?見る限りリヤドアには着かなそうな・・・。
b0003526_00236.jpg
ひじ掛けも無いのがちょっと寂しいですが、座り心地の良いベンチシートは中々良い感じ。2年前のインテリアセレクションの代車では「座りが悪い」と思ったんですが、ミニカのペナペナビニールシートに比べると天国みたいw。それどころか他社と比べてもボリュームがあるような気がしてくる不思議。

しかし、椅子以外で布地部分がほとんど無いのは残念。上位グレードやブラックインテリアセレクションはドアにクロス地が貼ってあるみたいですが他社との競合を考えるとあまりに手抜きすぎませんか?

b0003526_0103345.jpgメーター1つとっても白い盤面にオレンジ照明赤針は目に痛いですし、メーター内インジケータも全ギアレンジで同色(オレンジ)とは・・・。スバルらしからぬ適当さ。こういう細かい部分を突っ込むと、内外ともに寄せ集めて急造した感はぬぐえません。歴代のスバル軽の志が高すぎたという点もありますけどね。

ムーヴライフワゴンRを乗った後で改めてステラに乗ると、適正なCVT調教の素晴らしさと、しなやかな乗り心地に惚れ惚れします。絶対的に遮音が足りてないので発進・加速時等は「グォォォ!」とエンジン音が盛大に室内へ入りこみますが、一定速度の巡航時やアイドリング時は小型車に乗っているみたい。見た目や装備では勝負になりませんが、乗って判るような「五感に訴える部分」は他社よりもしっくり来ますね。

噂によると今度のマイナーチェンジは大掛かりになるとか。その一方でグレードの整理もありうるという。LS買うなら今のうち?
[PR]

by simataku1 | 2009-07-03 23:43 | 代車記 | Comments(10)