トップ

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

■【追加】エクシーガ2.5i-S/&アルカンターラセレクション   

今まで無かったのが不思議なくらい。
b0003526_0351695.jpg
お買い得な2Lとパワー溢れる2Lターボの間に、NA2.5Lエンジンを搭載したグレードが追加されました。今春から輸出されている海外向けと同じのがここへ来てようやくと言った所。組み合わせはNA2Lにも搭載されているリニアトロニックCVTにSIドライブが付いているので、燃費も期待できそうですね。

意外と専用装備はあまりなく、グリルホイールが変わるくらい。オプションとして「アルカンターラ&レザー」仕様も選べるので、標準仕様との価格差(8万弱)からすると「アルカンターラ&レザー」仕様の方がお得感はあるかもしれません。オマケでMOMO製のステアリングも付いてきますしw

購買層=ファミリー向けという事を考えるとエコカー減税対象でレギュラーガソリンでありながら、パワーもそこそこあるというバランスの良いグレードかも。
こうなるといよいよ最廉価なiグレードの4AT仕様が軽自動車で言う所の3ATみたいな感じになりつつ・・・個人的には枯れた技術に哀愁を感じるので好きですが、近い将来の年改で消えちゃいそうだなあ('A`)
[PR]

by simataku1 | 2009-12-26 00:36 | スバル情報 | Comments(2)

■R1/R2生産終了告知   

b0003526_22255818.jpg11月の特別仕様が登場した時にも書きましたが、案の定平成22年3月14日がRシリーズの受注受付の最終日になるみたいです。

しかし、今だかつて生産の終了をわざわざ別ページで告知する事があったでしょうか。それだけ富士重工の中の人たちにとっても色々な思いがある証拠なのか・・・な?
・・・もしくは、車が売れないご時世ですから「売るネタになりそうな事はなんでも利用しましょう」という事なのかも。日本人はこういうのに弱いですからw

こだわり抜いたが故に、スバルの軽自動車生産そのものに引導を渡した感はぬぐえませんが、今後を考えると同じような車がスバルから登場する事はありません。今一度、展示車や試乗車に触れてそのコストのかけっぷり=こだわりを感じるのも一考かと。

□3/12追記
告知されていた終了日よりも2日早く、受付を終了したようです。確実に3月登録にしたいという、大人の焦った思惑も感じ取れますが・・・w
なんのかんので駆け込み需要が起きて、予想をはるかに超える受注だった模様。まぁ、R1の発注が前年比300%超なら、部品も足りなくなるわな。

後は在庫のみ・・・と言ってもR1の在庫車はほぼないでしょう。展示車&試乗車の争奪戦になるのか?
[PR]

by simataku1 | 2009-12-19 22:42 | スバル情報 | Comments(5)

★70万HIT突破   

なんとか。

b0003526_23415535.jpg奇妙な青さんのブログに続き、当15iウェブも70万HITを突破する事が出来ました。皆様、ありがとうございます!60万HITから数えると、え~と・・・丸7ヶ月くらいですか。1日平均450~500HITとという、非常に安定したアクセス数のおかげでしょうね。ひたすら感謝するばかり。
ついにブログ内ではインプレッサの「イ」の字も出なくなりつつあります。おそらく閲覧して頂いている方々も「NAインプレッサだから」というだけの方は少なくなったんじゃないでしょうか。事実、試乗ネタ新・ヴィヴィオネタが大半ですし。でも、これでいいのだ

b0003526_10464814.jpg新・ヴィヴィオ新・ジムニーに続く実家の新メインカー構想ですが、未だに難航しております。状況が変わり私の一任になったので心づもりはスバル軽の一択なんですが・・・無難にステラにするか、安くて凝った造りのR2か、周りの目を無視してサンバーバンか。
もうちょっと早ければプレオバンなんていう選択肢もあったんですが、11月でオーダーを停止し在庫販売のみに。ま、どのみち4WDにABSが付けれない時点でアウトでしたけどね。

そもそもこんな大不況時代にIYHしてまで買うのははたして・・・しかし、いつかは買う訳だし補助金も今だけ、待っててもじわじわとスバルの軽は消えていく・・・だが(以下ループ
[PR]

by simataku1 | 2009-12-10 23:42 | チラシの裏 | Comments(7)

■2代目ヴィヴィオいじり7(継続車検)   

毎度ドキドキしますね。

b0003526_23394059.jpg1週間前に電話予約しておいたので余裕のある2ラウンド目(10:30~12:00)を選択。今回も近くの予備車検場に寄りましたが、ちょっとケチって光軸のみ調整してもらいました。サイドスリップが×だったら対処しようがない=諦める覚悟で。ま、なんとかなるでしょw
日にちが良かったのか、時間がよかったのか軽自協はガラガラ。同じユーザー車検のカップルや老夫婦が居るくらいのんびりした雰囲気でした。車検場も変わったなあ・・・。

b0003526_23395093.jpg用意する書類は前回と同じ。違うといえば自賠責保険が2年間分で2万円を切ってグっとお安くなったことくらいですか。これは嬉しい!
検査中、エンジン型式がオイル汚れで確認できない(!)というハプニングがあったものの、なんとかクリア。持ってて良かったパーツクリーナー・・・。

タイプSの時に比べて、気持ちに余裕があったためか呆気なく車検は終了。「こんなに簡単だったっけ?」と思いつつ、缶コーヒーを飲みながら有効期限ステッカーを張り替えました。この瞬間がたまらんねw

当初の18万円という車検見積もりも、終わってみれば

【ユーザー車検費用】
申請書類関係:35円
検査手数料:1,400円
重量税:8,800円
自賠責保険:18,980円
予備車検:1,680円(光軸のみ)

左右ドライブシャフトブーツ交換:8,000円
フロントパイプ交換:14,750円(工賃込)
その他:5000円弱
---------------------------------------
総額:約58,645円

と言う結果に。前回と違い、程度が良かったことがお安く仕上がった要因でしょう。・・・ボディはグサグサだけど。
b0003526_2340055.jpg
時代遅れのロートルですが、まだまだ楽しませてもらいます(・∀・)ノ
[PR]

by simataku1 | 2009-12-10 23:40 | ヴィヴィオM300※ | Comments(0)

■オイル&フィルター交換1   

車検の前に換えとかなきゃね。
b0003526_2242834.jpg
今年の感謝デイは終わっちゃったので、クーポンでお安くなるジェームスでオイル&フィルターを交換しました。色々駆使して2500円弱也。
またティッシュボックス目当てで、あえて平日に行ったものの、いつもより妙に手際がノロい。変に思いながら、帰り際にネームプレートを見ると「実習生」の文字が・・・えーと、大丈夫だよね??
ちなみにそんな彼に「パッキンが二重になってたんですけど・・・」という指摘をされましたが、コレってなんか意味ってありましたっけ?前施工者のミス??

◇78000km~80100km
15.9km/L→15.2km/L→15.6km/L→15.4km/L→15.2km/L
→15.2km/L

面白いくらいにじわじわ燃費が落ちています。何がおきたw
[PR]

by simataku1 | 2009-12-08 22:04 | ヴィヴィオM300※ | Comments(0)

■試乗記42(トヨタハイエース)   

お・お・が・たバス~に、乗ってます~♪
b0003526_0355569.jpg
ちょっとした用事で運転手をすることになり、レンタカーを借りてきました。マツダレンタカーなのでキャラバンの10人乗りかな~とちょっとワクワクしてんですが、用意されていたのは試乗紀12でも登場したハイエースグランドキャビンorz
よく見るとトヨタレンタカーのキーホルダーが付いていたので、業者間のまた貸しなんですかね。こういうことって出来るのね・・・。

b0003526_0362861.jpg年式は1年落ちながら、走行距離が5万kmに届こうとするこなれた車両。まぁ、とにかく図体がうすらデカいです。通常タイプのハイエースを1~2周りくらい膨らませた感じ?ヴィヴィオがねずみなら、ハイエースは象ですか。
そのおかげか、いつもは無謀な運転で追い越しながら近寄ってくるアルファードエルグランドが、全く近寄ってきませんwww
ヴィヴィオ乗っていると山のように見えるミニバンも、この時ばかりは「隣の車が小さく見えま~す♪」という往年のCMがピッタリ。いや~性格が悪くなるわ、こりゃ。

車内は10人を余裕で飲み込む広さを兼ね備え、運転席も乗用車ライクに立ったステアリングと使いやすいゲート式のインパネシフトのおかげで、乗用車との違和感は感じませんでした。もう、とにかく快適。
またスクエアな車体は取り回しが非常に良く、ド級の大きさを意識しません。もちろん内輪差を考えて、やや大回りはしてましたけど。2.7Lガソリンエンジンはパワーがあるし、使い勝手も抜群。ハイエースにマニアが存在する理由も判ります。

こういう商用車を本気で作らせると、トヨタの右に出るものは居ないよなあ・・・。

□22/12/5追記
b0003526_12345661.jpgほぼ1年ぶりに同車種を借りてきました。今度は本家のトヨタレンタカーでw
さすがに車は更新されたらしく、1.5万km走行のカドの取れ始めた別の個体でした。

相変わらずうすらデカい車体は一瞬身構えますが、走り出すと気になんないんですよねえ。不思議。
グランドキャビンに乗ると2L級のミニバンでも軽自動車並に感じるので、まるで飛行石を手に入れたムスカか、巨神兵を従えたクシャナ殿下みたいな心理状態なっちゃうのは私だけ?w
[PR]

by simataku1 | 2009-12-08 00:36 | 試乗記 | Comments(7)

■2代目ヴィヴィオいじり6(フロントパイプ交換)   

持病の一つなので仕方ないですね。
b0003526_062792.jpg
ディーラーでの車検見積もりで指摘されたフロントパイプの排気漏れを交換修理しました。・・・あ、正確には「直してもらった」といいますか。さすがにこのクソ寒い(マイナス1℃)中、車の下にもぐって直せるかってのw

ちなみに思う所があって、見積もりをしてもらった支店とは別の支店にお願いすることに。や、何かあった訳ではありませんが、見積もりをしてもらった支店のサービス部門は不安があったんですよね。点検に出せばライトが点けっぱなしで戻ってくるし、車検証も出したら出しっぱなしだし。ちょっとなあ・・・と。まぁ、何より家から遠いのが最大のネックですけどね。

b0003526_063614.jpg修理は1時間弱で終了。排気音がとっても静かに・・・なってないし。確かにブボブボ抜けるような音はしなくなったけど。ヴィヴィオってこんなにシャーシャー音がウルサかったっけ?

ついでに発進~走行中に一定の間隔で鳴る「謎のキコキコ音」を探ってもらおうと頼んだんですが、これが思いがけず面倒なことになっちゃいまして。私は前ヴィヴィオでの記憶から
( ゚∀゚)<「トランスバースリンクのガタが、げいいん(変換できない)だ!
と思い込み主張したものの、メカニック氏は何も言わず。結局、
( ´_ゝ`)<「キャリパーピストンが固着してたので、バラして組み直しました
とのオチ。曰く「ピストンが戻らずブレーキを引きずってたんじゃないか?」とのことらしい。もちろん完璧に治すならOHらしいけど。
乗ってみると100%じゃないけど、確かに直ってる・・・。さすが!

メカニック氏曰く
( ;´_ゝ`)<「異音の原因を探るのは非常に難しい。お客様が主張されても持ってきてもらった途端に音がしなくなったり」と言っておりました。おそらく私みたいに半端に偏った知識を持って主張する人が一番面倒なんだろな・・・だからあえて何も言わなかったと。スンマセン(´Д`;)

LTD号購入から6年弱のお付き合いですが「こんなもんでしょ」と適当にあしらったりせず、「我慢しろ」とも絶対に言わず、徹底的に究明してくれるのは非常に心強いです。偶然とはいえアタリのディーラーだったんだなあ。
[PR]

by simataku1 | 2009-12-04 00:07 | ヴィヴィオM300※ | Comments(0)

■新・ジムニーいじり1(オーディオ&スピーカー装着)   

b0003526_22372318.jpg昨今、販売価格を下げるためにオーディオレス仕様の新車が増えていますが、ジムニーの最廉価グレードXGもご多分に漏れず。ただし、車の性格的には「オーディオイラネ」という意味なんでしょうけどね。しかし、実家で使う両親にとっては背の高い軽自動車というだけなのでオーディオは必須。というか、さすがに無音は寂しすぎるでしょ。

おかげさまで各タイプのオーディオを色々ストックしているので、適当に見つくろって装着することにしました。当初こそ前ジムニーで装着した社外1DIN・CDオーディオにしようと思いましたが、インパネ照明の/白に合わせてスズキ純正OPのアゼスト製2DIN・CD&MDオーディオをあえて選択。何より配線がポン付けなので楽チンです。

b0003526_2237364.jpg*XGグレードはアンテナ線がありません。別途、用意し配線すること。

-----【手順】-----
1:灰皿を外し、金属ベース部のネジを外す(+ネジ×2)

2:センターパネルを外し(ハメコミ)、ハザードボタンとシガーソケットのコネクタを外す

3:オーディオ部の2DIN(フタ&BOX)相当を外す(+ネジ×4)

4:金具を新オーディオに移植

5:車体側のオーディオ配線(青コネクタ20P)を新オーディオ配線と接続。アンテナ線もつける

6:元に戻す
-----【完成】-----

前ジムニーと違い、センターパネルのみで独立しているので少し楽です。車体側の配線は奥でタイラップで止まっているので助手席裏から覗き込むように探すと判りやすいかも。発見したらタイラップは丁寧に外すもよし、切るもよし。
前方に引き出し、中継配線とつないでオーディオに電源が入るか確認しましょう・・・あ。ちなみに作業前にはバッテリー配線は外しておくと安全ですよ。私は横着しちゃいましたが、場合によってはショートしますので。安全第一。

b0003526_22374666.jpg・・・これだけで音が出ないのが最廉価グレードの哀しい所。徹底したコストダウンによってスピーカーも省かれているので、別途装着が必要です。今回選んだのはオートバックスで売っているプライベートブランドのプロトーンなる中国製スピーカー。10cmサイズで4000円程度ですが、ま、この際は音が鳴れば良いので。

b0003526_22375716.jpg-----【手順】-----
1:サイドシルパネルを外す(ハメコミ&ツメのみ)

2:キックパネルを外す(プッシュターンリペット×1&ハメコミ)

3:車体側の配線を引き出し、T字コネクタに中継線を繋ぐ

4:スピーカへ配線し車体へ取り付ける(+ネジ×2)

5:元に戻す
-----【完成】-----

・・・とまぁ、言葉にすると簡単なのが何とも。
サイドシルのパネルはハメコミのみの簡単なつくりですが、その分ツメが折れやすく取り外しにコツが必要です。室内側から外してツメを取ると良い?ちなみに私は助手席側パネルのツメを2ヶ所折りました('A`;)
また、キックパネルにはプッシュターンリペット(ピン)がありますが、これまた破損を覚悟しておいた方が良いかも。
・・・ええ、これまた割りましたとも。しかも2回もorz

車体とスピーカーを繋ぐ中継配線はあらかじめ作成しておくと楽でしょう。スピーカー側はメス端子、車体側は平型のオス端子の場合が多いです。プラス/マイナスの極性には注意・・・と言いつつ音は出ますが。

そもそも音がこもり易い位置にスピーカーが配置してあるので、音にこだわりたい人は別にツィーターやリヤスピーカー、ウーファー等を追加設置するとマシになるかもしれません。私の実家の場合はAMラジオに毛が生えたレベルで十分なんで、これでOKでしたけどねwww

□12/11追記
母から
J(# 'Д`)し<「突然「ブーッ!」って音が鳴ったわよ!どうすふじこふじこ(略
と怒られました。急いで確認してみると、ミュート以外では一定音量でブー音が鳴るみたい。・・・逆にいうとスピーカーには出力されてるのでスピーカーの不具合ではなさそう。もしや!?と思いオーディオ本体を外すと
治った
どうもオーディオステーのボルト頭が車体の鉄部分と干渉して変になってたみたいです。干渉するボルトを外し元に戻すと問題は解消されたようです。いやはや焦った・・・(´Д`;)
[PR]

by simataku1 | 2009-12-02 22:38 | ジムニーXG※ | Comments(0)

■納車   

ジムニーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

’2009ジムニー660XG(4AT)
b0003526_23551461.jpgボロボロになりながらも13万kmを見事乗り切った前ジムニーの後釜として、またまたジムニーを購入しました。もちろんお得な新古車
実家では先代JA11から数えて3台目、現行JB23としては2台目のジムニーとなります。ヴィヴィオを乗り継いで解りましたが、同車種間の乗り継ぎは部品やノウハウをそのまま生かせるのがありがたいですね。ちなみに前車の4型XGベースFIS仕様に対し、今回は7型の素XGになるので装備レベルはグッとダウンしています。

色は7型から追加されたノクターンブルーパールと言う紺色。正直、思った以上に渋~い・・・というか地味~な色です。まぁ、他が「白」か「」しか選べないので消去法でしたけど。
b0003526_23552442.jpg廉価版ゆえドアミラーウィンカーどころかフォグやフルカバーのスペアタイヤカバーも無いシンプルな装いです。
しかし、雪下ろしの邪魔になるルーフレールや濃色ガラスが無い=素ガラス(!)なので個人的には理想的だったり。おかげで鉄ホイールがよく似合います。
しいて言うと、便利なドアミラーヒーターが無いのは残念。こればかりは「実用アイテム」としてオプションで用意してくれても良いと思うんだけどなあ。

ロングライフデザイン賞を取った外観はこれまで同様ですが、内装は前にも増して乗用車ライクになっています。
b0003526_23553475.jpg
センターパネルはオーディオ部を上にし、空調関係を下にする現代的デザイン。LEDを使ったメーターパネルも高級感を演出しています。
また、2WD←→4WDの切り替えは往年のトランスファレバーで「ガッチョン!」と切り替えるアナログ方式ではなく、3ボタンでポチポチ切り替えるスマートな方式へ変更。・・・まぁ、なんでもかんでも電動にすれば良いってもんじゃないとも思いますけどね。見た目の良いATレバーも誤動作を防ぐゲート式になってますが、これとて人や用途によっては良し悪しでしょうし。
廉価グレードのためラジオどころかアンテナすら付いてませんが(さすがに後付してもらいましたw)、ここまで何もないと逆にいさぎよいですね。全体的にプラスチッキーなものの「掃除がしやすい」と思えば何のことはありません。

乗り味は高回転まで回ってパワーを出す感じではなく、低速からモリモリモリ~っと盛り上がってくる感じといいましょうか。同じエンジンでも味付けが変わると、こうも違いますか。でも比較対象が壊れかけの前ジムニーなのでよく判りません罠w
「乗り換えた」という新鮮味は薄く、前車の延長線的感覚です。
しかし、やっぱコレだね(・∀・)

□12/11追記
雪が降る前にジムニーの定番メニューの「リヤワイパー位置の倒立化」を施しました。作業はこちらを参照ください。しかし、各社とも寒冷地仕様はリヤワイパーを縦にして欲しいですね。コストなんてたかがしれてるでしょうに。

□10/8/8追記
実は事故を起こしてまして。まぁ、被害はリヤバンパー交換&塗装で済んだので大したことなかったんですが・・・軽~く揉めました。
結局、解決したから良かったけど('A`)

駐車場内の事故はイヤですね・・・。
[PR]

by simataku1 | 2009-12-01 23:55 | ジムニーXG※ | Comments(4)