トップ

<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

■オイル交換&燃費報告1   

こっちのディーラー高杉(´・ω・`)

1,000km点検時に省いたオイル交換をしました。気持ちとしてはディーラーでオイル交換してもらう方が安心なんですが、オイルのみで4,000円は・・・。相場として、軽で2,000~3,000円くらいじゃないと気軽に頼めません。
b0003526_1745261.jpg
そんなこんなで、いつものジェームスで交換。ちょっと省燃費な5w-30のスタンダードオイル(エクソンモービル)を入れてもらいました(1,900円)。ヴィヴィオにはこんなの奢れませんけどね・・・漏れちゃいそうでwww

○納車~1800km
15.0km/L→20.5km/L→15.0km/L→14.7km/L→13.1km/L

慣らしもかねた長距離で、素晴らしい燃費を記録。e燃費アワード4年連続No.1は伊達じゃありませんね。
[PR]

by simataku1 | 2010-05-28 20:04 | R2F※ | Comments(0)

■2代目ヴィヴィオいじり13(右フロントブレーキ修理)   

これはだめかもわからんね(´・ω・`)

b0003526_22495912.jpg銀ヴィヴィオの動きが妙に重~くなってきました。具体的な現象として加速が鈍くなり、アクセルを離すとブレーキを踏んでないのにギューッっと急減速。また、4速で巡航が出来ずカリカリカリッとノッキングを起こしてエンストしそうになっちゃう。「おっかしいなあ・・・」と思いつつ、ふと右前のホイールを触ると

熱っっ!!!

ホイールがめちゃくちゃ熱をもって大変なことになってます。・・・もしやと思い、煙を吹きながらもよりのスバルへ駆け込んだ診断は

スバル(;´_ゝ`)<「思いっきり固着してます

要するにブレーキ効きっぱなし状態。ブレーキキャリパーのシリンダーが固着してブレーキパッドが押し付けられたまんまになっているらしい。サービスフロント氏曰く「タイヤが手で回りませんでしたよ・・・」とのことorz
b0003526_112222100.jpg
キャリパーのオーバーホールだけで済む状態ではなく、固着したキャリパーそのもの、熱が入ってしまったローター、炭化したパッドを全て交換した方が良いと言われました。その額、7.5万円( ゚д゚)ポカーン

R2という次世代機が手元にある今、お世辞にも程度が良いとは言えない銀ヴィヴィオにこの額を投資するのはちょっと尻込みしちゃいます。しかも次の車検は取らない=廃車決定済みだし。う~ん・・・

■5/24追記
近所の民間工場に事情を話すと
(;゚Д゚)<「いくらなんでも、見積もり7.5万は高い!
らしいです。ま、新品+アッシーでの交換前提ですからね。当たり前と言っては当たり前。
中古品で修理するにも、某オクは良さそうな中古が流れてなかったので、業販のネットワークで検索してもらいました。

結果、中古の「キャリパー+パッド+ディスクロータのセット」が1.2万円(!)でヒット。工賃込みでもディーラー見積もりの1/3程度で直るらしいので、そのままお願いしちゃいました。ブレーキばかりはプロ任せが安心だ罠。
とりあえず延命できそう・・・ヨカタ(´Д⊂

■5/26追記
早々と直ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
取り寄せたディスクロータの程度が悪かったので、今まで付いてたのを研磨&再使用せざる得なかったようですが、合計2.3万円で済みました。安い・・・よね?
[PR]

by simataku1 | 2010-05-20 22:25 | ヴィヴィオM300※ | Comments(5)

■【特別仕様】レガシィB4/ツーリングワゴン2.5i-Sスタイル   

久々のお買い得仕様。
b0003526_22301841.jpg
Bタイプになり、おなじみのお買い得仕様が出て来ました。
ただし、モデルとしては序盤のためか16インチアルミホイール、HID、本皮ステアリング、フォグという基本的な装備のみの追加。特筆すべき点は全くありません。言うなら、ベースグレードである2.5iを購入する時にオプションで付ける人気アイテム上位5つを付けましたって感じ?+7万円は微妙な設定ですが、アルミホイールだけでも十分元が取れるので、無難な仕様かもしれませんね。
素2.5iでは選べないサイドエアバックが抱き合わせOPでしか選べないのが惜しいなあ。

あと、色くらい「ビビッドな赤」とか「WRな青」とか、もっと変化のある色を設定してもよいだろうに・・・白・ってグレースケールかこれ(´・ω・`)
[PR]

by simataku1 | 2010-05-18 22:32 | スバル情報 | Comments(2)

■【マイナーチェンジ】レガシィ   

アプローチが面白い方向になってきたような。
b0003526_22284666.jpg
レガシィシリーズがBタイプに年改されました。クルーズコントロールが全車に標準になった他、大きな変更点はありません。
フラッグシップのアウトバック3.6Rアイサイトのみルーフレールの銀色化、ドアハンドルのメッキ化、ハイラスター塗装17インチアルミを装備したり、Lパッケージ車/Sパッケージ車カー・オブ・ザ・イヤーベストバリュー賞受賞記念の特別仕様車「~リミテッド」の装備レベルに引き上げられたくらいですか。

b0003526_22275655.jpg今回の年改において最大のニュースはアイサイトの拡充に尽きるでしょう。
先代後期よりトップグレードにのみ装備していたアイサイトを2.5iのNAモデルへも装備。装備が同レベルのLパッケージとは+10万円(!)という価格差なので、かなり低価格化が進んだみたいです。また(Ver.2)の名が示す通り、減速のみの制御=結局はぶつかるしかなかったのが、低速(30km/h以下)だと完全停止までしてくれるようになったのが最大の進化点かと。日本国内のような、低速のストップ&ゴーが多い土地にはピッタリです。
b0003526_2228811.jpg
一番売れているであろうNAモデルにこういった安全装備が下りてきたのは良いことですね。これでアイサイト装備グレードがある程度売れれば、下位車種たるインプレッサやフォレスターなどにも安価に装備できるようになるでしょうし、ゆくゆくはエアバックやABSよろしく普及&標準化していき易いかと。

b0003526_22273850.jpg
やみくもにエコだ安全だと言うよりも、地味ですがこういった方向からの次世代安全装置の普及も面白いと思います。個人的な要望としてアイサイトver.3にはドライブレコーダー機能を追加して欲しいなあと。自分がぶつからなくても相手がぶつかって来る事はありますからね。どっちとも「カメラ」という点では共通してますから出来ないことはないと思うんですけど・・・。
[PR]

by simataku1 | 2010-05-18 22:28 | スバル情報 | Comments(0)

■【一部変更】エクシーガGTシリーズ   

ターボなのにエコって・・・'80年代初頭か?
b0003526_22255530.jpg
環境性能面で取り残されていたGTシリーズにメスが入りました。セッティングを変える事で燃費を向上。エコカー減税対象となります。・・・しかし、車重が重いおかげでハードルが低い→エコカーに認定される現状はアホくさ( ゚д゚)、ペッ

ターボでエコというと1980年代前半を思い出します。各自動車メーカーが排ガス規制でパワーダウンしたエンジンに活力を求め、なんでもかんでもターボを追加してました。うたい文句が
余裕のパワーでアクセルを踏み込まない=結果、燃費改善
・・・まぁ、こじつけっぽい理由も許された時代でしたね。そしてティッシュBOXから子供用サンダルにまで「TURBO」と入っていたあの頃www
子供心に「たーぼってスゲー!」とか思ってたり思ってなかったり。

b0003526_20152016.jpg皮肉にも歴史は繰り返してますが、今は電気モーターがその変わりとなりつつあります。
スバルでもハイブリッド導入の噂がありますが、あえてVWよろしく排気量ダウン&ターボ/SCの道も面白いんじゃないかなあ。筆頭株主たるトヨタ様のハイブリッドラインナップとは棲み分けれるし。エクシーガ1.5ターボ&SC+CVTとか、インプレッサ1.0Lツインターボ/SC+6MTとか・・・だめ?
[PR]

by simataku1 | 2010-05-18 22:26 | スバル情報 | Comments(2)

■【特別仕様】フォレスター2.0XフィールドリミテッドⅡ   

予想通りでたものの、ツートンはなし(´・ω・`)
b0003526_22233418.jpg
ルーフレールが特徴的だったフィールドリミテッドにⅡが登場しました。もしかして、評判が良かったのかな?
基本的には前回と同じような内容ですが、ルーフレールをシルバー塗装化、オプションだった17インチのアルミホイールを標準にし、リヤスポイラーも装備。前フィールドリミテッドⅠと比べると+8万円高くなっています。
お買い得度は微妙ですが、黒レザー仕様も+5万円ほどで選択ができるので選び幅はありますね。イメージとしてはお金持ちが汚れモノも気にせず積んじゃうセカンドカー的シューティングブレークぽい。いわゆる、後ろに犬を乗せてそうなアレ。

世界的にはヒット車となった現行フォレスターですが、国内での売れ行きってどうなんでしょ。個人的には現行レガシィ同様あんまり見かけないんですが・・・。
[PR]

by simataku1 | 2010-05-18 22:23 | スバル情報 | Comments(0)

■新・ジムニーいじり2(防錆&Fバンパー補修塗装)   

b0003526_9164471.jpgR2に引き続き、ジムニーにも防錆処理を施しました。メニューはR2とほぼ同じですが、半年走り回ってたので泥汚れが取りきれず、あまり巧く施工できなかったのが心残りです。何かの機会にスチーム洗車してもらった上で塗ってもらおう、そうしようw

同時に3月頭の身内事故でぶつけた傷を補修しちゃいます。被害車のLTD号はコンパウンド処理でそこそこ回復しましたが、加害車たるジムニーは線上に塗装がハゲてしまい、どうしようもなくなってました。スズキは塗装が薄いとは聞きますが、なんちゅう弱さだ・・・。
ちなみに7型から採用されたノクターンブルーパール(色記号ZJP)は、補修用品としてスプレーもタッチペンも出回っていません。配合データすら無し(平成22年5月現在)。

純正の補修用品はあるみたいですが、近所のスズキアリーナ曰くタッチペンしかないみたい。しかも取り寄せに1週間(!)て。
・・・仕方ないので純正タッチペン(735円)を頼み、汎用性の高そうなホルツのエアープラスライト(900円弱)を組み合わせて使ってみる事にしました。ソフト99の同製品「エアータッチ」と違い、他社製品も使えるのはイイですね。
b0003526_9504114.jpg
紙やすりでゴシゴシと表面処理した後は、シリコンオフで脱脂。よく振ったタッチペンの中身をエアスプレーにセットして塗ります。しかし、簡易的な製品のためか塗装ダマが出来やすくあまりキレイに仕上がりません。玉になって落下してくる塗料を、霧吹きの要領で飛ばすだけだもんなあ・・・仕方ないかorz
乾燥後はクリア(今回はホルツのトップコーティングスプレー)を塗布し終了。正直「良い子は3m以上離れて見てね♪」って出来です。とほほ(´・ω・`)

ジムニーに限らずR2もですが、あちこちコストダウンされていて品質がちょっと心配になってきました。長く使うためにはユーザー自身が+αで色々処置しないといけないかも?
[PR]

by simataku1 | 2010-05-05 09:45 | ジムニーXG※ | Comments(2)

■R2いじり5(下回り&タイヤハウス防錆塗装)   

b0003526_9585671.jpg納車されて約2週間。キレイな新車のうちに、下回りの防錆塗装を行うことにしました。ご存知のとおり、雪の降る地方では融雪剤(塩カリ/塩カル)の影響によりサビの進行が異常に早く、適当に放っておくと銀ヴィヴィオのように手遅れに・・・((((;゚Д゚)))ガクブル

また、最近はコストダウンの影響なのか最低限の防錆処理しかされておらず、こと軽自動車に関してはそれが顕著みたい。メーカーで行ってた「ドブ着け防錆処理」も環境問題の関係で×になったって聞きますしね。
個人レベルで100%完璧に対策するのは難しいですが、出来る範囲で処理して進行を遅らせることくらいはできるかなと思いまして。
b0003526_9455056.jpg
本当は下回り全面をアンダーコート塩害ガードの類で塗りたいんですが、いかんせんお高くつくので今後に見送り。
フロアは呉工業のシャーシコートクリア(特価398円)で当面塗っておき、一番過酷であろうタイヤハウスのみソフト99のアンダーコート(980円)で処理しました。今回はクリアを2缶、アンダーコートも2缶ほどを使用。バンパーやインナー等をキチンと外して処理するなら、+1缶ほど追加しとくと良いかもしれません。

タイヤハウスはともかく、フロアは別の機会に再処理した方が良さそうです。日産系用品(ピットワーク)の床下防錆処理剤透明コートが気になる・・・。
[PR]

by simataku1 | 2010-05-05 09:14 | R2F※ | Comments(5)

■R2いじり4(リモコンエンジンスターター装着)   

MTを買ってたら日の目を見なかったなあ・・・。

b0003526_22554565.jpgイグニッションキー照明をつけるついでに、友人から奪った頂いたリモコンエンジンスターターを一緒につけちゃうことにしました。
しかし、MT車に乗っている限り縁が無いものだと思ってましたが、意外な所で活用できるようになるとは・・・取っとくもんですねえw

モノはカーメイト製TE-W06双方向タイプのちょっと前の型ですが、最新型とあんまり機能は変わんないでしょう。こういうのって世代が変わっても、性能に大きな変化はないみたいですし。

ちなみに中間配線だけは車種別で買わなきゃならないので、別途購入。R1/R2/ステラはTE26(日産用)タイプの配線(3,500円程度)になります。という事は、普通は本体+配線+工賃色々で2万くらいかあ・・・(´・ω・`)
b0003526_22555643.jpg
-----【手順】-----
1:サイド&ロアパネルを外す(ピン×6)

2:運転席下のパネルを外す(ハメコミ×5、ネジ×1)

3:コラムカバーを外す(ネジ×2)*バッテリー配線をここで外す

4:ステアリング固定ボルトを外す(×2)

5:ステアリング裏奥の既存イグニッションコネクタを外し「車体側コネクタ」~「中間配線」~「イグニッション」で繋ぐ

6:アンテナユニットを設置し、配線。メインユニットに繋ぐ

7:アース線をアースポイントに留める(落とす)

8:バッテリーを繋ぎ動作(P/N検知等)確認。メインユニットを固定し、4から逆手順で戻す
-----【完成】-----

R2の場合、ポンづけで動作するようになるので非常に簡単です。でも、最近の車は誤作動防止のため別配線をしなければならなかったり、イモビライザーをキャンセルするためにさらにお高い専用配線を用意しなくちゃならないみたい。シンプル&ローテクで良かった・・・のか?

2年眠っていた割に普通に動作してくれて一安心でした。離れた所からボタン一つでエンジンがかかるので、冬場の活躍に期待・・・もう春だけど('A`)

□11/3/19追記
b0003526_2243721.jpg電池が無くなったので交換しました。マクセルのコイン電池のパッケージってレトロだなあ。

しかし、東北関東大震災の買占めパニックのおかげで電池が売り切れだったのは驚きました。需要の少ないコイン電池(CR2025)はともかく、乾電池はほぼ無かったそうです。
北海道は買い貯める必要ないだろ。アホかw
[PR]

by simataku1 | 2010-05-02 22:56 | R2F※ | Comments(0)

■R2いじり3(イグニッションキー照明装着)   

あればあったで高級感。

b0003526_2254990.jpg購入時に注文しておいたもう一つのオプションがこのイグニッションキー照明(H7047KG100)。R1/R2/ステラはキーシリンダーが真横についているため、昼間ですら挿しにくかったりします。昨今流行のプッシュボタン式には不必要ですが、昔からの鍵穴式はコレがけっこう役立つんですよね。

納車時につけてもらっても良かったんですが(工賃2,000円)、エアコンフィルターと違って配線系を弄られることを考えると、ちょっと怖くて・・・どうせ付属のエレクトロタップを使うんでしょうし。配線をキズつけて分岐するのはやっぱり信頼性に欠けるような希ガス。
b0003526_22542037.jpg
-----【手順】-----
1:サイド&ロアパネルを外す(ピン×6)

2:運転席下のパネルを外す(ハメコミ×5、ネジ×1)

3:コラムカバーを外す(ネジ×2)*バッテリー配線をここで外す

4:ステアリング固定ボルトを外す(×2)

5:照明本体と配線を説明書どおりに仮配線・配置する

6:コネクタを割り込ませ、照明本体をセットする

7:車体電源(黒25極コネクタの青/白配線)から分岐、アースも取る

8:バッテリーを繋ぎ動作確認。4から逆手順で戻す
-----【完成】-----

付属の説明書が詳しいので必ずそちらを参照して下さい。また、こちらこちら等も参考にどうぞ。
作業自体は単純ですが、元々配線がごちゃごちゃしている箇所なので混乱しやすいかもしれません。3番のコラムカバーを外す時はステアリングを左右に90度づつズラして+ネジを外しますが、電動パワステなのでバッテリー配線はこの後に外す方が賢明でしょう。ちなみに上部のコラムカバーまで外さなくてもなんとか作業できますので、多少はしょってもOKかと。

b0003526_22542886.jpgまた、7番の作業では付属のエレクトロタップで分岐するよう指示されていますが、私は手持ちのギボシ端子で確実に分岐しました。接触不良などのリスクは減らしたいので・・・。

目立ちませんが、暗くなればオレンジに光って良い雰囲気です。ちゃんと減光してくれるし。でも、ボタン式が主流になればいらない装備になっちゃうんだろうなあ(´・ω・`)
[PR]

by simataku1 | 2010-05-02 22:54 | R2F※ | Comments(0)