トップ

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

■ニコットいじり2(拡散式ウォッシャーノズル装着)   

プレオ純正のウォッシャーノズルは、ヴィヴィオと同一の単発式。ピュ~っと噴射する様は、ちょっと心もとないです。
そこで、手元に保管しておいたワイテック製拡散式ウォッシャーノズルを装備させることに!
b0003526_21172114.jpg
モノ自体は何台(リベロ→コロナ→ヴィヴィオ×2台)にも渡って着脱を繰り替えされたため、ボロボロ状態。しかし、サッと霧状に出るのは効果が高くて手放せないんですよね。

b0003526_2117565.jpg今回は純正のチェイスイエローの代わりにホンダのカーニバルイエロービートとかのアレ)を代用してタッチペンで同色化をしています。ムラムラな塗りとはいえ、遠目に見る限り色差は判んないと思いますがどうでしょ?
しかし、黄色ってホントに透けるんですね・・・普段の何倍も塗り重ねてやっと下地を隠すことが出来ましたマンドクセ('A`)

装着は噴射角度の調整を入れても5分ほどで終了。最近は拡散式ノズルが標準装備なことも多いですから、他車流用なんかも考えると楽しいかもしれません。
[PR]

by simataku1 | 2011-12-28 19:17 | プレオニコット | Comments(0)

■ニコットいじり1(R2からの装備の移植)   

恒例の装備品の移植を行いました。

b0003526_16185019.jpgオーディオ含め、一通りは揃っているニコットさんですが、ここはやっぱり使い慣れた用品の方が良い訳で。

とりあえず付いていたケンウッド製1DINオーディオは→使い慣れたソニー製へ、スピーカーはヴィヴィオ時代から使い回している10cmスピーカーへ交換しました。ソケット照明もフロア用に装着。

スピーカー取付に関してはヴィヴィオR2とほぼ同じなので割愛。純正スピーカーを留めるネジは4本ですが、R2同様に作業がしづらいので注意が必要です。結局、私は3本留め(奥側は省略w)で済ましましたけどね。だって('A`)マンドクセ

オーディオ交換に至っては超簡単で以下の通り。
-----【手順】-----

1:風量ダイヤルを外す

2:センターパネルを外す(ハメコミのみ)

3:オーディオ取付部を外す(+ネジ×4)

4:オーディオを交換し、逆手順で戻す

-----【完成】-----

ただし、純正状態だとアンテナ線の長さが足りないので延長が必要です。
また、今回はドリンクホルダーが不足(センターコンソールに1個のみのため)していたため、ヴィヴィオ時代に使っていた1DINドリンクホルダー&BOXをセット。コーヒー缶の類ならこちらの方が便利でしょう。

しかし、外してびっくり!?
それまでのケンウッド製オーディオは2本のネジでしか留まっておらず本来は4本です)、アース線もボロボロになって千切れる寸前でした。
おそらく、取付時に無理に押し込んだのが原因でしょうけど・・・お粗末な。

b0003526_1619486.jpgさらにETCの電源も私の大嫌いなエレクトロタップを使ってオーディオ線から分岐させてました。
・・・さすがに、頭にきたのでコネクタを取り外し&傷ついた被覆を修理。オーディオ中間ハーネスのアクセサリ用分岐線(ギボシ端子)へ再接続しました。まだ、こっちの方がマシだっつーの。

エンジンスターター等の移植も残ってますが、今回はここまで。
どこでオーディオ&ETCを装着したのか知りませんが、プロの仕事とは思いたくない・・・それともこんなもん?

□12/28追記
残っていたリモコンエンジンスターターを取り付けました。

b0003526_217152.jpg同じスバル車でも中間配線がR2用とは違うので改めて買い直しました(日産車用タイプ:TE20)が、基本的にはR2と同じ接続方法になります。

違いと言えば、ユニット本体を留める所がないのでコラム下の他配線に結束バンドで吊り下げて固定したくらい。また、アースはヒューズボックスの固定用金具に共締めしています。おかげで、装着後は再設定なしですぐに使用が出来ました(前設定を保持してた?)まー、えらい簡単。

しかし、謎のパーツ&ゴミが出るわ出るわw
どこにも繋がっていないリード線銅線が絡みついたボルトプラスチック片等々・・・中古車は色んな意味で面白いなあ。
[PR]

by simataku1 | 2011-12-23 16:50 | プレオニコット | Comments(0)

■【特別】エクシーガ2.0i-S/2.5i-Sアドバンテージライン   

シックと言えば聞こえは良いですが。
b0003526_2232247.jpg
年末のお買い得仕様としてアドバンテージラインが追加されました。外観はグリルやアルミホイールのメッキ彩度を落とし、大人な雰囲気に。言うなら「黒染め仕様」といった所でしょう。
どうせなら内装のカーボン調のパネルもピアノブラック調にした方が統一感があってより良いと思うんですが、どうでしょうね。

いつも通り、2Lグレードのお買い得感が際立っておりタイヤ&ホイールは17インチ化HIDクリアビューパック等までついて類似オプション(以下OP)を装備した場合よりもだいぶお安くなっているようです。
しかも、OP設定の無い電動のファブリック&合成皮革シート(2.5Lはアルカンターラ&レザー仕様)に換装されつつクルーズコントロールキーレスアクセス等も付いてきています。
う~む、どう考えても通常グレードを買う要素が見当たらないw

まだ3年しか経っていないとはいえ、在庫処分ぽい感じもしないでもありません。次期エクシーガがプレマシーよろしくスライドドアー化(初代はヒンジドア→2代目でスライド化)したら「家族もちスバリスト」へのアピールになるのは間違いないですね。

・・・でも、そうなると某ウィッシュあたりと兄弟車になっちゃうのかね?
[PR]

by simataku1 | 2011-12-20 22:04 | スバル情報 | Comments(0)

■引取   

( ^ω^ )ニコット!

'2001プレオニコット4WD(CVT)
b0003526_2030161.jpg
数あるプレオのグレードの中でも珍種の「ニコット」を買ってしまいました。まさか自分が黄色い車を買う日が来るとはw
走行距離は5万km車検は残4ヶ月販売店保証1年付冬ホイール&冬タイヤは新品40万ポッキリ!

グレード名の通り、ニコッと笑ったような顔つきが特徴で、某ピ●チュウに似てる?等とも。確かに良い意味で表情があります。
デザイン原案は伝説のエルテンだと思いますが、第33回東京モーターショーでCNG(天然ガス)仕様として参考出品され、後に特別仕様として発売(ただしガソリン化)されました。そして2年で消滅。

私の買ったニコットはCタイプ(型)。専用バンパー&ボンネットに加え、ニコットエンブレムが付くのが特徴です。(Dタイプ(型)は六連星エンブレム)
また、画像は純正鉄ホイール+台湾スタッドレスですが、ミニライト製13インチアルミホイールも付いています。純正ミニライトは夏用にする予定。
b0003526_2030830.jpg
コメント欄にてcanさんにピッタリ当てられた原因wとなったDピラーはニコット特有のカラードピラーです。このおかげで6ライトなウィンドウが強調されレトロ感を演出しているかと。逆に、そういった意味ではバンパー&ボンネット以外はあまり手が加えられてないことになりますね。

ぐるり全体を見渡すと、とにかく錆がありません。点検記録によると3年前まで神奈川でマメにメンテナンスされてた個体みたいです。さっすが関東出身のディーラー車!
大きいキズと言えば助手席側サイドシルが若干凹んでるくらい?銀ヴィヴィオの程度を考えると雲泥の差だなあ・・・。

b0003526_20302214.jpg室内はレトロフォントな専用メーター専用色のベンチシート&ドアトリム&パネルを装備して差別化。
またオプションだった助手席エアバックも付いてきました。助手席に人を乗せることを考えるとありがた~い装備です。
オマケに音声案内タイプのETCまで装備済み!配線は引き直しが必要な状態ですが、ブザー式のLTD号より豪華ですよ・・・。
また、年式の割には車内はキレイで、どうやら禁煙車だった様子。弟曰く
( ゚д゚)<「中古で買って臭くないのって初めてジャネーノ!?
と。う~む、確かに。
・・・しかし、水色のパネルはどうにかならなかったのかね?百均の電卓と全く同じ色で吹いたw

b0003526_20303040.jpgエンジンはベースのLグレードに準じ、マイルド(スーパー)チャージャーが付きます。
特にCタイプ(型)以降は小型インタークーラー&マルチポイントインジェクション(MPI)化され、若干の燃費改善とパワーUPが図られているようです。とはいえ、燃費は現代レベルだと悪い部類でしょうけど。

ちなみに過給機付の車を買うのは、初愛車ハイゼットアトレー以来、12年ぶり。なのでサブ看板だった「NAスバル車乗り~」は名乗れなく(´・ω・`)
なお、この個体にはオプションのABSも付いてました・・・が、R2がアレだったから期待は薄いです。この年式でABS付は珍しいみたいなんですけどね。

b0003526_20304326.jpg・・・と総合的には大変お買い得なニコットさんですが、気になる点もいくつかあるのが中古車のお約束であり醍醐味ですw

←まずは運転席側フェンダー下部のチリのズレが酷い!助手席側のチリと比べると開き方がハンパないです。機能に支障はないんですが、やっぱり気になります。一応「無事故車」となってますが、フェンダーくらいは交換してるかも?

あと、妙にお安い最大の理由が再塗装済という事でしょう。
おそらくは事故か色あせに伴うものと思いますが、同じチェイスイエローがまんべんなく塗ってあります。
しかし安~く塗って貰ったのか、マスキングが荒い!!。所々タレやムラがあり、プロの仕事にしてはやっつけすぎです。もうちょっとマシなやり方があったろうに・・・。

早速500kmほど走ってみましたが、郊外の幹線道路で流れをリードできるパワーには感動。R2では苦手だった再加速や坂道もグイグイ走ります。これがマイルド(スーパー)チャージャーの威力・・・か。

カワイイ顔してそこそこ速い」とは・・・意表をついてて面白いかも。
[PR]

by simataku1 | 2011-12-18 22:19 | プレオニコット | Comments(14)

■代換車購入記4(プレオ・後編)   

納車費用をケチったので、取りに向かいます。

b0003526_2252532.jpg目的地は製鉄の街「室蘭」。「工場萌え」な人にはたまらん所です。
室蘭までは都市間高速バス(道南バス)が走っており、2時間半~3時間で到着する事ができます。
まあ、こういう機会でもないとバスなんか乗らないし、片道2000円程度なら良いでしょ。
ちなみに乗り込んだバスが奇しくも北海道最後の納入(?)の富士ボディ製(日産シャーシ)バス「白鳥号」だったり。
う~む、なんの因果か・・・コレがほんとの「富士の病」?w

な~んて、つまんない事を思いつつ現地到着。各種手続きを終えて、目の前に現れたのは・・・
[PR]

by simataku1 | 2011-12-13 23:11 | プレオニコット | Comments(2)

■代換車購入記3(プレオ・前編)   

ケイで中古車探しの難しさを実感した私orz
ある朝、日産の中古車サイト「GET-U」で検索すると、気になるプレオを発見!道内だし、価格もそこそこだったので、とりあえず見積もり依頼を出して、そのまま出勤しました。

【3店目】室蘭の某店

b0003526_2225482.jpgすると夕方頃に突然電話が。
取ってみると、依頼先の営業店から
(゚∀゚)=3<「是非に検討して欲しい!!
となかなか熱いアッピールをして来ました。
しかし、ケイの件で疑心暗鬼状態だったので
('A`)<「見積りをメールしておいてくださいな
とお願いしてその場は終わり。
。oO「どーせ、お高い諸経費を上乗せするんだろ( ゚д゚)、ペッ」と期待してなかったんですが・・・。

帰宅して見積りを見ると
あれ・・・?車体35万ちょっと+新品冬タイヤ+車検取り直し+整備込+納車&車庫届出費用=45万ってもうけはほぼ本体代のみかい?」と。
これは!?という閃きもあったので「車検取り直しなし」「納車なし=引き取り」「車庫届出自前」に出来ないのん?と打診すると、これまたOK。もちろん価格もダウン。おお、融通利くじゃんw

b0003526_2315273.jpgしかも
(゚∀゚)=3<「実車を一度見た方が良いと思うので、伺います!!」という。
おいおい・・・片道2時間以上はかかるのにほんと~にいいの?と言っても「OKです!」と返事。ヤル気ありすぎで、こっちが恐縮しちゃいます。

結局、程度も(価格なりに)納得できるモノでしたし、オマケでスバル純正の新品冬ホイールをつけてもらったりしたので、あっさり契約することにしました。
だって嘘か誠か営業氏が「自分でコーティングしときました」だとか「内張り剥がしてグリスアップしました」とか「下回りもシャーシブラック塗りました」とか言うんですよ?こういう「マン・パワーアッピール」に弱いんですよ私www

車庫届出で若干の時間を食ったものの、お金の工面もうまくいき、納車・・・いや、引き取りに行くばかりとなりました。
[PR]

by simataku1 | 2011-12-10 23:50 | プレオニコット | Comments(7)

■代換車購入記2(ケイ・後編)   

数日後、気になったケイの見積り依頼に返信が届きました。

【1店目】道内某店

b0003526_23461140.jpg1台目は平成11年の前期型AT4WD5ドアで走行距離もあまり走っていない個体。ルーフレールが付いていたので中級グレードの「」かと。正直、街中でのタワーパーキング利用を考えるとルーフレールは不要(車高155cm以上NGの所が多い)なんですが、融雪剤でボディがボロボロになりがちな道内モノの割に、程度は良さそうだったので。もちろん保証付。
買いに行ける距離はありがたい、と思いつつ返信を待っていると・・・なんと

断りやがった( ゚д゚)ポカーン

返信メールは「当社は対面販売が原則。かつ、テリトリー管内での販売・登録限定だから売らん(キリッ」という上から目線のもの。
あのー・・・・・・誰も「行かない」なんて言ってないし、そもそも「管内のみ」って書いてなかったじゃん!
見積りすら出してもらえないなんて屈辱的すぎ!おのれ・・・ギリギリギリ。

【2店目】都内某店

b0003526_20464134.jpgもう一つ、気になっていたのは東京都内にある個体。こちらも同じく前期型AT4WD5ドアですが平成12年式と若干新しく、グレードは下級の「G」になるようです。個人的に無用なルーフレールが外れ素ガラスになるので理想的。程度もかなり良さそうだし、割に本体代が安い!関東の中古車は程度が良いのが多そうですねえ。羨ましい・・・。
しかし、最大の問題は店との距離(800km強!)。陸送は可能らしいんですが、見積りを見てびっくり!

は、8万弱ぅ?

しかも整備費用やらなんやらで、総額50万弱になっちゃうみたい。
いや、陸送費はそんなもんでしょうし、諸費用を上乗せたら仕方ないんですが、それにしても。予算内ですが、ちょっと無茶でしたね(´・ω・`)
[PR]

by simataku1 | 2011-12-08 00:27 | プレオニコット | Comments(2)

■代換車購入記1(ケイ・前編)   

予想外にR2を手放してしまったので、次なる営業車を購入しなくてはなりません。もちろんLTD号でも仕事はできるんですが、3台が必要な環境なので単純に台数が足りない罠(´・ω・`)

購入にあたっての条件は4WDAT/CVT、そして4ドアであること。汎用性の点ではR2で正解だったので、準じて選びます。メーカーは問いません。
ただし、予算はコミコミ50万以下!
すなわち、「中古車」限定と言うわけです。この辺がギャンブルですね・・・。
リスクを減らすため、ディーラー系でかつ保障の付く車をピックアップしましたが、10万km前後の過走行車か事故修復車ばかり。・・・む、難しいorz

b0003526_12154684.jpgその中でも安価で、程度も良さそうなのが多いのがスズキのケイ

新規格1世代目として高い地上高(180mm)と安価な価格(ターボ付で100万前後)が受け、約11年生産されたご長寿車です。通称「雪国のアルト」w
顔の変わる中・後期型は予算オーバーですが、前期型(↑画像)ならなんとか手が届きそうな感じです。派手さはありませんが、使い勝手を考えると手堅い所でしょう。

ディーラー系検索サイトで調べた所、何台か条件に合ったので、見積り依頼をポチッと送信するのでした。
[PR]

by simataku1 | 2011-12-03 12:41 | プレオニコット | Comments(0)

■【モデルチェンジ】インプレッサスポーツ/G4   

東京モーターショーに合わせ、4代目インプレッサ(GP/GJ)が発表されました。事前の広報活動で新鮮さはありませんが、ようやく出たかと言った所。
b0003526_0355310.jpg
外観は大きそうに見えますが先代GH/GEとほぼ同じ大きさです。しかし、フロントガラス下端を前進させ、かつホイールベースを拡大した事で室内空間はグッと大きくなっています。三角窓はご愛嬌。

エンジンについてはフォレスターに搭載される新型FB型ボクサーエンジン2Lとボアダウン版1.6Lの二本立て。懸念どおり1.5L(EL)エンジンは消滅しちゃいました・・・。
まあ、世界的に見ると1.6Lがスタンダードなので、スケールメリットを取って捨てたんでしょう。国内で売れる台数を考えると仕方ないかと。
でも、初代インプレッサは1.6L(EJ16E)があったので、ある意味先祖帰りだよなあ。
b0003526_036664.jpg
グレードは下から素1.6i、普及版1.6i-L2.0i-Lと最上級2.0i-Sにはアイサイト仕様も選べます。一番安いアイサイト仕様が2.0i-Lの219万なので、レガシィ最安値アイサイト仕様「Bスポーツ」と比べても25万以上お安いという。レガシィを色んな理由で敬遠してた層には呼び水になるかも?

b0003526_0362873.jpgミッションはついにCVT化。レガシィ等でおなじみのリニアトロニックが搭載されます。何より嬉しいのがMTが残ったことでしょう!1.6LのAWDのみですが、個人的にはピンポイントすぎて文句なし!!決して

素の1.6iのシフトノブの質感ヒドス('A`;)」

とか思っちゃいけませんwww
噂だと次期WRXSTIはダウンサイジングして1.6Lターボ仕様になる?らしい??ので、ミッションマウントだとか色んな関係があるのかも。

また現行レガシィを超えたと一部で言われる室内は質感が大幅UP。カチカチのプラスチックだったインパネがソフトフィール仕様に戻り、シートも素1.6iを除く全グレードで本革仕様が選べたりします。先代GH/GEインプに乗ってる方々には申しわけありませんが、2代目インプ乗りの私から見ても先代のコストダウンっぷりは酷かったですから・・・ね。
b0003526_0361776.jpg
そのインパネのデザインも変に凝らず、オーソドックスな配置のままなのが二重丸。長時間運転してると「普通」ってのが、実は重要ですし。
チルト&テレスコステアリングもようやく全車標準とし、シートも背面が大型化。より幅広い層の人間が運転しやすいよう考えられています。後席真ん中ヘッドレスト等、省略しがちな装備をキチンと付けているのはエラい!

ゆえにサイドエアバック&カーテンがオプションなのが残念でなりません。レガシィアイサイトBスポーツでも省略してましたが、そんなに価格に影響でるんですかね?普及しないといつまでも高いまんまな気もするんですが・・・。
b0003526_0364316.jpg
VDC(横滑り防止)と四輪ディスクブレーキを全車に装備し、流行のアイドリングストップまで装備しながら、MTを残したりパワステが一部で油圧(!)のまんまだったりと、新旧織り交ぜて高バランスで仕上げられている新インプレッサ。非常に期待が持てます。

う~ん、次期車の第一候補はG4セダン1.6i-4WDのMTだなあ。これに素ガラスのまま本革ステアリング&シフトなんか装備してくれたら(*´д`*)ハァハァ
[PR]

by simataku1 | 2011-12-01 00:37 | スバル情報 | Comments(8)