トップ

<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

■ニコットいじり31(ドライブレコーダー取付)   

だいぶ前から気になっていたドライブレコーダーを実験的に投入してみました。

b0003526_19344526.jpgいざ、探すと官庁御用達の日本製から怪しい中国製まで、まさにピンキリ。
今回は「お試し」なので安価な5,000円以下モデルに限定して、かつ
・"毒"電波=妨害電波(?)を発生しない
・本体の装着が吸盤ではなく両面テープ
・常時録画

の条件をクリアする製品のみで選んでみました。
結果、慶洋エンジニアリング製AN-R003というモニタなし&音声なしのシンプルな製品に決定(マイクロSDカード付:通販価格3,980円)。徹底的に機能が省かれてる分、安い!
実は上位機種のR007というモニタ付きも予算内だったんですが、あいにく売り切れ。最終的には「目玉おやじみたいなボディが、ニコットに似合いそうw」と思ったのが決定打となりました。

b0003526_19343126.jpg-----【手順】-----
1:車体側ドアゴムを剥がし、Aピラーの内張りを剥がす(ハメコミ)

2:本体を"仮"設置

3:配線を「本体~天井~Aピラー~グローブボックス裏~ソケット電源」と行なう

4:試し撮りをして位置を調整

5:本体を本設置(付属両面テープ)

6:Aピラー内張&ドアゴムを元に戻す
-----【完成】-----

設置位置はフロントウィンドウの実長20%(1/5)以内に付けることで、保安基準をクリアできるそうな。幸いニコットは車検ステッカー左横が空いていたので、ルームミラーに隠れるように貼り付けることが出来ました。
・・・ちょっと空気入っちゃったけど(´・ω・`)ショボーン

配線はソケット電源に差し込むだけなので超簡単ですが、モニタが無い分「仮設置・撮って・PCの専用ソフトで見て・調整」の繰り返しが面倒かもしれません。
b0003526_1935185.jpg
ちなみにオマケされてたサンディスク製2GBマイクロSDカードは同16GB(980円)へ換装し、録画時間を延長。何も無い限り、外して見ることは無いと思いますけどね・・・。

□6/1追記
【昼・晴れ】
b0003526_1411562.jpg
昼だと、まあまあ状況が判るレベル。30万画素のCMOSカメラだとこんなもんですね。ちなみに前車のナンバープレートは全く読み取れません・・・ボヤケちゃって勝手に個人情報保護www
信号の色は認識可能なのが救いかも。

【夜・晴れ】
b0003526_1421047.jpg
見えねえw
・・・街灯の全く無い峠で写したわけではなく、一般的な住宅街で撮影。
ヘッドライトが当たる部分は見えますが、その他はほぼ見えません。
こいつは厳しいぜorz

事故の際の証拠・・・いや参考くらいになれば御の字かな。

□9/29追記
久々に動画チェック。

・・・・・・7/4以降何も記録されてない。

試しに他のマイクロSDカードに換えると記録されたので、書き込みエラーっぽいです。時期的に暑さでイカれたか?
とりあえずカードをフォーマットして入れ直しましたが、定期的なチェックは必要ですね。イザと言う時「記録されてませんでした(・ω<)てへぺろ」じゃあ、洒落にならんて。

□10/6追記
電源の緑LEDが点灯してないので、もしやと思いチェックすると

また録画エラーorz

カードを再フォーマットしてセットすると何事もなかったかのようにLEDが点いたので、本体よりはSDカードに問題・・・というか相性が良くないみたいですね。一応、梱包品と同じサンディスク製なんだけどなあ。
[PR]

by simataku1 | 2013-05-30 20:19 | プレオニコット | Comments(10)

■ニコットいじり30(ETC配線の見直し)   

b0003526_016431.jpg前から気になっていたETC配線をやり直しました。

納車当時のクソな配線から、緊急的にオーディオの電源を分岐させてましたが・・・いい加減、インパネ右ポケット~ステアリング下~オーディオ間をだらしな~く横断さてせるのはイヤになったんですよね。

そこで、ETC本体から近い電源=すなわち足元のヒューズボックスから直接電源を取ることにし、よりスマートに変えることにしました。簡単にいうとLTD号と同じ手法を使おうという訳です。ちなみに電源ON/OFFのスイッチはなし。

b0003526_046563.jpgまず、フジックスの「ミニヒューズで電源10A」350円)を用意。アクセサリ(ACC)を使用するのでヒューズボックスの「ラジオ・シガーライター」の既存ミニヒューズと入れ替えます。

後はETC側配線と結線し、アースを適当に取ればOK。ETC側の配線は既にギボシ端子化済みだったので、アッと言う間に終わってしまいました。
面倒だったのでダブル管ヒューズ仕様(10A+1A)になってるけど大丈夫・・・だよね??

高速嫌いだった私すら、もはやETCは必須アイテム。ニコットだと基本、左車線オンリーですけど・・・。
[PR]

by simataku1 | 2013-05-27 00:58 | プレオニコット | Comments(2)

■【特別】インプレッサスポーツ/G4アイボリーセレクション   

売れにくい白内装をなんで設定するかね・・・?
b0003526_20382982.jpg
大好評のインプレッサに白内装仕様が追加
海外仕様には既に白革仕様や白ファブリック仕様もあるみたいなので、手持ち装備を流用した変化球みたいですね。ただし、売り上げに繋がるかは謎。

グレードは1.6i-L2.0i及びアイサイト付の3つ。FF&AWD共に用意がありますがMTはありません。そもそも「白内装×5MT」って"ヘンタイ"しか乗らないかw
室内装備は1.6Lではステアリングやシフトノブが本革化されますが、2Lは特に変化なし。面白い所だと素2.0iのリヤガラスが濃色化されるくらい。逆に素ガラスだった事に驚き・・・。
b0003526_2038197.jpg
外装はHIDクリアビューパックが標準化され、ドアノブがメッキ仕様に。このメッキドアノブは純正流用で流行るかもしれませんねえ。
また、2L車にはキラキラな16インチアルミホイールも装備。う~む、こう見るとこのホイールはちょっとカッコイイな・・・XVのピーマンホイールといい、センスの良いデザイナーでも居るのかしら?

白内装は室内が明るくなりますし、メリハリが出て良いんですが実用に欠ける部分があるのが難点。いざ買おうとしても「汚れそう」という一点だけで早々に選択肢から落ちる事が多そうな(´・ω・`)

実際、汚れが目立ちますし、チョコレートなんて厳禁ですけどねorz(経験者)
[PR]

by simataku1 | 2013-05-14 20:38 | スバル情報 | Comments(2)

■【特別】アウトバック2.5iアイサイトEXエディション   

前ビームスコラボのセンスはどこへ・・・?
b0003526_20311175.jpg
アウトバックに特別仕様車が設定されました。限定で600台のみ。
前EXエディションは老舗セレクトショップビームスとのコラボでしたが、今回はスバル単独みたいです。そのせいか、選択できる色(・白・暗い赤)がパッとせず。金かけてないね・・・。

b0003526_734307.jpg特別装備は前回を踏まえて丸洗い出来る荷室(デュラブルフロア)等を装備。
ただしアルカンターラ×白レザーのシートが→茶レザーのシート内装に変わったり、外装も専用フロントグリル専用サイドシルクラッディングに加え、メッキドアミラーメッキドアハンドル等、光モノを追加しています。
個人的にはこのメッキ装備がちょっと煩い気がしたり。要所だけを光らせるからこそセンス良く映えるわけであって、付け過ぎると逆に安っぽくなりがち。
そこら辺は前ビームスコラボの方が抑え方が上手かった?

b0003526_20314326.jpg今回の一番の大きな売りは専用の可動式大型ルーフレールでしょう。

通常時は普通のルーフレールですが、途中の可動する支点から反対側のルーフレールへ90度に橋渡すとクロスバーになるというアイデア装備。対過重が何kgまでかは不明ですが、ルーフボックス装着に、いちいちアタッチメントを買い足さず「ポン乗せ」できそうなのが良いです。とにかくギミック付き装備はたまらんですねw

そういえば前EXエディション登場時はSOHCエンジン×リニアトロニックCVTというツウな組み合わせだったんですねえ・・・たった1年半なのに技術革新は早いなあ。
[PR]

by simataku1 | 2013-05-14 20:31 | スバル情報 | Comments(0)

■【マイナーチェンジ】レガシィ   

末期を感じるグレード整理・・・。
b0003526_2024749.jpg
いよいよレガシィシリーズもEタイプ(型)へチェンジ。
とはいえ、前Dタイプ(型)のような大幅な変更はなく、次なるモデルチェンジに向けた整理が主となっているみたいです。具体的には素の2.5iとLパッケージが廃止され、特別仕様だったBスポーツアイサイトがカタログ入り。アイサイトなしモデルや、Gパッケージなるビルシュタインの足がレスされただけのほぼSパッケージな上位グレードまで展開しています。こりゃ大盤振る舞いだなあ。
また、アウトバックは素2.5iを残しつつ、LパッケージがBスポーツ化。いよいよ3.6Rが孤高の存在になって参りました。
歴代で繰り返される展開ですが、この末期頃が一番お買い得なんですよねw

これでB4とツーリングワゴンの全グレードが外装(Sパッケージ相当)&内装を黒色に統一化、装備面も左右独立温度調整機能付きのオートエアコンやキーレスアクセス&プッシュスタートがBスポーツから標準化しています。外観上の違いはもはやホイールの大きさくらい?
ちなみに2.5GTアイサイトも削除されDITへ統合。ついにEJエンジン搭載のレガシィは無くなってしまいました(´Д⊂
残るEJエンジン搭載車はWRXエクシーガGTくらい。これも時間の問題・・・か。

次期型はさらに肥大化しクラウンクラスになるとか。また、北米市場よろしくツーリングワゴンを廃し、セダン&アウトバックのみの設定にする等の話も聞こえています。そしておそらくはハイブリッド化もされるでしょう。
もはやレガシィである必要があるのかなあ・・・?
[PR]

by simataku1 | 2013-05-14 20:25 | スバル情報 | Comments(6)