トップ

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

■第2回札幌モーターショー2014   

世の男女がキャッキャウフフとバレンタインデーに浮かれてる中、男二人で仕事をサボってモーターショーに行ってやったぜwww
b0003526_11274293.jpg
前回同様、一番混まない"だろう"日を選択。人ごみの中で見ても楽しくないし、コンパニオンの疲れた顔見ても萎えますし・・・ね。
観客席経由で下っていくと、ようやく来場。震災の傷が癒えてなかった前回より、活気に溢れた印象です。
b0003526_11375589.jpg
スバルブースは会場の真ん中あたり。コンセプトカー2台BRZレーシング、そしてレヴォーグ2台フォレスターXブレイクという感じ。
b0003526_11413114.jpg
クロススポーツデザインコンセプトの実車は思ったより完成度が高く、少し手直しすればこのまま売れるような気がしました。しかし上下開きのバックドアを見ていて「カッコイイ霊柩車だな」と思ったのは私だけ?
b0003526_11475835.jpg
クロスオーバー7コンセプトも、これまた実車の方がカッコイイです。よく考えるとアウトバックがあるなら、7人乗りクロスオーバーがあっても変ではないですね。モデルチェンジされたエクストレイルも7シーターSUV化された訳ですし、"ありえない"と一蹴は出来ないかも。

b0003526_11541736.jpgそしてレヴォーグ
予想通り、白レヴォーグは整理券がないと座れない&触れないという上から目線な展示(前回のBRZと同じ手法)。
絶好調な企業はやることが違いますねえ。お高く止まってますこと。

もう一台のレヴォーグは壇上にあり、お姉さんの解説が入る仕様です。BPレガシィツーリングワゴンの後継として考えれば、正常進化という言葉がピッタリ。堅実で保守なデザインに色々思う所はあるものの、売れる予感。
b0003526_1245897.jpg
レヴォーグに関しては個人的にコレといった感動はありません。むしろ「ふ~ん」という一歩引いた気持ちがどんどん強くなってきたり。前情報が多過ぎて飽きたのか、はたまた微妙に買えない価格帯だからなのか。

b0003526_12435723.jpg日産ブースは往年のプリンスR380が鎮座。こういう場に古い車を並べるのは卑怯だわw
おかげで新規格超小型EV「ニューモビリティコンセプト」以外は記憶にありません。新型スカイラインデイズルークス??何それ・・・?

以前、横浜へ行った時に一般参加の実地試験期間中だったらしく、市内をかなりの台数のニューモビリティコンセプトがカッ飛んでました。でも乗っている人がみんな笑顔だったのが印象的だったなあ。今の車に足りないのはそこら辺か。

その他ダイハツは次期コペンを展示。
b0003526_12525044.jpg
着せ替え中に激写。外パネルが簡単にパコンパコン取れてたけど、走行振動で外れないんだろうか?道端に突然"抜け殻"があったらヤダなw
b0003526_12594493.jpg
対してホンダのビート後継「S660コンセプト」。Nシリーズが売れまくってるおかげで予算が確保できて、日の目を見れそうで良かったね。
そういや親戚に居るビート乗りの方は、買い替えるのかしら・・・。

b0003526_136321.jpgマツダはCX-5アテンザアクセラを展示。全車を真っ赤で統一して、ブースの魅せ方が非常にうまい。

アクセラにはディーゼルやMTもラインアップされているので、心惹かれる車です。ただし理想のディーゼル+4WD+6MTの組み合わせはなし
さすがにそういうニッチな要求は難しいのね。
あちこちで言われますが、もう普通の4WD+MTは諦めるしかないのかねえ。

そんな4WDでMTといえばジムニー
b0003526_13232624.jpg
コンセプト名はエックス・ランダー。次期ジムニーの方向性はこの路線なんでしょうけど、旧型乗りからは「軟弱になった」とか「こんなのジムニーじゃない」とか毎度(SJ→JAやJA→JBの時)のことながら言われそう。
b0003526_13311025.jpg
大人気のハスラー派生「ハスラークーペ」。昔、X90という車があってだな・・・

ピンク色のクラウンに目を引かれ、ブースに近づくとあったのが
b0003526_1317346.jpg
トヨタのタクシーコンセプト。2018年にコンフォートを廃止して次期「お・も・て・な・しカー」となるとか。ドアマークの旧トヨタロゴが素敵。全車こっちに戻そうよw
b0003526_13193710.jpg
2020年の東京オリンピック頃にはある程度流通させておきたい思惑かも。5ナンバーでスライドドア・・・ラウムでいいじゃん。
b0003526_13423111.jpg
86のオープン仕様。元々数を出す車じゃないから、普通に設定して売ってても問題ないでしょ。買う人は買う。買わない人は買わない、けど。
それにしてもトヨタブースのスタッフの態度があんまり好きになれません。特に新型ハリアーハイブリッドには終始毛ばたきをかけていて、気分は立ち読みしてる中学生そのもの。触られたくないなら展示するなよ・・・。

外車ブースもありましたが、例のごとく省略。
しいて言えばフェイスタイプシロンミトパンダあたりの現実路線で買えそうなコンパクトカーは気になりました。それよりコンパニオンは外車ブースやバイクブースが圧倒的にイイ!
b0003526_13504370.jpg
ドゥカティ(イタリア)
b0003526_1353820.jpg
カンナム(カナダ)
b0003526_13544787.jpg
左:ジープ(アメリカ)/右:ランボルギーニ(イタリア)
b0003526_13571542.jpg
上:マセラティ(イタリア)/下:アルファロメオ(イタリア)
b0003526_13594725.jpg
左:スズキ/右:日産
なんと言うか、こういう「お姉さん写真」を掲載すると自分の性癖をオープンにしてるようで、えらく恥ずかしい・・・。

ただ、個人的にはカワサキが一番印象に残りました。
b0003526_14321978.jpg
b0003526_14334715.jpg
イメージカラーのグリーンをうまく使って、企業イメージの見せ方・伝え方と製品×人間との関係性の展示が一番上手。
単純にコンパニオンが可愛かったからだろ?って??

・・・・・・否定はしないw
[PR]

by simataku1 | 2014-02-16 18:00 | チラシの裏 | Comments(0)

■試乗記65(スズキハスラー)   

ジムニーのオイル交換ついでに、話題のハスラーを試乗。
b0003526_1945279.jpg
パジェロミニテリオスキッド亡き後、空席になっていたシティクロカン軽に名門「ジムニー」を持つスズキが放ったのがこのハスラー。上の年代層は仮面ライダーのバイクを思い出す、昔の名前で出ていますシリーズですw

b0003526_1924518.jpgベースのワゴンR同様、NA/ターボ、2WD/4WD、そしてMT(!)/CVTが選べる豊富なラインナップ。

外観はAピラーを立たせた四角いボディと丸いヘッドライトが力強さ&可愛さを両立させて、個人的にかなり好印象です。イメージが近いのはダイハツのネイキッドかな?
ちなみに大本営発表では長寿だったクロスオーバー軽「Kei」の後釜として考えていて「雪国の足になるような軽自動車を提供したかった」・・・らしい。確かに腹下が高い(ハスラーは4WDで175mm)軽の需要はありますね。

b0003526_19322878.jpg試乗車は上級グレードのXでターボなし。上級グレードだろうがツートンだろうが無塗装バンパーのままなのが、そそります。

ワゴンR比で背が高くなってますが、乗り込む時にジムニーのような「よっこいしょ」という登る動作が必要ありません。
またAピラーが直角に近いくらい立っているため、斜め後ろ以外は視界は良好。ワゴンRよりも圧迫感がないんじゃないでしょうか?運転席からはJAジムニーの頃の雰囲気すら感じた・・・というのはさすがに言いすぎかw
b0003526_19483785.jpg
内装もワゴンRとは別方向でゴツゴツとした男ぽいデザイン。よ~く見ると色んな車種のパーツで作られてますが、部品を共通化しつつ構成力で別物に見せるのはスズキの十八番ですね。
そんな中、ハスラー独自のスイッチが中央に3つ並んでおり、画像左から「グリップコントロール」、中「ヒルディセントコントロール」、右「シートヒーター」となります。実際使えるかどうかはともかく、次期ジムニーにも付きそうだなあ。

数kmの試乗だったものの新型R06Aエンジン+エネチャージのトルクフルぷりに驚きました。発進もグイっと前に出るし、その割にCVTが回転を抑えてて車内も(軽にしては)静か。以前借りた先代ワゴンR(NA)は力不足感がぬぐい切れてませんでしたが、これならターボなしでもいいかもしれません。

ニコットさんの後継なら、コスパ&リセールに期待できる、先進技術満載なGグレード4WD(NA+CVT)×屋根ツートン?
[PR]

by simataku1 | 2014-02-02 20:04 | 試乗記 | Comments(8)

■車検前無料診断&見積もり(2回目)   

車検まで残り1ヶ月になったので、スバルにてお見積もり。

ニコットさんはメーター読み5万km超wですが、実際は13年9万km超という状態。消費税アップも控える状況下、どうしても「買・い・替・え」の4文字がよぎります・・・。
実は見積もり前に弟と"賭け"をしておりまして。要は車検代がなんぼ?か。

私(´・ω・`)<25万
弟('A`)<18万

と予想して笑っておりました。そして、その答えがこれ↓
b0003526_1805385.jpg
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
本当に30万超えしましたwww新記録
さすがにK点(車体購入価格)超えはしなかったけど、見積もり一発目にしては中々インパクトある数字です・・・車に疎い人が見たら即買い換えさせられますね。ちなみに詳しい内容はコレ↓
b0003526_18162696.jpg
予想通り、ロアアームは両方×印で合わせてタイロッドもダメみたい。
また、ブレーキパッドの残量も2mm程度しか無いとか(規定値は1.5mmまで)。MT車と違って減速・停止はブレーキに頼るしかないので、仕方ないです。

エアクリやプラグの交換は定番ですが、詰まりや失火を感じないので予防整備の一環でしょう。
ただし、予想外だったのは「ラジエーターからのにじみ」の指摘。おそらくはカシメからじんわりクーラントが出てきてるんでしょうけど・・・市販のリーク止めとかで対処できないかな?
とどめは各部(ロッカーカバーG/K、フロント&リヤシール)からのオイル漏れですが、ヴィヴィオ時代からのお決まり箇所すぎて、ぶっちゃけどうでも良いです。駐車場にお漏らし跡を残すまでは1人前とは思わんw

今回は「延命」に決めてるので作業を選別して車検を通しますが、さすがにこれが最後の車検かな・・・。
[PR]

by simataku1 | 2014-02-01 18:37 | プレオニコット | Comments(0)