人気ブログランキング |
トップ

■納車   

これもまためぐり合わせ。

'1996ヴィヴィオM300-4WD(5MT)
b0003526_20292241.jpg
ヴィヴィオ様の復活を探りつつ修理をしていた所、偶然にもヴィヴィオを手放すという方が現れまして。聞くと、6年ほど通勤に毎日使っていたらしく車検があと2ヶ月ちょっと残った状態で処遇をどうしようかと思ってたとのこと。
(´・ω・`)私「勿体無いスね
(・∀・)先方「じゃあいる?とりあえず見においでよ!
といった感じで、気付けば手に入れてました。しかも先方の計らいでほぼタダ。

年式は私のタイプSと同年式ですが、半年ほどのズレているのでマイナーチェンジ後のEタイプに当たります。グレードは当時の最量販グレードM300。もちろんセレクティブ4WDの5速ですw

b0003526_20523947.jpg外観は最終レックス風のNA専用バンパーとプレオと同型の大型ドアミラーが装備されるようになったくらいで大きな変更はありません。言ってしまえば色・グレードともにどこにでもある近所のおばちゃんのヴィヴィオってヤツ。特徴が全くありません。

タイプSではないのでリヤスポイラーはなし。中古スバル車の定番「窓ガラスに変なフィルム」がこの車も貼ってありましたが、透明なタイプをわざわざ選んでたり、社外安アルミに横浜DNAエコスをあえて純正サイズで履かせてたりするので、前オーナーのこだわりを感じます。エコス(・∀・)イイ!

b0003526_2201165.jpg内装はややサイドサポートが強いバケットBタイプ=スポーティシートを装備。タイプSとは違う柄のシート生地ですが個人的にはこちらが好み・・・だってタイプSのはダサい千鳥柄なんだもの。ちなみにドア内張にも生地がちゃんと貼られています。

ステアリングには今や時限爆弾でしかない機械式エアバックが。まぁ、4本スポークの純正ステアリングはデザイン&握り共に悪くはないので良いのですが、ちょっと怖いかも。
また、ヒーター付き電動ドアミラーも標準装着しておりタイプSからガクンと快適装備が落ちた感は少ないです。何よりエアコンがバッチリ効くのが涙モノです(´Д⊂
b0003526_22245482.jpg
とはいえ末期らしくコストダウンの影があちこちに見え隠れするのは閉口しちゃいますね。canさんや他方面からも噂には聞いてましたが・・・。
タコメーターが無いのは仕方ないにしろメーターをバングレードと共通化してたり、パワーウィンドウスイッチは4ドア用と共用化し中期型よりも大型化する始末。ルームミラーもおそらくバングレードと同じ「薄々」のタイプでしょう。さらに助手席グリップは当然のように無く、ご自慢のシートベルトの上下調節機能も廃止。シガーソケットもオプション化して徹底的にコストダウンしてます・・・が
やることがケチ臭ぇ!
たった半年の差とはいえ、こんなに違うとは(((;゚Д゚)))

そんなこの車を引き取る事にした最大の決め手はエンジンの程度の良さ。オイルのお漏らし具合が軽度&タイミングベルトを交換しているのでタイプSのくたびれ具合とはだいぶ差があります。とりあえずクラッチワイヤーも調整したら良い具合に決まるようになりましたし、その点ではアタリかもしれません。

b0003526_22373082.jpg反面、最大のネックも抱えておりまして・・・それは

サイドシルに大穴が。

幸か不幸か運転席下側のみ腐っておりまして、指で押すとボロボロと崩れ落ちる酷い状態です。そのせいで段差のたびに「ギシリ」というイヤ~な音が室内に響いたり。こりゃあ、そのうち手術が必要になるかも・・・。

そもそもは「タイプSのエンジンドナー車になるかも?」という思いで引き取りましたが、知り合いのメカニック士曰く「2台分のエンジンを下ろして、1台に載せたらもう1台ヴィヴィオが買える金額になるぞ」とのこと。ごもっとも。
仮にタイプSを生かせたとしても、エンジン以外も老朽化しているので「修理のいたちごっこ」になりそうなのは目に見えていますし、絶賛実感中ですorz

四苦八苦している時期に幸運にも同型の箱が手に入ったのも何かあるのかもしれません。タイプSは私自らの手で引導を渡すべき・・・か?

□10/1追記
とりあえずチョコチョコと乗り出していますが、個体差に四苦八苦してる次第。
タイプSよりは全体のしっかり感はあるんですが、明らかにステアリングの戻り、すなわちキックバックが強い=アライメントがズレてる感じが。運転していて非常に疲れます。要改善。

またマフラーは完全に穴が開いてますねコレ('A`;)
ブボ~ブボ~と恥ずかしい音がフロア下から響きます。まぁ、ストックの部品があるから良いけど。

□10/22追記
アライメントをいつもの方法で簡易測定してみましたが、なんと誤差0(!)。いや、たまたまだったのかもしれませせんが、差し引いても酷くはズレていないということに。
・・・ううむ、後に考えられるのは単純に社外安アルミ&2部山タイヤのせいくらいとしか。スタッドレスタイヤに替えて、変化があればビンゴですな。

しかしこの個体は「交換」整備はきちんとマメにしてきたようですが、「調整」整備をおろそかにしていた印象があります。手前に来すぎていたクラッチの踏みしろ(→規定内に調整済)しかり、折れ曲がってた事でペダルが重かったアクセルワイヤー(→修正済み)しかり。
お金がかかんない部分だから良かったものの・・・(´・ω・`;)

by simataku1 | 2009-09-17 21:02 | ヴィヴィオM300※

<< ■インプレッサいじり69(リヤ... ■譲受決定 >>