トップ

■ニコットいじり21(リモコンエンジンスターター電池交換)   

b0003526_1613440.jpgアイドルストップ装置が必須となりつつある昨今、ある意味「環境保護」の逆をいくリモコンエンジンスターター(以下エンスタ)装置ですが、利便性が高すぎて手放せなくなってしまいましたw
やっぱり厳寒期の二桁マイナス気温はツラいですよ・・・。

さて、反応が鈍くなってきたので1年半ぶりに電池交換を行うことにしました。冬場はかなり使用してたとはいえ、こんなに短命なもんですかね?

□12/29追記
断続的に「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ・・・」と反応して、おかしいなあと思ってましたら

完全に沈黙しましたorz

分解しても蘇生せず。買い替えかλ.......
[PR]

by simataku1 | 2012-11-24 17:05 | プレオニコット | Comments(2)

Commented by 事情通 at 2012-11-26 01:29 x
秋→冬の平均温度湿度下がる時期は、電池自体が不活性気味で
電圧落ちてたりして、様々な機器で交換時期が来やすいです。

デジタルテスターで電圧確認してると、夏場になると使えたりする物も
実際有りますが、冬には鈍くなるので結局交換です。

厄介なのは新品電池に交換しても、リモコンなりキーの動きが鈍い場合。
これは 回路内のあらゆる蓄電系部品が不活性気味なのと、「衰え」
が重なって動きを鈍くしてる場合が有り、特にコストダウンが
叫ばれるようになった ここ十年位の部品は「衰え」が顕著な模様、
なかなか個人では交換困難な回路内で、部品特定も難しいですが
やはり一番怪しいのは、電解コンデンサとチップコンデンサです。
ちなみに使う前にポケットなどに入れておいて、暖めておくと
動きが良かったりするのが この要因あたるようです。

このような現象はリモコンドアロックキーの動作でも起きやすいようで
電波式より赤外線式、トヨタよりスバル・日産、のキーでよく起きる気がします
エンスタでも同様な気がする次第ですが、-2桁気温は・・・参りますね。

以上冬場でも、タマ~に朝マイナス気温な地域からでした。
Commented by simataku1 at 2012-11-26 22:01
なるほど。
そもそも冬に鈍くなる時点で交換時期が近いんでしょうねえ。LTD号のバッテリーなんか8年を超えてますから、いつお亡くなりになってもおかしくないくらい弱ってます・・・。
最近はリモコンキーが反応したりしなかったりするので、まんべんなく劣化が進んでるんでしょう。

そういえば昔々ミニ四駆が流行ってた頃、ヘタった電池は冷蔵庫にいれると復活するという謎の噂が流行ってました。
今考えると、根拠がない上に逆のことやってたんですねw

<< ■インプレッサいじり86(スタ... ■オイル&フィルター交換&燃費報告4 >>