人気ブログランキング |
トップ

■ブレーキ警告灯の点灯   

b0003526_16545326.jpg朝、いつも通りにニコットさんに乗り込むと何故かブレーキ警告灯が?
前日にサイドブレーキを掛けた記憶はありませんし、そもそも厳寒期の北海道でサイドブレーキの引きっぱなし駐車はご法度です(凍結するため)

引きずりも感じないため、しばらく走っていると"ふっ"と警告灯が消えてしまいました。う~ん、何なんだ??

おそらくは前日についた水がマイナス気温下で凍り、何らかの形でセンサーに誤作動を起こさせたんじゃないかと思うんですが・・・しばらく様子見かなあ。

□12/19追記
b0003526_2112914.jpgコメント欄にて「ブレーキフルードが不足してるんじゃないか」というご指摘があったので、確認してみました。
タンクのMAX~MIN基準内には入っていますが、ちょっと少ない・・・?ただ、フルードが減る=ブレーキパッドが減る、もしくは漏れているという事ですので、どのみち点検は必要ですね。

現象は
マイナス気温下で初動からしばらくは警告灯が点くが、ややすると消える
カーブや段差によっては点いたり消えたりする
ブレーキペダルの戻りが悪い(ワンテンポ遅い)時がたまにある
と言った具合。ちなみに気温が高い朝は点く事はありません。
走っていて不具合を感じない分、余計に気持ち悪い・・・('A`)

□12/24追記
ディーラーに入庫してきました。
担当氏は警告灯が点灯してる事を確認してくれたものの、原因ははっきりせず。とりあえずフルードを補充したら消えてしまったので、おそらく単純な液量不足だったんでしょう。

・・・でも減ってたって事は何か原因はあるよなあ。もやもや(´・ω・`)

by simataku1 | 2012-12-15 17:05 | プレオニコット

<< ■ニコットいじり24(ヘッドラ... ■【ニューモデル】プレオプラス >>