トップ

■ニコットいじり24(ヘッドライトバルブ再交換)   

いつのまにか片目になってました。
b0003526_1784335.jpg
銀ヴィヴィオ時代から引き継いで使っていたゴールドバルブがついに殉職。ロー側のフィラメントが弾け飛んでました。まあ、過酷な環境下で丸2年持てば満足です。本当にこのバルブは価格の割に寿命が長くて、コストパフォーマンスが良いなあ。・・・中国製だけども。

ということで、今回もご指名でベイテックス製スーパーハロゲンバルブ「シャイニングイエロー」をお替り。近所のホーマック998円でした。相変わらずお安い!

b0003526_17344213.jpgヘッドライトのバルブ交換なんて手馴れた物ですから、ボンネットを開けて片手でクリクリと出来・・・でき・・・あれ?出来ない??
かなりの力を入れても分離しないので、よ~く見ると・・・

こ、コネクタが溶けてやがる・・・orz

コネクタの一部が熱で溶解して固着してしまったみたいです・・・げげげ。
調べると、よくある事象らしくコネクタ交換になるみたい。とりあえずコネクタの形が残っていたので、プラ破片+電工テープでぐるぐる巻きにして応急処置。バルブを交換しておきました。

単なるバルブ交換のつもりが面倒ことになったな・・・ちゃんと直すまで燃えなきゃ良いんだけど(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

□13/2/16追記
コネクタ補修の際に投入した予備の古いバルブが切れました。
今度は配線やコネクタの不良ではなく、単純に寿命だったみたい。ま、無理やり延命させてたからなあ(´・ω・`)

とりあえず、またまたシャイニングイエローを再投入。
今度こそは長期間保ってほしい。
[PR]

by simataku1 | 2012-12-15 18:35 | プレオニコット | Comments(3)

Commented by taku(頭文字J) at 2012-12-17 13:33 x
ハロゲンは熱で雪溶けるので雪国では重宝・・・ってココ溶けたら意味ないですね。おまけにこの端子だとバルブ切れと違ってハイだけ使えるとかじゃないですし。最近はカー用品店でこのコネクターだけ売ってますよね。
Commented by 事情通 at 2012-12-18 02:07 x
出ましたか・・・多種試されてたり 派手な溶解見かけたりで、以前 案じてました。

フィラメント物は最終的に過電流で というのが多いですが、頻出事由の一つとして 巻き線部位「短絡」 が起こり得ます。

これは 振動等で隣合った巻線同士が短絡溶解したり、そういった事由で切れ フリーで踊った巻線同士が再び接触導通点灯し
後に完全に切れたり する事です。
「僅か」な短絡で切れる事は 車両用でも家電・その他でも良くある事ですが、「多め」な時は、弾け溶けたり
フィラメント部が飛んだりします。

フィラメント自体のみの動きで起こる事は ある程度仕方ないのですが、稀に球内のフィラメントを支える内部導線・吊り小
・マウント辺りのガタなどの「支柱部位」不良等で起こります。
これが「多め」や「かなり多めな」短絡を起こしやすく危険で ヒューズや球内ヒューズ役の外部導線が持ち応えてる間に、
コネクタ溶解・配線溶解や焼け~などに至ります。
(切れて消えた球を、灯体叩いて点かせた後は 一応五感で要注意警戒)

やはりあっち製の物が多いようですが、厄介なのは欧州製・国内製でも若干有るようです。
Commented by simataku1 at 2012-12-19 20:55
>>taku(頭文字J)さん
各所調べるとプレオやヴィヴィオではよくなる事象みたいで、何故かロー側の端子のみがトロけるみたいです。

早速、H4規格用の補修コネクタを探しましたが、なかなか見つからず大変でした。結局、某所のオートバックスで買えましたけど・・・需要が少ないのかなあ?

>>事情通さん
詳しい解説で理解できました。
そういえば今回もガタガタのそろばん雪道で消えたり点いたりを繰り返してたので、たまたまウマ~い具合に接触してただけなんですねえ。おかげでコネクタが発熱→溶解、と。

今まで、激安バルブを多数試してきてますが結論的には
「安いモノは安いなり」
のクォリティしかありませんね。とにかく個体の品質差がバラバラで当たり外れが激しい印象。なので、買う時はできるだけ灯体の中の構造部分を見比べてマシなモノを選んでいます。
気休めですが、たま~に酷すぎるのもあるので。

お安い製品ばかりだと諦めもつきますが、高価な製品が短寿命だと笑えないですね・・・。

<< ■ABS警告灯の点灯 ■ブレーキ警告灯の点灯 >>