人気ブログランキング |
トップ

■試乗記58(スバルフォレスター)   

雪に黒フォレスターはよく似合う。
b0003526_2293722.jpg
ニコットさんのブレーキ点検の間にちょっとだけ新型フォレスターを試乗させて頂くことができました。店舗にはNAとDITの両方があったんですが、KUZUさんが買われたDITターボが気になったので、私には珍しくターボを選択してみたり。

試乗車はDITターボ+アイサイトに本革シートのプレミアムセレクションを付けたモデル。さらにオプションのLEDアクセサリーライナーも装着しているので、よりカタログモデルに近い仕様と言えるでしょう。

担当氏イチオシのコの字の車幅灯も点灯してますが、画像だと明るすぎてよく判んないですね・・・。ちなみに夜にヘッドライトを点けると、これまた車幅灯が埋没して目立ちません。特徴的な形の割に自己主張がさりげないので、一番判りやすいのは夕方~夜くらいの時間帯?

b0003526_2292648.jpg外観はほぼキープコンセプト。ただし、先代よりもキャビンの盛り上がり感を感じます。
また、ボンネット穴が無いためNA/DITの識別はバンパーが主ですが、車体が黒色だとそれすら判りませんw

後ろ姿からも識別は難しく、しいて言えば左右2本だしのマフラーと誇らしげな「XT」のグレードエンブレムくらい。全体的にわざと「速そう」とか「燃費悪そう」な雰囲気を消してるのかもしれませんねえ。
・・・個人的にボンネット穴は「やる気」と「所有欲」を満たす記号として好きなんですけども。

内装は基本的にインプレッサに準じていますが、細かい所で各部の質感は1段階上に感じました。また、シートの着座位置はかなり上がっており、ジムニーほどではないしても乗る時は「よいしょ」と言う感覚です。女性にはキツそうな。
b0003526_2295444.jpg
雪道だったため「さわり」しか感じることは出来ませんでしたが、スルスルと余裕で走る車体は見た目ほど大きさを感じません。加えて、見切りも大変良く(特にAピラー部が細い)、高い車高と相まって安心感がありました。とにかくどこまでも乗って行ける感じ。
ただし、助手席の下部補助ミラーはほぼ意味無し・・・要るのかアレ?

以前、同時期に試乗したインプレッサG4と異なり、ミシリとも言わない剛性と室内パネルの合わせ、静粛性に驚きました。ちゃんと1ランク上の車に仕上がってますよ。
ほぼ文句なしの出来栄えにグラグラ来ますが、いかんせん全てがデカい・・・。
私だと本領発揮出来なくて持ち腐れになりそう予感(´・ω・`)ショボーン

by simataku1 | 2012-12-29 23:32 | 試乗記

<< ■2012年総評と2013年 ■ニコットいじり25(リヤマフ... >>