人気ブログランキング |
トップ

■【マイナーチェンジ】レガシィ   

末期を感じるグレード整理・・・。
b0003526_2024749.jpg
いよいよレガシィシリーズもEタイプ(型)へチェンジ。
とはいえ、前Dタイプ(型)のような大幅な変更はなく、次なるモデルチェンジに向けた整理が主となっているみたいです。具体的には素の2.5iとLパッケージが廃止され、特別仕様だったBスポーツアイサイトがカタログ入り。アイサイトなしモデルや、Gパッケージなるビルシュタインの足がレスされただけのほぼSパッケージな上位グレードまで展開しています。こりゃ大盤振る舞いだなあ。
また、アウトバックは素2.5iを残しつつ、LパッケージがBスポーツ化。いよいよ3.6Rが孤高の存在になって参りました。
歴代で繰り返される展開ですが、この末期頃が一番お買い得なんですよねw

これでB4とツーリングワゴンの全グレードが外装(Sパッケージ相当)&内装を黒色に統一化、装備面も左右独立温度調整機能付きのオートエアコンやキーレスアクセス&プッシュスタートがBスポーツから標準化しています。外観上の違いはもはやホイールの大きさくらい?
ちなみに2.5GTアイサイトも削除されDITへ統合。ついにEJエンジン搭載のレガシィは無くなってしまいました(´Д⊂
残るEJエンジン搭載車はWRXエクシーガGTくらい。これも時間の問題・・・か。

次期型はさらに肥大化しクラウンクラスになるとか。また、北米市場よろしくツーリングワゴンを廃し、セダン&アウトバックのみの設定にする等の話も聞こえています。そしておそらくはハイブリッド化もされるでしょう。
もはやレガシィである必要があるのかなあ・・・?

by simataku1 | 2013-05-14 20:25 | スバル情報

<< ■【特別】アウトバック2.5i... ■インプレッサいじり88(夏タ... >>