人気ブログランキング |
トップ

■【モデルチェンジ&追加】WRXSTI、WRXS4   

インプレッサにあらず。
b0003526_7472639.jpg
先代ベースで継続生産していたWRXSTIがモデルチェンジしました。
モデルチェンジ後はハッチバックが消滅し、4ドアのみへ。同時に「S4」なるモデルを追加しています。要は先代のオートマモデル「Aライン」が独立した別モデルになったと考えるのが判りやすいかもしれません。

事実、先代WRXSTIのモデル後半は販売の半分以上がAラインだったそうな。確かにシリーズ最廉価でしたし、歴代が競技等で培ったステータス感もばっちりある訳で・・・ゴリゴリの漢の車が欲しい人以外は十分だったんでしょう。
b0003526_7473630.jpg
そんなAライン後継のS4は乱暴な言い方をしてしまえばレヴォーグのセダンです。基本的な部分はレヴォーグに準拠しており、エンジンは2LのDITターボ×CVTの組み付わせのみ。後は足回りがビルシュタインに代わるかどうかでグレード間の差別化を図ったシンプルなラインナップになっています。もちろんアイサイトもカラー制御なver.3仕様。
b0003526_7474617.jpg
内装もレヴォーグの青/黒のテーマカラーからにして印象を変えています。インプレッサのデザインをベースにして質感を高めているのが特徴ですが、こういう工夫でコストダウン&利益率を向上させてるんですなあ。
まあ、買う側からすると若干面白くない部分もありますけど、逆に言うと純正パーツで質感UPも楽しめるという。

当ブログでの予想どおり「新型はDITターボ×CVT」かあ・・・と嘆くのはまだ早い。ちゃんと本流STIも用意されておりました。
b0003526_7481228.jpg
外観はS4とほぼ同一。グレード構成もビルシュタイン足か否かで選べる2タイプですが、中身は先代からのキャリーオーバーで伝統と安心のEJ20ターボ×6MTのみ!マルチモードDCCDシステムを含めてメカニカルな部分はそのままに車体を進化させました。
現代装備でいたせりつくせりなS4と比べると、かなりアナログな部分が残ってる印象。モデル名をあえて分けたことで改めてSTIモデルとしての純度が高くなったような気がします。アイサイト?んなもん無いよ!?
b0003526_748238.jpg
上位グレードになると外観はデカい羽(スポイラー)がトランクについて「ああ、WRXはこうでなくちゃ」と思わせます。S4もSTIもWRXシリーズには違いないですが、中身を考えると全くの別モノ。同じ名前でいいの?と感じるくらいです。

買うユーザーの住み分けが今まで以上に進むのは間違いないですが、コスト高だがトップグレードとしての夢とロマンがあるSTIとレヴォーグとの共通項が多い分、売れやすく現実的なS4で相互の補完を行える気がします。
私が買えるなら・・・S4の羽なし17インチ鉄ホイール仕様かな?w

by simataku1 | 2014-08-27 07:48 | スバル情報

<< ■代車記32(スバルインプレッ... ■12ヶ月点検&フロントショッ... >>