人気ブログランキング |
トップ

■代車記6(スバルレックス)   

夕方、友人から電話。
友「面白い代車来たぞ」
私「へぇ~フェスティバでも来たのかい?」
友「いいから来なさい(・∀・)ニヤニヤ」
呼ばれるままに行こうとすると、けたたましい音と共に近づいてきたのは・・・

'1988スバルレックスコンビVX550スーパーチャージャー(5MT)
b0003526_20275928.jpg久々に実働するレックススーパーチャージャー(以下SC)を見ました・・・このモデル、レックスとしては3代目となり当時の3バルブ2気筒エンジン(36ps)に、無理やり「インタークーラー+SC」をつけ55psまで引き上げた、今のスバル軽を形作る上での金字塔的存在。R2のフラッグシップグレード「S」はこのモデルが無かったら存在してないかもしれません。

外観はさすがに18年熟成されたものだけあって、ボロボロと言うのがピッタリ。ただし各部の欠品自体はなかったのが救いといえば救いですか。
剛性感や質感などと無縁なペラペラボディは、インプレッサの重厚感に慣れきった体には不安でイッパイ。ドア音なんてバァァン!ですから・・・。
b0003526_20522100.jpg
遊びが8割の死にかけたクラッチと、何故か装着されていたSWRT(?)のデルリンシフトノブをブラブラと握りアクセルオン。すると、メーターパネル内の(8∞)=SCランプが緑色に光り急激な加速が!
・・・ええ、笑いが止まらん位に面白いんですよコレがw
もう一つスゴイのはトルク感。当時は軒並み高速域で力を発揮する「ターボ」をつけるのが流行ったのに対し、あえて低速から効くSCをつけたレックスですがなんと!

4 速 か ら 加 速 し て い き ま す 。

もうアホかとw
低速トルクの薄いインプレッサに乗ってる身とは言え、ここまで濃い車は久々に体験しました。いやぁめちゃくちゃ面白い!

今回乗ってみて、初心者時代の軽バンの事を思い出しました。あの頃は未熟で散々アホなことをやったりとかもしましたが、一番笑ってた気がします。「あの頃よもう一度」ではありませんが・・・ぶっちゃけコレ欲しいですw

□6/12追記
実は本気で商談をしてきましたw
・・・結果から言うと×。というか私の手に負える相手じゃないなあと。
外装はともかく、エンジンからオイルを多量に吹いてて明らかに厳しそう。それに何度も止まりかけましたし(圧縮漏れ?)。直す技術があるならまだしも、素人の私の手でわざわざトドメを刺す必要もなかろうと。残念無念・・・。

b0003526_014321.jpgそういえば我が家ではすでにレックスがあったのを忘れてました。いわゆる私有地内作業車なんですがモノとしては550cc末期のモデルで3代目の中期型と思われます。

思い起こせばコレの前の作業車は3代目初期型レックスでしたし、さらにさかのぼればサンバー550もありました。う~ん、スバル濃度が濃い・・・。

by simataku1 | 2005-06-01 21:33 | 代車記

<< ■インプレッサいじり28(本革... ■【速報】F型(タイプ)確定 >>